1. TOP
  2. 自分にあった方法はどれ?歯を白くするにはこれを試してみて!

自分にあった方法はどれ?歯を白くするにはこれを試してみて!

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯の色が気になる……

歯の黄ばみって、気になりますよね。白い方がやっぱり印象がいいだろうし、自分の歯も白くしたい!って切実に願ってる人も多いと思います。

しかし、着色汚れなどで黄ばんでしまった歯は頑固で、普通の歯磨き粉を使って念入りに歯磨きをしたとしても、なかなか綺麗になりません。

歯の黄ばみは、コーヒーなどのステインによる着色汚れや、タバコを吸う人はヤニなどでも汚れてしまいます。

1度黄ばんでしまったらもう白くならないの?なんて思いがちですが、実は歯を白くする方法は以外とたくさんあるんです。

ホワイトニングの方法は様々

歯科医院で行う

1

歯科医院でのオフィスホワイトニング

一番手っ取り早いホワイトニングは、歯科医院で歯医者さんにやってもらう方法です。

歯を漂白する薬剤を散布して、光を照射して活性化させることで、歯の色を脱色することができます。

歯医者さんという歯科のプロにやってもらうので失敗もなく、きれいに白い歯に仕上がります。

ただ、1度やれば終わりというわけではなく、1回の施術の持続期間は半年〜1年ほどなので、定期的に通う必要があります。

ただし、これから紹介するホームホワイトニングと併用したり、美白用歯磨き粉を使ったりすれば、白さは長続きすると言われています。

ただ、これは歯科医院での「治療」には含まれないため、保険は適用されません。そのため、費用は高額で、1歯あたり2千円〜3千円で、上下20本ずつ行うとすると、4万〜5万円ほどが目安となります。

歯医者と自宅でルームホワイトニング

歯科医院では、歯医者さんが薬剤を塗ってくれるオフィスホワイトニング以外にもホワイトニング方法がありますが、それがルームホワイトニングです。

これは、歯科医院でマウスピースを作ってもらい、自宅で行うホワイトニングのことです。1回マウスピースを作ってしまえば、あとは薬剤を購入するだけなので何度でも行うことができます。

ルームホワイトニングの場合は、1〜2週間ほどかけてゆっくりとはの色素を抜いていくので、その分持続期間も長く、1〜2年続きます。

オフィスホワイトニングよりは少し安く、費用はだいたい1〜5万円ほどです。

歯の治療

3

クリーニング

歯についた着色汚れというのは、歯ブラシで磨いただけではなかなか落とせないのが辛いところです。

そんな歯の汚れを落としたいなら、歯科医院で専門の機械を使ってクリーニングしてもらうといいでしょう。

単に着色汚れを取りたい場合にクリーニングを行うと保険は適用されませんが、歯周病のチェックをして、歯周病の治療として行う場合には名目が「治療」なので、保険が適用されると言われています。

ただ、歯をクリーニングしても、頑固に歯にこびりついた着色汚れや、タバコのヤニなどは1回では落とせないこともあります。

クリーニングで歯の汚れが取れたとしても、タバコのヤニというのが、またタバコを吸えばついてしまうので、日頃の生活習慣も改める必要があるかもしれません。

歯石除去

歯に歯石がついてしまうことも、着色の原因となってしまいます。そのため、歯を健康的に白く保ちたいなら、定期的に歯科医院に通って、歯石を除去する必要があるのです。

歯についている思考は歯ブラシでは落とすことが難しいですが、歯科医院で除去してもらうことで、歯を白くできる場合もあります。

また、歯石が出来たまま放っておくと、汚れが溜まりやすくなったり着色しやすくなったりしてしまうので、歯の健康のためにもよくありません。

歯石がたまると歯周病になる可能性もあるので、虫歯などがなくても歯医者に行って診てもらうようにすることが大切です。

その他、歯科医院での施術

ラミネートベニア

ホワイトニングをしようとしても、歯の一部がひどく変色していて、通常のホワイトニングをしただけでは白くできない場合があります。

ラミネートベニアという方法は歯科医院の施術で行ってもらえますが、歯の表面部分を1層だけ削り、そこにセラミックを貼り付けるという方法です。

セラミックは変色することもないので、ホワイトニング同様に歯を白くできます。また、通常の薬剤を使うホワイトニングは時間の経過とともに元に戻ってしまいますから、定期的に歯科医院に通ってホワイトニングをしてもらわなければなりません。

そのような面倒が嫌いなら、いっそのことラミネートベニアで白くしてしまってもいいでしょう。

ただし、ラミネートベニアの施術は効果で、だいたい1本あたり9万円〜15万円ほどします。

オールセラミック

芸能人やスポーツ選手というのは、人の前に出て表舞台に立つ人たちです。当然、印象がよくなければ好感度は上がりません。

そのような芸能人などのテレビに出る機会の多い人は、オールセラミックという施術を受けている人もたくさんいると言われています。

オールセラミックとは、虫歯の治療などで削った歯に、通常の詰め物や金属のかぶせものではなく、セラミックを詰めたり被せたりする方法です。

値段は3〜7万円ほどかかるようですが、歯をほとんど希望通りの白さにすることができます。

ただし、通常の詰め物などよりも歯を削る量は増えるので、注意が必要です。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、歯の表面にプラスチックの材料をつけて盛る方法のホワイトニングです。

歯の一部だけ変色しているという場合におすすめです。また、セラミックを貼り付けるほどの変色はないという場合にも役立ちます。

ただし、耐久性の低いプラスチックなので、セラミックのように生涯色が変化しないということはありません。だいたい、もって4〜5年と言われているのです。

リナメルトリートメント

研磨剤の粗い歯磨き粉で歯を磨いていると、歯に傷がついてしまうことがあります。歯に傷がつくと、着色汚れなどが増えたりしてしまうので、なるべく傷つけないようにしたいものです。

しかし、もう既に傷がついてしまったという人もいるでしょう。そんな時には、リナメルトリートメントが便利です。

これは、歯の表面を磨かず、傷を埋めて修復することで、歯を白くする施術方法です。1回だけではさほどの効果は得られないかもしれませんが、定期的に行うことで歯の表面がなめらかになり、着色しにくくなります。

エアーフロー

エアーフローとは、アミノ酸の粒子を歯に吹き付けることで、歯についた汚れや着色などを除去する方法です。

粒子の細かいアミノ酸を使えば歯や歯茎に傷がつくことも防げますし、また歯の表面にツヤを出せるようにもなります。

アミノ酸はもともと人の体内にある成分でもあるので体に負担をかけることが少ないのも大きなポイントです。

自宅で行うホワイトニング

5

美白歯磨き粉

ホワイトニングは自宅でも行うことができます。

一番手っ取り早いのはホワイトニング用の歯磨きを使用することです。低価格で手に入るので手軽に試すことができますが、その分効果も薄いです。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングのように薬剤で漂白するわけではないので真っ白にはなりませんし、あくまでも歯の汚れや着色を落とすという程度です。

また、歯磨き粉には研磨剤が含まれているものもあるので、注意しましょう。

歯のマニキュア

ホワイトニングのためのアイテムには、歯のマニキュアなるものもあります。

これは、歯専用の白いマニキュアを塗って、歯を白く見せるためのアイテムです。ドラッグストアなどでも市販されているので手軽に手に入りますし、安いので試しやすいのも大きなメリットです。

ただ、塗るのが難しいので慣れるまではムラができてしまったり、上手く塗れないことの方が多いでしょう。また、歯茎についてしまうと落とすのが大変で歯茎を傷つけてしまうこともあります。

また、歯ブラシで落とすことができますが綺麗に落とすのは難しく、落とし残してしまうと着色や汚れをつけてしまう原因となってしまいます。

それでも手軽に手に入る点は魅力なので、よく考えてから購入しましょう。

ホワイトニング用ペン・歯の消しゴム

ホワイトニング用のペンは、着色汚れなどがきになる部分にこするだけで汚れを落として歯を白くすることができるアイテムです。歯に当ててこするだけなので簡単ですが、手間は少しかかりそうです。

また、歯の消しゴムもペン同様歯にこすりつけて汚れや着色を除去するために使用します。

歯の消しゴムには、シリコンゴムや研磨剤が含まれているので、こすり過ぎるのは良くありません。歯が傷ついてしまうと着色しやすくなる子tももあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがですか?歯のホワイトニングの方法というのは、意外にたくさんあります。確実に白くしたいなら歯科医院にいくのが一番ですが、自然な白さになればいいという人や、お金をかけたくないという人はまずは市販の商品から試してみてください☆

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!