1. TOP
  2. サロンだけじゃないって知ってた?ミュゼのホワイトニングには4つの嬉しいポイントがあるんです♡

サロンだけじゃないって知ってた?ミュゼのホワイトニングには4つの嬉しいポイントがあるんです♡

この記事のタイトルとURLをコピーする

出典元:https://job-medley.com/dh/24448/

ミュゼといえば……

ミュゼと聞くと、ピンとくる女性も多いのではないでしょうか。ミュゼは女性の脱毛サロンとして有名な会社で、よくCMや広告を見かけますよね。

ミュゼ自体は脱毛サロンですが、実は同じ会社がやっているミュゼホワイトニングという歯のホワイトニングサロンもあるのです。

ミュゼで脱毛を経験したことがあるという人も、同じ会社がやっているサロンということであれば、興味がわくのではないでしょうか。そこで今回は、ミュゼホワイトニングの魅力をたっぷり紹介しちゃいます♪

ミュゼホワイトニングのポイント

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

ポリリン酸を使用

ミュゼのホワイトニングでは、ポリリン酸という薬剤を使用しています。ポリリン酸と言われても聞きなれない人が多いと思いますが、実は人間や他の生物の体内にも存在している成分なのです。

歯科医院でのホワイトニングに使用される薬剤は強力なものなので歯や歯茎への刺激が強いのがデメリットではありますが、ミュゼで使用しているポリリン酸は体内と同様の成分なので体に入れても害はなく、安全性の高い成分とされています。

ホワイトニングの薬剤として使用される理由としては、歯の表面についたステインのそばによって汚れを浮かして、はがす作用があるからです。

痛みが少ない

歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素という強力な漂白力を持つ薬剤を使用します。強力なのでもちろん歯を白くする働きも高いのですが、歯の内部に入り込んで神経に触れることによって痛みを感じやすいのが難点です。

その点、ポリリン酸は体内に含まれる成分でもあるので刺激も少なく、痛みも出にくいとされています。ホワイトニングでは歯がしみるのが苦手という人も多いので、痛みがないというのは嬉しいポイントですよね。

ポリリン酸で歯のコーティングもできる

ミュゼのホワイトニングで使用するポリリン酸は、歯の表面にある着色汚れをはがす働きもありますが、それだけではありません。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングで使う過酸化水素などは強力なので、歯を白くしてくれる分、歯の表面のコーティング膜まではがしてしまうのがデメリットです。

ミュゼで使用するポリリン酸には、歯を白くするだけでなく歯の表面をコーティングする働きもあるので、ホワイトニングをしながら歯を強化することもできます。

自然な白さにできる

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、専用の薬剤で歯を漂白するので、歯が真っ白くなります。ただ、あまりに白すぎると少し不自然に思えてしまうこともありますよね。

ミュゼでのホワイトニングでは、強力な薬剤を使用するわけではないので、オフィスホワイトニングのように真っ白くするわけではなく、歯本来の自然な白さに戻すことができるのです。

また、ただ白くするだけではなく、歯をコーティングしてくれる作用もあるので、立体感のある綺麗な歯に仕上がります。

白さが長持ちする

ホワイトニングをしても、またすぐに歯が着色してしまっては意味がありませんよね。しかし、残念ながらホワイトニング後もコーヒーやタバコなどの色素の濃いものを摂取すれば歯が黄ばみやすくなってしまうのです。

ただ、ポリリン酸にはステインを除去し、汚れをつきやすくする働きがあるので、ホワイトニングで白くした歯が長続きするとされています。

コーヒーなどは嗜好品で、なかなかやめられないものですから、歯に色がつきにくくなるというのは嬉しいポイントですよね。

施術後の食事もOK

歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、強力な薬剤を使用することによって歯の保護膜も除去してしまうので、施術後すぐに色の濃いコーヒーやタバコなどを吸ってしまうと、普段よりも一層着色しやすくなってしまいます。

そのため、過酸化水素などを使用するオフィスホワイトニングの際には、施術の後に一定時間食事の制限をされることが多いのですが、これは結構厄介ですよね。

ミュゼのホワイトニングは、歯の保護膜を剥がす成分は使用しないので、施術後すぐに色の濃い飲食物を摂取しても問題ありません。

1本ワンコインで受けられる

a33c5304909d0b5ea2c3db1b20874476_s

一般的なホワイトニングの場合、何本かを一気に施術することが多いのですが、そこまで着色が気にならない歯もふくまれている場合、少しもったいない気もしてしまいますよね。また、1本だけ歯の着色が気になるので部分的に白くしたいということもあるでしょう。

ミュゼのホワイトニングは、上限は1回20本までとなっていますが、最少で1本からのホワイトニングができます。

また、1本500円で行うことができるのでリーズナブルですし、余計な部分に手間をかける必要もないので便利です。

リラックスできる雰囲気作り

ミュゼはサロンもやっているだけあって、ミュゼホワイトニングも店内の雰囲気作りにこだわっています。

施術台は余計な不安を取り除けるようにベッドタイプになっており、寝心地もいいですし、さらにアロマを焚いてもらうことができるのですが、自分の好きな香りを選ぶことができるので、快適な環境で施術を受けることができるのです。

スタッフは女性のみ

女性の場合、施術の男性のスタッフだと緊張してしまったり、うまく話ができない、なんていうこともありますよね。

ミュゼでは施術のスタッフは全員女性なので、女性でも安心して通うことができます。柔和な雰囲気なので話しやすい雰囲気である点も大きな魅力です。もちろん、女性だけでなく、男性のお客さんも来店することができます。

施術も、歯科医師や歯科衛生士の資格を持っているスタッフが行ってくれるので、安心して受けることができるでしょう。

注意点

2364875728c7670d48d3ad51593748c7_s

妊娠中・授乳中は受けられない

妊娠・授乳中でも、ホワイトニングを受けたいという人もいるでしょう。ただ、妊娠している女性の場合、ホルモンバランスが崩れている時期でもあります。授乳中の女性の場合も、ホワイトニングの薬剤が乳児に影響を及ぼさないとも言い切れません。

ミュゼで使用しているポリリン酸という薬剤は強力なものではなく、人間の体内に存在するものなので施術を禁止されているわけではありませんが、多くの歯科医院やホワイトニングサロンなどでは念のためとして妊婦さんや授乳中の女性への施術をお断りしているようです。そして、ミュゼも同様となっています。

定期的なメンテナンスが必要

ミュゼのホワイトニングだけでなく、どこのホワイトニング全般にも言えることですが、1度やったら効果がずっと持続するというわけではありません。

すでに少し触れましたが、色の濃い食べ物や飲み物を摂取していると、ホワイトニングをした後であってもだんだん色が付いてきてしまうのです。

ですのでミュゼでは、3〜6か月に1回、定期的に通ってホワイトニングをしなおしたりするなどのメンテナンスをすることを推奨しています。

真っ白にできるわけではない

ポリリン酸を使用するホワイトニングの場合は、体に優しい成分を使用する分、歯を白くする力は歯科医院で使用する強力な過酸化水素や過酸化尿素を使用するよりも弱いものです。

ですので、ミュゼのホワイトニングをしても、真っ白にすることが難しく、あくまでも歯の着色を除去する程度だと考えるようにしましょう。

ただ、歯の黄ばみを除去して、自然な白さの歯にしたいという人にはおすすめです。

まとめ

いかがですか?ミュゼにホワイトニングのお店があったなんて知らなかったという人も多いと思いますが、これを機に、ぜひ訪れてみてください。

店舗は東京都心で通いやすく、恵比寿店と池袋店の通いやすい場所にあるので、近い方を選びましょう!


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!