1. TOP
  2. 歯科医院で受けなきゃダメ?歯のホワイトニングは自分に合った方法を選ぼう!

歯科医院で受けなきゃダメ?歯のホワイトニングは自分に合った方法を選ぼう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯を白くしたいと思ったら……

歯の黄ばみが気になってきたら、顔の印象も左右しますし、歯を白くしたいと思いますよね。

歯を白くするには、ホワイトニング用の歯磨き粉を使って日々歯をケアしていくのもいいですし、すぐに歯を白くしたい場合には歯のホワイトニングの施術を受けるのも効果的です。

大切なのは自分にあった方法を選ぶことなので、自分がどの程度歯を白くしたいのかを考慮して、ホワイトニング方法を決めるようにしましょう。

そもそも、歯はどうして黄ばむの?

歯というのは、ある日気づいたら黄ばんでしまっていて、悩んでしまうものです。

歯は本来、自然な白さを保っているはずですが、様々な要因が重なることで、日に日に色がついていき、気づいたら目立つような黄ばみになってしまうのです。

では、どうして歯が黄色く色づいてしまうのでしょうか。ここでは、歯の黄ばみを引き起こす様々な原因を紹介します。思い当たる節がある人は、今からでも遅くないのでケアしていくようにしましょう。

食品やタバコのヤニによる着色

タバコには依存性があるので、普段から吸っていたり、ヘビースモーカーの人は、やめたくてもやめられないものですよね。しかし、タバコのヤニが歯に付着すると、歯が黄ばむ原因となってしまいます。

また、普段からコーヒーや紅茶などの色素の濃い飲み物を飲んでいる人や、カレーなどが大好きで、色の濃いケチャップや醤油などの調味料もよく使うという人は、注意が必要です。

食品やタバコは口に入れるものですから、ダイレクトに歯を黄ばませてしまうのです。

歯石がつく

普段、歯磨きを簡単に済ませている人もいるのではないでしょうか。歯磨きを怠ると、歯に歯垢がつきやすくなるわけですが、歯垢が1〜2日放置されると、さらに固くなって歯石となってしまいます。

歯石が増えると、歯が黄ばんできますし、汚く見えるだけでなく、口臭や歯周病を引き起こす原因にもなってしまうので、注意が必要です。歯石の沈着を防ぐためには、しっかり毎日丁寧に歯磨きをすることを心がけましょう。

加齢によるもの

物理的な原因がなくても、年を重ねることでもどんどん歯は黄ばみやすくなります。

というのも、歯の表面にあるエナメル質の下にある象牙質という部分はもともと黄色で、加齢とともに色が濃くなってくるのです。

エナメル質は透明で象牙質の色を透過させるので、しっかり歯のケアをしていても、年を重ねると濃く黄色くなった象牙質の色が透けて見えることで、歯がより黄ばんで見えるようになってしまいます。

歯の悩み別・ホワイトニングの方法

歯石が溜まっているなら歯のクリーニング

歯についた歯垢であれば、歯みがきをきちんと行っておけば、除去することができます。

しかし、歯についた歯垢がそのまま固まってできた歯石は、かなり硬いので、歯ブラシで取り除くことはできません。

そのため、歯科医院で専用の器具を使って、歯のクリーニングをしてもらう必要があります。

歯石を取るだけでも歯の黄ばみが改善されて自然な白さに戻すことができるので、黄ばみを除去したいという程度ならば、歯のクリーニングだけでも十分でしょう。

黄ばんだ歯を白くしたいなら歯科医院でのホワイトニング

黄ばんだ歯のケアをしたいけれど、黄ばみを取るだけではなく、歯をしっかりと白くしたいという場合には、歯のクリーニングだけでは物足りないと感じると思うので、その場合は歯のホワイトニングを行った方がいいでしょう。

また、加齢によって歯の象牙質の黄色が濃くなっている場合には、着色を取り除いても歯の色があまり変化しないこともあるので、その場合も歯のホワイトニングが効果的です。

歯科医院で行う歯のホワイトニングは、専用の高濃度の薬剤を使うので、元の歯の色よりも白くすることが可能です。

歯科医院でのホワイトニングは3種類あるので、自分の希望に合わせて選びましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科衛生士さんに薬剤を塗ってもらい、ライトを照射して薬剤を活性化させて歯を白くする方法です。

国家資格を持った歯のプロが施術を行うので安心して受けることができますし。濃度の高い薬剤を使用することで、1回の施術でもしっかり歯を白くすることができます。

ただ、1回だけだと色戻りしやすいので、希望に合わせて2〜4回施術を繰り返すのがおすすめです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングのように歯科医院で施術を受けるのではなく、歯科医院で薬剤やマウスピースを処方してもらい、自宅でホワイトニングを行う方法です。

歯科医院に通う手間がなく、自分の望み通りの白さになるまで何度でも繰り返すことができるのがメリットですが、即効性はなく、効果が出始めるまでに2週間〜4週間ほどかかります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたホワイトニング方法です。

まず、歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、その後1週間ほど経過してから自宅でのホームホワイトニングを開始します。

すぐに歯を白くできるのに白さも持続しやすく、まさにオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこ取りをしたような効果的な方法です。

ただ、費用はオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの倍ほどかかるのでよく考えてから決めるようにしましょう。

ホワイトニングの予防をしたいなら市販アイテム

ホワイトニングの施術を受けて歯を真っ白にするほどではないけれど、自然な歯の色を保ち、黄ばみを予防したいという場合には、市販のホワイトニングケア商品を使用するのがおすすめです。

市販品の魅力はなんといっても安価で手に入ることと、強力な成分を使用していないので、歯や歯茎への負担も少ない点です。

市販のホワイトニングケア商品はいくつか種類があるので、自分にあったものを選びましょう。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉は、通常の歯磨き粉にはの着色を除去したり予防する成分が配合されたものです。

歯についた着色汚れを浮かせて、落としやすくする成分が配合されており、歯ブラシでこすることで浮かせた汚れを除去することができます。

また、通常の歯磨き粉同様に虫歯や歯周病をケアする成分も含まれているものが多いので、ホワイトニングのケアをしながら健康的な歯を保つことができるのが大きなポイントです。

ホワイトニングペン

ホワイトニングペンは、亜塩素酸ナトリウムという成分を配合しているジェルを歯に塗ることで歯の表面の汚れを浮かせ、その後歯磨きをすることで浮かせた汚れを除去することができるアイテムです。

亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤の一種とされていますが、歯科医院で使うホワイトニング用薬剤のような漂白力はなく、食品添加物としても使用されるものなので、比較的安全性は高いと言えます。

ただ、摂取しすぎると体に害を及ぼすこともあるとされているので、一度に大量に使わないように気をつける必要があります。

歯の消しゴム

歯の消しゴムは、研磨剤が配合されたシリコンゴム部分で歯をこすることによって、歯についた汚れや着色を削り落として歯を自然な白さに戻すための商品です。

安価で買えて手軽に使えるのが大きな魅力ですが、しっかり汚れを落としたいからといって歯をゴシゴシこすりすぎると、歯の汚れだけでなく、歯のエナメル質自体も削ってしまうことになります。

エナメル質が削れると、削れた部分が着色しやすくなってしまうので、注意が必要です。

まとめ

いかがですか?歯のホワイトニング方法はたくさんありますが、大切なのは自分に合ったものを選ぶことです。

歯科医院でホワイトニングの施術を受けた方がいいのか、市販品で十分なのかをしっかり考えた上で、ホワイトニングケアをするようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!