1. TOP
  2. 笑顔美人になるために!知っておきたいホワイトニングのいろは

笑顔美人になるために!知っておきたいホワイトニングのいろは

この記事のタイトルとURLをコピーする

メイクや肌のケアには気を使っている人も多いと思いますが、「歯」のケアをしたことはありますか?もし、歯の黄ばみが気になっているのにそのままだとしたら、知らず知らずのうちに自分の印象を下げてしまっているかもしれません。

歯の色のケアをするためには「ホワイトニング」がおすすめですが、よくわからない、という人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、今回は歯のホワイトニングについてのあれこれを紹介していきます。

歯はどうして黄ばむのか

加齢によるもの

歯が黄ばむ原因としてはまず、年齢を重ねることによるものがあります。歯の表面はエナメル質という素材でできていますが、これは透明な色をしています。エナメル質の下にある象牙質という部分は黄色っぽい色なのですが、これが年齢を重ねることによってどんどん色が濃くなってきてしまうのです。エナメル質は象牙質の色を透過かししまうので、だんだん歯が黄ばんで見えてきてしまうのです。この場合は、ホワイトニングをすることで改善することができます。

汚れによるもの

日常生活の中で、コーヒーなを継続的に飲んでいる人も多いと思いますが、コーヒーや醤油などは歯に色がつきやすいものとされており、色素がだんだん歯の内部に浸透して沈着することで、こちらもエナメル質の透過によって歯が黄ばんで見えてしまうのです。表面だけの軽い色素沈着なら歯のクリーニング程度で改善できますが、歯の内部まで色素が入り込んでしまった場合、ホワイトニングで改善が見込めます。

遺伝によるもの

髪や皮膚の色が親や親類から遺伝するのと同じように、歯の色も遺伝します。遺伝の問題だと諦めてしまう人も色かもしれませんが、遺伝による歯の黄ばみもホワイトニングで改善できるのです。

ホワイトニングには2種類ある

1

オフィスホワイトニング

歯科医院に通って、歯科医師の施術のもとホワイトニングをしてもらうことを「オフィスホワイトニング」と言います。

オフィスホワイトニングの種類

オフィスホワイトニングでは、「ビヨンド」「ルマホワイト」「ズーム」「オパールエッセンス」などの過酸化水素水の高濃度の漂白剤を使用しています。歯科医院によってはポリリン酸やメタリン酸などを漂白剤の代わりに使用することもあるようですが、高濃度の漂白剤と違って漂白作用がないので、安価ではありますがあまりおすすめできません。

オフィスホワイトニングの価格

オフィスホワイトニングの相場としては、だいたい1回3000円〜5000円で施術を受けることができるようです。これは一般歯科の相場ですが、ホワイトニングの専門歯科では1回5000円〜30000円でリーズナブルに行うことができます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯科医院で直接施術してもらうのではなく、歯科医院で処方してもらった薬剤を使って、自宅で自分で行うホワイトニング方法のことです。使う薬剤はオフィスホワイトニングと同様に「ビヨンド」「ルマホワイト」「ズーム」「オパールエッセンス」などです。

オフィスホワイトニングとの違い

オフィスホワイトニングは歯科医院に行って施術を行うので、なるべく回数を重ねずに効果を出すために、高濃度の漂白剤を使用します。対してホームホワイトニングは、自宅で行うために安全性を考慮し、低濃度の漂白剤で回数や時間をかけて行います。

ホームホワイトニングの価格

ホームホワイトニングは、一般しかでだいたい1回20000円〜40000円程度で行うことができます。ただ、初回時にマウスピースを購入すれば、そのあとは薬剤を買えばいつでも自宅でホワイトニングを手軽に行うことができるのです。

両方併用して行うのはデュアルホワイトニング

 また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングという方法もあり、歯をより白くしたい場合には最適とされています。

高価だがブライトホワイトというものもある

アメリカのNASAの科学者が開発されたと言われるホワイトニングシステムに「ブライトホワイトニング」があります。これは1回70000円と高額ではありますが、歯の色見本では歯の白さが1回の施術で8〜10段階もアップすると言われています。日本でも施術を受けることはできますが、場所は限定されていてアメリカ本社が認定した12の歯科医院のみとなっています。

ホワイトニング料金以外の料金

piggy-bank-1595992_1920

診察料

ホワイトニングをする前には、施術をする箇所に虫歯や思い歯周病がないかなども確認する必要があります。この時、一般歯科では通常の診察料としてかかります。

クリーニング料

歯を綺麗に掃除する時にかかるのがクリーニング料です。ホワイトニングの際には必ずしもクリーニングをしなければいけないというわけではありませんが、歯石やタバコのヤニなどによる汚れがひどいと、きちんとホワイトニング効果が期待できない場合もあるので、注意が必要です。ただ、歯のクリーニングは歯周病のクリーニングでない場合は治療ではなく、自由診療の一環となるので、保険が適用されません。だいたい5000円〜10000円のクリーニング料がかかるので、考慮しておきましょう。

コーティング料

ホワイトニングの直後は、食べ物や飲み物によって歯に色がつきやすくなるので、歯科医院によっては術後にコーティングを行うことがあります。ただし、こちらはホワイトニングの料金に含まれていないこともあるので、事前に歯科医院の料金表を確認させてもらうなどして、しっかりチェックしておきましょう。

安すぎるホワイトニングは安全性に疑問あり

歯科医院によっては安価でホワイトニングをしてくれるところもありますが、きちんとした薬剤の料金や歯科医などの人件費、建物の賃料や医療機器の代金、スタッフの教育費用や管理費用などを考慮すると、だいたい7000円ほどかかると言われています。ですので安いホワイトニングがいいかというと、そうとも言い切れないのです。

ホワイトニングをする際の注意点

審美のための施術なので保険は適用外

ホワイトニングは、歯の病気を治すための治療ではなく、歯の見栄えを良くするための審美施術となり、保険が適用されずに全額患者負担となります。

ホワイトニングをしても色は戻る

ホワイトニングをしたからといって、もう黄ばむことはないと勘違いしている人も大勢います。しかし、ホワイトニングをした歯も、いずれ色は元に戻り、持続期間はだいたい3か月〜1年ほどと言われています。

これは別にホワイトニングのやり方に問題があるというわけではなく、人間の体の働きによるものです。健康な歯というのは食事の時に分泌される酸によって歯の表面が溶けてしまう脱灰という現象と、それを修復するための再石灰化という体の働きが繰り返されることによってだんだんホワイトニングした歯の色が元に戻ってしまうことになります。

健康な歯であれば歯の色がもどに戻るのは当然のことなので、色が戻ってきたと感じたら、再度ホワイトニングをするようにすればいいのです。

1回のホワイトニングで真っ白にするのは危ない

できれば手っ取り早くホワイトニングをしたいと思う人もいると思いますが、1回のホワイトニングで歯を真っ白にするためには、高濃度の薬剤や活性化装置の熱の温度を上げる必要があります。しかしこの方法では、歯の表面や神経などに大きなダメージを与えてしまいます。歯の健康を保ちたいなら、適切な濃度の薬剤や適切な温度の熱で複数回に分けて行うことが大切です。

ホワイトニングをしても十分な効果が期待できない歯もある

詰め物や差し歯などの人工的な歯

詰め物や差し歯などは人口の歯ですので、人間本来の歯用に調合されたホワイトニング薬剤では着色汚れを改善できないのです。この場合は、セラミックを被せるなどして処置することになります。

歯の神経が死んでいる場合

虫歯の進行などで歯の神経を取ったり死なせてしまった場合も、ホワイトニング剤による十分な効果は期待できません。白くすることはできるのですが、やはり神経が生きている歯と比べるとその白さに差が出てしまうのです。

グレーに変色している歯

 この歯はホワイトニング剤で改善することは困難とされており、ラミネートベニア法という方法で、セラミックシェルを使って処置する必要があります。

茶色の縞模様がある歯

根本的な改善は難しいですが、ホワイトニングを続けていけば、線が目立たないほどにまでなら改善することができるようです。

ホワイトニングは安全性が高い

dentist-521444_1280
ホワイトニングなんて漂白剤を使うんだし、危ないんじゃないのかと敬遠している人も多いと思います。しかし、ニューヨーク大学、インディアナ大学、東京医科歯科大学などの研究によると、適切な濃度の漂白剤を使い、処置に使う熱の温度を守れば、肌を痛めたりすることはないとされています。

まとめ

全く関心がなかったという人も、ホワイトニングについて学ぶことができたでしょうか。また、安全性などの問題からホワイトニングを敬遠していた人も、施術を希望する歯科医院でしっかり話を聞いた上で、ぜひ一度試してみるといいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!