1. TOP
  2. オトコはやっぱり巨乳好き!?彼を離さない柔らかいおっぱいの作り方

オトコはやっぱり巨乳好き!?彼を離さない柔らかいおっぱいの作り方

この記事のタイトルとURLをコピーする

小胸な女子にとって、大きなおっぱいは憧れそのもの。

胸を大きくするのは難しいと諦めてしまう人もいますが、しっかりとした
ケアをすればバストアップは可能です。

そこで今日は「バストアップ体操」を紹介しましょう。

おっぱいを育てる!簡単バストアップ体操

【体操前の準備運動】

バストアップ体操をする前の準備として、まずおっぱい周辺の固まった
筋肉とリンパ節を揉みほぐすことが大切です。

おっぱいの脂肪は驚くほど流動性があり、動かさないと二の腕や背中に
どんどん流れていってしまいます。

まずは片腕を頭の上に上げ、反対側の手で脇の下から胸の側面、
二の腕をギュッと挟んで揉んでいきます。

これだけで凝り固まった筋肉がほぐれ、バストアップ体操の効果が
アップします。

また、バストアップにはおっぱいを支える大胸筋を鍛える体操
効果的です。

大胸筋は胸の左右にある大きな筋肉です。

おっぱいの膨らみを支える役割があり、ここを鍛えることで
おっぱいの脂肪を逃さずキープしてくれます。

【バストアップ体操】

では、実際に体操の方法をご紹介しましょう。

まず背筋を伸ばして胸の中央で両手を合わせます。

息を吐きながらバランスを良く両手を押し合い6秒間キープし、
これを5回繰り返します。

手の位置は胸の前に少し離した所におき、大胸筋を意識すると更に効果的です。

次に肘を張って胸の前で両手を上下に組みます。
肘を引っ張るようにして、両腕を思いっきり引き合います。

息を吐きながら6秒キープし、ゆっくりと力を抜きます。

脇の下から鎖骨の部分を意識すると、上手く力を入れることができます。

彼が触りたくなる!柔らかおっぱいの作り方

【「柔らかさ」もおっぱいの魅力!】

おっぱいの魅力は大きさだけではありません。

触っていて心地よい柔らかさも大切なケアポイントです。

体の中でも動かすことがなく、下着でしっかり固定されている
おっぱいは、血液やリンパの流れが滞りがちな部位です。

そこでおっぱいを揺らす体操をすると、血行が良くなりマシュマロの
ような柔らかいおっぱいにすることができます。

【柔らかいおっぱいを作る体操】

まず右手で左のおっぱいを斜め上に持ち上げて上方向に揺らします。

持ち上げた状態で揺らすことで、胸を支える靭帯への負担を軽くします。

反対方向も同様に。

次に両手を重ねて片方のおっぱいを上に持ち上げ、上方向に揺らします。
持ち上げたおっぱいの肉を逃がさないように、しっかり支えて

揺らすことがポイントです。

最後に両手を左右のおっぱいの下部に当てて、左右同時に上方向へ持ち上げます。
中央に寄せて持ち上げた状態で、上方向へ大きく揺らします。

この3つの動きを1秒間に3回のリズムで10秒間、25回〜30回は
揺らすようにしましょう。

この体操をすることで血液とリンパの流れを良くなり、乳腺に
必要な栄養が運ばれやすくなります。

乳腺に栄養が運ばれると良質な脂肪がバストにつきやすくなり、
柔らかくハリのあるおっぱいを育てることができます。

おっぱいを大きく見せるためにパットを入れてブラジャーで
締め付けると、更に圧迫されて血行不良の原因になります。

入浴の温度を40度程度に調節しておっぱいを温め、紹介した体操を
すると乳腺が刺激されて効果的です。

この習慣を続けるだけで、大きく柔らかおっぱいを育てることができます。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

バストアップの関連記事

簡単にできるバストアップ方法としては、下記の記事も参考になりますよ!

憧れのマシュマロボディはバストアップから♪彼に愛される体作り

貧乳とバカにされ続けてきた私が男性を虜にするグラドルボディを手に入れた話

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

はまのはまの

この人が書いた記事  記事一覧

  • すぐに分かる!原因別!毛穴の悩み改善のポイント

  • 夕方老け顔の原因は「シワ」だった!シワの種類と対処法

  • 1分で分かる!大人ニキビの原因って?

  • コスパ抜群!美容効果もお墨付きな『炭酸風呂』の作り方