1. TOP
  2. ホワイトニング作用はない!?重曹歯磨き・うがいの間違った認識と正しい使い方

ホワイトニング作用はない!?重曹歯磨き・うがいの間違った認識と正しい使い方

この記事のタイトルとURLをコピーする

重曹はホワイトニングに役立つ?

重曹というと、どのようなイメージを持っていますか?馴染みがなかったりするとあまり聞いたことがないという人もいるでしょうし、主婦の人などだと毎日掃除や料理に使っているという人も多いでしょう。

重曹は正式には炭酸水素ナトリウムと呼ばれる成分であり、万能性の高い成分として有名なものでもあります。

重曹は掃除に使う工業用と、料理に使う食用がありますので、用途に合わせて使用することが大切です。

重曹の歯への作用

口内炎の改善

風邪のひき始めには口内炎ができるとも言われていますが、口内炎は食品がしみることもありますし、なかなか厄介なものですよね。痛みがひどいと食べること自体も嫌になってしまいますよね。

口内炎は、酸っぱいものを食べたりすると痛むという人も多いと思いますが、酸性の物資に触れると痛みを感じやすいとされています。

重曹は弱アルカリ性の物質ですから、重曹を口に含むことで口内が中和されて、口内炎の痛みが和らぐというわけなのです。

口臭緩和

口臭は人との会話などにも害を及ぼしてしまいますし、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。どんなにケアをしても、なかなか改善されずに頭を抱えてしまうこともありますよね。

口臭の原因は、口内の細菌が出す酸性の物質によるものとされています。重曹は弱アルカリ性ですから、口に入れることでこの酸性の物質を中和して、口臭の発生を緩和させてくれるのです。

ただ、酸性の物質を出す細菌を除去することはできないので、口臭の予防は難しいと言わざるをえません。

歯垢除去

歯に歯垢がたまると、口内環境は悪くなってしまいます。歯垢は1〜2日ほどで歯石として固まってしまうので、着いてからすぐに除去したいものです。

重曹は、歯にたまる歯垢を除去する働きがあると言われています。歯に歯垢がつくと虫歯などの原因となるわけですが、そんな歯垢と歯の間に重曹の成分が入り込むことで、歯垢を剥がしやすくしてくれるのです。

歯垢は虫歯や歯周病の原因ともなってしまうものなので、なるべく除去しておくようにしたいですよね。

ケアできないものもある

虫歯

食事をした後の口内は、酸性になっているので、弱アルカリ性である重曹を口に含むことで口内が中和され、歯の再石灰化を進めて虫歯を防ぐことができるという説が話題になっています。

しかし、虫歯の原因となる虫歯菌は、食品などに含まれる糖を餌として酸を出し、これが歯を溶かすのです。

従って、口内が酸性になったからと言って虫歯菌の働きが活発化するわけではなく、また口内をアルカリ性にしたからと言って歯の再石灰化が進むわけでもないのです。

歯周病

重曹を口に含むと、歯周病も改善できると言われていますが、これも誤りです。

歯周病を引き起こす歯周病菌は、歯周ポケットと呼ばれる場所に生息しているわけですが、ここは実はもともと弱アルカリ性なのです。そのため、口内を弱アルカリ性にしたところで、歯周病を防ぐことはできません。

ただ、歯周病によって引き起こされる歯ぐきの腫れは、重曹の持つ収れん作用によって引き締めること効果が期待できます。

ホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングというのは、漂白作用のある薬剤を歯に塗ることで歯を脱色して白くするものです。

重曹は、歯についた着色汚れとくっついているタンパク質を分解して研磨して削り落とすことで、歯の汚れを落とす効果は期待できますが、歯を元の色よりも白くすることはできません。

ですので、歯をきれいにする目的で使用するのはいいのですが、歯科医院で行うようなホワイトニング作用はないので、注意が必要です。

重曹による歯のクリーニング法

重曹歯磨き

重曹歯磨きは、歯ブラシに直接歯に振りかけて、歯を磨く方法です。重曹の汚れ除去作用などがダイレクトに働くので、歯の着色が気になる人などは効果的な方法と言えます。

また、使用感が気になる人は、粘度の高いのグリセリン(食用)と混ぜてペースト状にしてオリジナルの歯磨き粉のようにして使ったり、さらに高い作用が得たければ汚れを分解するリンゴ酸を含んだイチゴをつぶしたものを混ぜてもいいでしょう。

重曹うがい

口臭予防などに重曹を使用したい場合には、歯磨きを使うよりも、口内全体に重曹を行き渡らせることができるので、重曹うがいをする方がおすすめです。

使い方としては、500mlの水に3gの重曹を混ぜてよく溶かしてから通常のうがいと同じように口に含んでうがいをします。

保存料を入れないので、品質を保つためにも冷蔵庫で保存して、なるべく早く使用するようにしましょう。目安は1週間ほど、長くても1か月ほどで使い切るのが大切です。

重曹ケアの注意点

磨きすぎは厳禁

重曹は歯の汚れを落としやすくする働きがあるのでデンタルケアには有効なアイテムではありますが、研磨力があるのがデメリットです。研磨力は歯の汚れを効率的に落とすためには大切な成分ではありますが、磨きすぎると歯の表面も削っていまいます。

そのため、重曹歯磨きは 毎日行うのではなく、3日〜1週間に1回程度におさえておくといいでしょう。

また、うがいなら水で薄めるから大丈夫と思われがちですが、重曹の割合が高いと研磨力が高くなるので、適量を守って使いましょう。

歯石がつきやすくなる

重曹は、歯垢を落としやすくしてくれる働きがありますが、反面、歯石が付着しやすくなるとも言われています。重曹によって口内がアルカリ性に傾くと、歯石がつきやすくなるのです。

歯石は歯垢よりも厄介で、虫歯や歯周病を引き起こす原因となる細菌を増加させてしまうので、やはり重曹を使う頻度はあまり頻繁にしない方がいいでしょう。

食用のものを選ぶ

市販の重曹は、掃除に使用するための工業用とされるものと、お菓子などをふっくらさせるために料理に使う食用の2種類あります。

重曹自体は体に入れても問題ないものなので工業用のものでも害があるということはありませんが、食用の方が食用の基準を満たす純度で作られているので、純度が高く作られています。

工業用の重曹の方が純度が低く作られているのでその分価格も安いのですが、健康のためにも、体内に入れるものは食用のものを選ぶのが賢明です。

塩分に注意

重曹は、なめてみるとわかると思いますが、しょっぱく感じます。それもそのはず、重曹は炭酸水素ナトリウムで、塩のことなのです。

そのため、通常の塩同様に注意が必要で、医師などに塩分の摂取を制限されているような人は、使用を控えた方がいいかもしれません。

重曹は飲みこんで体内に入れても害はありませんが、塩分の取りすぎは体に悪影響になってしまうことがあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

粘膜への刺激が強い

重曹は、研磨力や歯の汚れについたたんぱく質を分解する働きのほかに、油脂をも分解する作用もあります。

油脂やたんぱく質が分解されるということは、皮膚や粘膜などに少なからず刺激があるので、使いすぎると悪影響おおよぼしてしまいます。

そのため、やはり毎日使うのではなく、数日に1回など、適度な間隔をあけて使うようにした方がいいでしょう。また、1回に使う量も多すぎないように調整することが有効に使うポイントです。

まとめ

いかがですか?重曹は、口内環境をよくするために働いてくれるものではありますが、使う頻度や量には注意が必要です。健康的な口内を保つために、適切な使い方を心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!