1. TOP
  2. 歯の部分矯正の費用はいくら!?安く済ませたい人におすすめできる魅力とは

歯の部分矯正の費用はいくら!?安く済ませたい人におすすめできる魅力とは

この記事のタイトルとURLをコピーする

「歯列矯正をしたい」そう考えている人は多いと思います。自分の歯並びを鏡で見たときにがっかりしてしまうこともあるのではないでしょうか。とはいっても、一般的な歯列矯正は高額で70万~100万が相場ともいわれています。そこで、今回は安く歯列矯正を行いたい人のために「部分矯正」について詳しく解説していきます。

 

 

部分矯正とは?

そもそも部分矯正とは一体何なのかについて解説していきます。一般的な矯正といえば、奥歯から前歯まで金属のワイヤーを通して徐々に歯並びを改善していくもの。しかし、部分矯正はすべての歯の歯並びを改善するわけではありません。一体どんな矯正方法なのでしょうか?

 

部分的に歯並びを改善する矯正方法

部分矯正とは、文字通り「部分的な矯正方法」を意味します。そのため、すべての歯並びを改善するのではなく、「前歯だけ」「八重歯だけ」といった具合で数本の歯並びだけを改善していくのです。

気になる歯並びが少ない人であれば部分矯正がおすすめ。逆に「すべての歯並びを一気に改善したい」という女性には不向きの矯正方法です。

 

一般的な矯正に比べて目立ちにくい

部分矯正は、数本だけの矯正になるので、一般的な矯正とは違ってすべての歯にワイヤーを通すわけではありません。数本の歯に装置を装着するだけなので、治療する部位によっては目立ちにくいという特徴があります。

特に下の歯は、唇で隠れたり、笑った時は前歯の裏に隠れることが多いので、下の歯を治療する場合は、矯正のデメリットでもある「装置が目立つ」といった心配がありません。

見ためを気にする女性であれば、目立たない装置となるのはうれしいですよね。

 

 

部分矯正の費用はいくら!?気になる相場を徹底検証!

ここからは気になる「部分矯正の費用」について解説していきます。一般的な矯正とは違って、数本の歯並びの治療で済むので「安く済むのでは?」と予想できている女性がほとんどだと思います。では、具体的にいくら安くなるのか、相場はいくらなのかについて迫っていきましょう。

 

相場は30万~60万

一般的な歯科矯正の相場が70万~100万なのに対し、部分矯正の費用はなんと「30万~60万」と非常に安い傾向にあります。安く治療を済ませたい、と考えている女性にとって非常に大きいメリットでもありますよね。

気になる箇所が「前歯だけ」「下の歯だけ」「八重歯だけ」など、部分的である場合には部分矯正を検討してみると安く済ませることができますよ。

 

治療する本数によって金額が前後する

部分矯正の費用は、治療する本数によって大きく差があります。少ない本数であれば当然相場よりも安くなりやすいですし、部分矯正といっても5本以上治療が必要となればそれなりに高額になるケースがほとんど。

中には本数に限らず「部分矯正」として一定の金額で済む歯科医院もあるので、まずは様々な歯科医院をチェックし、どのような料金体系になっているのか調べておくとよいでしょう。

 

1本〇万円~と金額を提示している医院も

部分矯正を行っている歯科医院の中には「1本〇万円~」と、1歯ずつ請求するケースもあります。治療する本数が極端に少ない場合は、こうした料金体系の歯科医院を選ぶと、より安く済ませることができるでしょう。

比較的安い医院では「1本3万円~」で矯正を行ってくれるので、近所の歯科医院をリサーチしてみてくださいね。

 

「メンテナンス」にもお金がかかる

矯正治療を検討している女性に多いのが「治療したら終わり」という誤解。実は、歯科矯正は、その後も何度かメンテナンスが必要です。これは、歯並びを矯正しても時間の経過とともに元に戻ってしまう可能性があるためです。

「後戻り」といい、せっかく治療しても徐々に元の歯並びに戻ってしまいます。それを予防するために、定期的にメンテナンスが必要となるのです。問題があれば再度装置を装着しますし、矯正治療中にワイヤーを調節するというメンテナンスも存在します。

そのため、治療費以外にもお金がかかることを頭に入れておかなくてはいけません。

 

部分矯正でかかるお金の種類

部分矯正は治療費のほかにも「メンテナンス費用」「矯正前の診察料」「ブラケット代」などが発生します。そのため、歯科医院で「矯正治療が30万円」と記載されていても、実際に発生する費用がやや高い可能性もあります。

記載されている費用は、すべての費用が込まれているのか、それとも別なのかについてもよく相談しておくようにしましょう。

 

 

部分矯正にもデメリットが!?知られざる注意点とは

費用面でのメリットが多い「部分矯正」。しかし、治療後に「こんなつもりではなかった!」と後悔してしまうケースも少なくありません。ここからはそんな「部分矯正のデメリット」について解説していくので、部分矯正を検討している女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

嚙み合わせに違和感が発生する可能性がある

一般的な歯列矯正は、奥歯から前歯まですべての歯並びをバランスよく整えます。そのため、審美面だけでなく機能面も考慮した治療を施すことができるのです。一方、部分矯正はあくまでも「部分的な矯正」なので、すべての歯のかみ合わせを調整することができません。

例えば、前歯だけの治療を行った場合、奥歯は治療することができないので、前歯と奥歯のバランスが乱れてしまうという可能性があります。

 

大きな乱れでは対応ができないケースも

抜歯が必要であったり、歯の乱れが大きい場合は部分矯正では対応できない可能性があります。この場合は一般的な矯正である「ブラケット」を装着しなくてはなりません。

もしくは、歯科医師が「部分矯正よりも全部の歯を矯正したほうが良い」と判断した場合はその提案もきちんと提案する必要があります。歯は一生もの。見た目を変えたい、安く済ませたいという気持ちもわかりますが、結局後からトラブルになってしまっては元も子もありません。結局、再度治療を施すことによって高くついてしまう可能性もあります。

 

歯を削る量が多くなる可能性がある

部分矯正は、ほかの歯を動かさずに矯正をする必要があります。そのため、限られたスペースの中で効率よく動かすためにも、場合によっては歯を削る必要があるのです。全体的な矯正でも歯を削ることはありますが、比較的部分矯正の方が削る量が多くなる傾向にあります。

健康的な歯を削るということはそれなりにリスクがあるもの。特に、歯を削る量が多くなるということは「エナメル質」を傷つけてしまう可能性があります。その結果知覚過敏の原因となったり、冷たいものや熱いものでしみやすくなってしまうのです。

歯を削る量が増えるということは、その分日常生活に支障をきたす必要があるので、注意してくださいね!

 

 

まとめ

歯科矯正は決して安くはありません。しかし、比較的安く済ませることができるのが「部分矯正」なのです。「安く済ませたい」という女性はぜひ歯科矯正の方法の一つとして参考にしてみてください。

ただし、部分矯正を行うにあたり、治療後のイメージや治療方法などは医師とよく相談しておく必要があります。生じるリスク、機能面の問題などをよく把握したうえで部分矯正に踏み切るようにしましょう。

きちんと、デメリットや注意点を把握したうえで治療に踏み切るのであれば、満足のいく仕上がりになること間違いなし。いろいろな歯科医院をチェックし、治療方針や治療方法が自分にぴったりの歯科医院を探してくださいね。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る