1. TOP
  2. 飲むなら赤ワインではなく白ワインを!ホワイトニング後は食事にも要注意!

飲むなら赤ワインではなく白ワインを!ホワイトニング後は食事にも要注意!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ホワイトニングをしたら、気をつけるべきことはある?

ホワイトニングの施術を受けると、歯が白くなるので嬉しいものですが、同時に、この白さを持続させるためにはどうしたらいいのだろうか、と考えてしまうこともありますよね。

ホワイトニングは、1回施術を受ければ白さがずっと続くわけではなく、一定期間が経過すれば歯の色は戻ってしまいます。

しかし、適切なケアを行っておけば、白さを長続きさせることができる可能性もあるので、ぜひ、術後の生活習慣にも気をつけるようにしてみてください。

ホワイトニング後の歯はどうなる?

ホワイトニングには、濃度の高い強力な薬剤を使用します。そのため、ホワイトニングを受けた後も歯が術前と同じような健康な状態であるわけではないのです。

薬剤の影響を受けると、歯や歯茎などは、少なからずダメージを受けます。口内に負担がかかることで、普段は感じることのない痛みを感じたりすることもあるので、注意が必要です。

歯がデリケートになる

歯科医院で行うホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングや自宅で行うホームホワイトニングなどの種類がありますが、いずれも過酸化水素や過酸化尿素といった強力な薬剤を歯に塗ることで歯を漂白して白くします。

薬剤が強力な分、歯の汚れや着色を落とす作用も市販品に含まれる成分と比べても非常に効果的ですが、その分歯に負担がかかり、歯の表面にあるエナメル質のカルシウムを溶かし出して脱灰という現象を引き起こします。

通常、脱灰を起こしても術後12〜24時間ほど経てば歯の再石灰化が進んで元の状態に戻りますが、その間は外部から受ける刺激の影響を受けやすくなるので注意が必要です。

保護膜が剥がれる

ホワイトニングを行うと、薬剤の影響で歯の表面にあるペリクルという保護膜が剥がれ落ちてしまいます。

歯の保護膜は歯を守る働きをしているので、これがなくなるということは歯がデリケートな状態になり、着色や汚れがつきやすくなります。

歯の保護膜は、オフィスホワイトニングであれば術後12〜24時間ほど、ホームホワイトニングであればマウスピースを外してから1時間ほど経てば再生されますが、その間は食事などに中が必要です。

歯のホワイトニング後に避けるべき食品

歯のホワイトニング後には、薬剤の影響を受けて歯が脱灰したり、歯の保護膜が剥がれてしまっているために、刺激に対する耐性が弱くなっており、デリケートな状態になっています。

そのため、ホワイトニング後に再石灰化が進んだり歯の保護膜が再生されるまでの24時間ほどは口に入れる食品や飲料も適したものを選ばなければなりません。

では、どのような食品は問題なく、どのような食品には注意をしなければならないのか、ここで紹介するので、参考にしてみてください。

色素の濃い食品

ホワイトニング後は歯の保護膜であるペリクルが剥がれているため、濃い色素に触れると着色しやすくなってしまうと言われています。そのため、色の濃い食品は控えた方がいいでしょう。

色素が濃い食品としては、主にポリフェノールが含まれているものに注意が必要で、コーヒーや紅茶、緑茶や烏龍茶、ぶどうや赤ワインなどには注意が必要です。また、色素の濃いカレーなどの食品も避けるようにしましょう。

また、意外と知られていませんが、大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種なので、醤油や味噌はもちろん、色が白い豆腐にも注意が必要です。

酸性の食品

ホワイトニングの施術後には、歯のエナメル質にあるカルシウムが抜けて脱灰した状態になっているので、歯が非常にもろく、デリケートになっています。

そのため、歯への刺激が強い酸性の食品には注意が必要です。酸性の食品は意外とありふれていて、レモンやみかん、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツや、酢などの調味料、梅干しや炭酸飲料などは日常的に摂取している人もいると思いますが、ホワイトニング後は控えたほうがいいでしょう。

ホワイトニング後に食べてもいい食品

ホワイトニング後に控えたほうがいい食品の中に、いつも食べている食品があった人は、では何を食べればいいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、ホワイトニング後に控えたほうがいい食品があるのと同様に、食べても問題ない食品もあるので、ホワイトニング後しばらくはそのような食品を積極的に摂取するようにしましょう。

歯を白くする作用のある食品

食品の中には、歯を白くする作用のあるものや、歯を守る働きのあるものもあります。

おすすめなのは牛乳で、これは歯に膜を貼ってくれるので、ホワイトニングでペリクルが剥がれた状態で摂取すると代わりに歯を守ってくれるのでおすすめです。

また、白ワインにも歯を白くする働きがあるので、普段ワインを飲んでいる人は、赤ワインを控えて白ワインを選ぶようにしてみましょう。

色素の薄い食品

ホワイトニング後に色の濃い食品を摂取すると歯に着色して黄ばみやすくなってしまいますが、逆に言えば色素の薄い食品であれば歯への着色の影響は少ないのです。

そのため、カレーよりはシチュー、パスタはトマトベースのものよりはクリームベースのものを選んだほうがいいですし、ご飯やパン、うどんや大根などの食品は白いので食べても問題ありません。

もし、色の濃い食品を食べてしまったら……

色の濃い食品に気をつけていても、日常的にコーヒーを飲んでいたり、タバコを吸う人は、ついうっかり摂取してしまったりすることもありますよね。

日常的に摂取するものは、癖のようになっているので、気をつけていても無意識に摂取してしまうのは仕方がないこととも言えます。

ただ、色の濃い食品を食べてしまったとしても、その後にきちんとケアをすれば、着色や汚れの付着をしにくくすることはできるので、試してみてください。

ホワイトニング前よりも黄色くはならない

まず、色の濃い食品や飲料を摂取してしまったとしても、焦ることはありません。

というのも、色の濃い食品を摂取して歯に着色しやすくなってしまったとしても、ホワイトニングの施術前よりも歯が黄色くなるということはないからです。

ただ、きちんとケアをしないと、やはり色が沈着しやすくなってしまうので、色の濃い食品を食べてしまったら、なるべく早くケアをするようにしましょう。

すぐに歯みがきをする

色素の濃い食品を食べてしまうと、「やってしまった!」と思うと思いますが、そうしたら、なるべく早く歯を磨くようにしてください。

食後にすぐ歯みがきをすることで、歯に沈着しやすい着色も落としやすくなるので、その分歯の白さも持続させやすくなります。

ただ、歯みがきをする際にゴシゴシこすると、歯の表面が削れて、そこに着色や汚れがつきやすくなるので、焦ってこすり過ぎないようにしてください。少し圧をかける程度で十分なので、歯を磨く強さにも気をつけましょう。

口をゆすぐ

色の濃い食品を摂取してしまって「やばい!」と思っても、外出先などで歯ブラシを持っていなかったり、お店の中にいたりすると、すぐに歯を磨けないこともありますよね。

その際には、水で口をゆすぐだけでも着色を防ぎやすくなるので、少し時間を見つけてお手洗いに行くなどしてケアをするといいでしょう。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングをすると歯を白くすることができますが、その分歯への薬剤の影響が強いので、しっかりケアをしていくことが大切です。

施術後に食べてもいい食品と控えるべき食品をしっかり確認して、後で焦ることのないようにしておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!