1. TOP
  2. 【状況別】歯列矯正って何がおすすめ?状況に合わせた矯正方法を解説!

【状況別】歯列矯正って何がおすすめ?状況に合わせた矯正方法を解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

歯並びが気になる人にとって、はじめに検討するのが「歯列矯正」ですよね。しかし、実際に歯列矯正をしようと思っても種類が多く「どれが自分に合っているのかわからない」という人は少なくありません。そこで、今回は数ある矯正方法を状況別に紹介していきます!

 

 

あなたにはどれが合ってる?おすすめの歯列矯正を解説!

さっそく、自分にはどんな矯正方法が合っているのかの参考にしてもらうために、状況に合わせた歯列矯正を紹介していきます。「どんな矯正方法があるのか知りたい」「自分には何があっているのか」などの疑問を抱いている女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

前歯・八重歯が出っ歯の人

まずは、以外にも多くの人が悩んでいる「出っ歯」の症状。前歯が二本出ていたり、八重歯が外側へと向いていたり。もしくは全く関係のない歯が一本だけ飛び出している、なんていう歯並びに悩まされている人もいるかもしれませんね。こうしたケースの矯正方法は主に「金属ブラケット」が主流です。

大きく乱れてしまった歯並びの矯正も可能な矯正方法なので、出っ歯で悩んでいる女性は金属ブラケットの装着がお勧めです。矯正の効果が高く、さらに確実・安全な矯正方法でもあるので歯科医院のほとんどがおすすめする矯正方法です。

しかし、金属のブラケットは笑ったり、口を開けたりしたときに見えてしまうのがデメリット。見た目を気にする女性には不向きな場合もあります。

本記事後半でも紹介しますが、「金属の装置は目立つからイヤ」という女性は目立ちにくい矯正装置を使用することができます。しかし、耐久性や矯正の強さが金属のブラケットと比べて劣る傾向にあるので、一度歯科医院で相談してみてくださいね。

ちなみに、どのようなタイプの歯並びにも対応できる矯正方法なので、ほかの矯正方法が難しい場合には最終的に金属ブラケットでの矯正になります。

 

凹凸の少ない人

「歯並びの凹凸がそこまでひどくないけど気になる」という女性も多いと思います。笑った時に少し段差があったり、少しだけ歯と歯のスキマが空いていたり。こういった場合は金属のブラケットを装着するほどでもないケースであることがほとんど。

凹凸の少ない人におすすめの矯正方法が「マウスピース矯正」です。軽い凹凸程度であれば、マウスピースで矯正することが可能。歯科医院で自分専用のマウスピースを作成してもらい、それを指定された時間着用し続けます。

基本的に20時間以上の装着が進められていますが、大切な用事が入っていたり、外さなくてはならないシーンに直面した時には自分で矯正装置を外すことができるので、手軽さはさまざまな矯正方法の中でもダントツです。

また、透明の素材なので近くで見ても矯正をしていることがバレないのが魅力。矯正装置を見せたくない人にもおすすめの矯正方法です。

ただし、マウスピース矯正は歯を徐々に動かしていくためにいくつもマウスピース矯正を作成する必要があります。その都度歯科医院を受診しなければならないので、手間とお金がかかってしまいます。そういったデメリットを考慮したうえで自分に合っているかどうかを検討してみましょう。

 

気になる歯が部分的な人

「この2本の歯だけが気になる」「ここの数本だけ治れば満足」など、部分的な乱れが気になる、という女性も多いのではないでしょうか?そんな女性に矯正方法が「部分矯正」です。

一派的な矯正方法と違って1本~の歯列矯正が可能。そのため、大掛かりな治療の必要がなく短期間で済むケースが多いのもおすすめな理由の一つです。さらに、部分的な治療で済む分、治療費が安い傾向にあり、一般的な金属ブラケットと比べると6~7割程度の金額で済ませることができます。

しかし、部分矯正を行う際には、矯正方法を決定する前に確認しておかなくてはならないことがあります。それが「治療後の全体の歯並び」です。部分矯正は文字通り部分的な矯正を目的とした矯正方法です。

全体を矯正する方法とは違い、大掛かりな治療がないのがメリットですが、部分的な矯正を行うことによって、かみ合わせがずれたり、飲食で違和感を覚えたりすることがあるのです。中には「話にくさ」を感じる人もいるようなので、治療に踏み切る前に、治療後のイメージをきちんと聞いておくようにしましょう。

 

目立たない装置を希望している人

記事前半で紹介した「金属のブラケット」は、もっとも一般的な治療法ではありますが、口を開けたときに見えてしまうのがデメリットの一つです。そのため、装置をしている期間中は人と話すことに抵抗を感じてしまったり、口元が気になってうまく笑えなかったり……などに悩まされることが少なくありません。

しかし、ブラケット装置の素材は金属ではありません。セラミックが使用されたブラケットも使用することができるので「目立たない装置を使用したい」という女性におすすめです。

セラミックのブラケットは、白色をしていて歯の色とよく馴染んでくれます。笑ったり、口を開けても目立たないので、金属のブラケットに抵抗がある女性は、矯正方法の一つとして検討してみてくださいね。

ただし、金属のブラケットと比べてやや高額なケースがほとんどです。100~120万円が相場といわれているので、矯正を行う歯科医院を選ぶ際には費用が安めの医院を選ぶとよいでしょう。

 

装置を見せたくない人

ここまで「目立たない」「見えにくい」などの矯正方法を紹介しましたが、やはり角度や距離によっては結局矯正装置は見えてしまいます。「一切見せたくない」という女性にとってはどれも物足りない感じがしますよね。

そんな女性でも満足できる使用感の矯正装置が存在します。それが「裏側矯正」なのです。本来、歯列矯正のブラケットは歯の表側に装着します。そのため、笑ったり口を開けたりすると見えてしまうのが大きなデメリットポイントでした。

しかし、裏側矯正は歯の裏側に装着します。つまり、舌側に装置を装着するので外からは矯正装置が一切見えません。どんなに近くで見てもばれることがないのが裏側矯正の魅力です。

仕事上、装置が見えるのは困るという女性も多いと思います。そんな女性はぜひ裏側矯正の検討をしてみてはいかがでしょうか?

しかし、裏側矯正にもいくつかデメリットがあるので注意が必要。1つが費用面です。裏側矯正は技術が必要になるため高額になるケースがほとんどなので、矯正に踏み切る前に金額についてよく相談しておきましょう。

もう1つのデメリットが「違和感」です。常に舌は歯の裏側に触れていると思います。しかし、これからはその部分に装置が装着されます。そのため、矯正中は常に舌が装置に触れることになるのです。話にくさや食べにくさ、歯の磨きにくさを感じることが多いので注意が必要。

裏側矯正に踏み切る際には、そういったリスクも把握したうえで決めるようにしましょう。

 

 

まとめ

歯並びに悩む人の救世主ともいえる「歯列矯正」。様々な状況、症状に合わせて矯正方法を選べる時代ではありますが、どんな矯正方法であってもそれぞれのメリット、デメリットが存在します。矯正に踏み切る前に、それらをきちんと把握することが大切。そうすることで、治療中・後のトラブルを回避することができます。

今回の記事で解説したそれぞれの矯正方法の特徴や概要などもよく参考にして、どんな矯正方法が自分に合っているのか見極めてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る