1. TOP
  2. 紫外線には3種類ある!老化の原因の80%を占めるとも言われる恐ろしい光老化とは

紫外線には3種類ある!老化の原因の80%を占めるとも言われる恐ろしい光老化とは

この記事のタイトルとURLをコピーする

最近、シミやくすみが増えてきた……

年齢を重ねるに連れて、肌の調子が悪くなってきた、と感じている人はたくさんいるでしょう。加齢に伴う肌や体の変化は老化と呼ばれますが、老化の中でも肌へのダメージが大きいのが紫外線による光老化と言われています。

では、光老化はどのようなものなのでしょうか。老化には様々な原因ですが、中でも光老化は他の老化現象とは原因が違っているので一層の注意が必要です。

光老化って、どんなもの?

老化の原因は、光老化が80%を占めていると言われています。つまり、光老化を避けることができれば、老化の大半を防ぐことができるというわけなのです。

また、光老化は他の肌老化と違っており、老化に伴って肌の潤い成分などが奪われることでできるわけではありません。紫外線という外的要因によって起こるものなので、しっかり対策をすることが大切です。

紫外線を受けることで肌の色が濃くなる

紫外線を受けると、肌はダメージを防ぐためにメラニンという色素の生成を促します。その指令を受けて肌内部のメラノサイトというところで生成されたメラニンは再び表皮に送られて、これが沈着してシミとなってしまうのです。

美白効果のある成分はメラニンを作らせないようにするための成分が配合されていますが、メラニンは体の防衛反応でもあるので、メラノサイトでメラニンを作らせないようにする以前に紫外線から肌を守ることの方が大切です。

弾性繊維が破壊される

肌は表皮とその下にある真皮の2層構造となっていますが、真皮には肌のハリや弾力を保つために欠かせないコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの成分が存在しています。

しかし、紫外線を浴びた肌はこれらの成分が壊されてしまい、光線性弾性繊維症というものになってしまいます。肌のハリや弾力が失われることによって。シワやたるみができやすくなり、肌悩みが増えてしまうのです。

紫外線の種類は3つある

私たちの会話の中に自然と出てくるようになった「紫外線」ですが、その種類は実は3種類あるということを知っている人は少ないのではないでしょうか。

3種類の紫外線はひとつひとつ波長の違う光線なので、それぞれに合わせたケアをすることが大切です。基本的には波長が短いほど体に有害だと言われていますが、それぞれの紫外線の特徴を紹介します。

UV-A

UV-Aは、紫外線の中でももっとも波長が長く、肌の表皮の下にある真皮まで届いてダメージを与えるものです。肌の真皮にはコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力やハリを保つための成分がありますが、UV-Aが当たるとじわじわとダメージを与え、たるみやシワを引き起こしてしまいます。

また、UV-A波は、肌の潤いを保つための成分も奪ってしまうので、肌の乾燥も招きやすくなります。

UV-Aを防止できる力はPAで表される

紫外線によるダメージを防ぐためには、様々な方法がありますが、もっともおすすめなのが日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めに記載されているPAという数値は、UV-Aの紫外線を防ぐことができる力を表しています。PAの横についている「+」の数が多いほどUV-Aから肌を守る力が強力なので、しっかり肌を守りたいなら、「++++」などの強力なものを選ぶといいでしょう。

UV-B

UV-Aの次に波長が長いのがUV-Bと呼ばれる光線です。これはUV-Aほど波長が長いわけではないので、肌の真皮までは届きませんが、表皮に届いてダメージを与えます。

真皮まで届かないので直接コラーゲンなどを攻撃することはできませんが、真皮にあるコラーゲンを壊す作用のあるコラゲナーゼ酵素というものの働きを活性化させるので、注意する必要があります。

UV-Bは皮膚ガンや白内障を引き起こす原因とも言われており、紫外線の中でもっとも気をつけなければならないものでもあります。また、メラニン生成を促してシミを作りやすくするのもこのUV-B波です。

UV-Bを防止できる力はSPFで表される

UV-Aを防ぐことができる力はPA値だと紹介しましたが、これはUV-Bも防ぐことができる力ではありません。UV-Bを防ぐための力はSPFという値で表現され、PA値と一緒に日焼け止めのパッケージなどに記載されていることが多いでしょう。

UV-Aのように肌の奥には届きませんが、UV-Bは健康的にもリスクが高いので、こちらもしっかり防ぐ必要があります。

UV-C

紫外線の3つめは、UV-Cと呼ばれる光線です。これは、3つの紫外線の中でももっとも波長が短いため、現在はオゾン層に守られて地表に届くことはありません。

ただ、波長が短い分、有害性は3つの紫外線の中でももっとも高いと言われており、さらに近年はオゾン層の破壊も心配されているので、UV-Cが地表に届いた場合の危険性が懸念されています。

光老化を防ぐには、とにかく肌を守ることが大切

光老化は紫外線によって肌がダメージを受けることで進行すると紹介しました。ということは、光老化を防ぐためには、紫外線からとにかく肌をま保つことが何よりも大切です。

光老化が老化の原因の80%を占めるということは、裏を返せば光老化を防ぐことができれば老化も抑えることができるというわけなのです。年齢を重ねてから後悔しないためにも、早めのケアを心がけましょう。

日焼け止めをきちんと塗る

紫外線による肌ダメージを防ぐためには、日焼け止めをしっかり塗ることが最も大切です。PA値やSPF値をよくチェックしながら、自分の肌に合うものを選ぶようにしましょう。

紫外線は屋内にいても窓ガラスなどを通り抜けてきてしまうので、建物の中にいるからといって安心はせず、きちんと日焼け止め対策をしていくことが大切です。

また、PA値やSPF値は高ければその分紫外線を防ぐ力が高くなりますが、その分肌への負担も多くなります。そのため、レジャーなどの際には値が高いものを使い、普段使いには少し作用が弱めのものを使うなど、場合によって使い分けるのがおすすめです。

肌をなるべく出さないように

夏場などは暑いので薄着をするのが一般的だと思いますが、肌を出すとその分紫外線が肌にダイレクトに届いてダメージを与えやすくなるので注意が必要です。

少し涼しい日には、長袖で過ごしてみるなど、なるべく肌を露出しないようにする工夫も大切です。また、帽子や日傘をさせば、髪なども紫外線から守ることができます。

ビタミンCを摂る

ビタミンCは美肌ビタミンとも呼ばれ、肌の美しさを保つためには効果的な成分だと言われています。また、ビタミンCハ肌のハリや弾力を保つコラーゲンの合成にも関わると言われているので、食事などで積極的に取り入れたり、化粧品などで補うのもいいでしょう。

しっかり保湿

紫外線のケアをしていても、100%紫外線を防ぐのは難しいものです。もし光の当たるところに長時間いて日焼けが気になるという時には、家に帰った後にしっかり保湿をするように心がけましょう。

紫外線によって肌の光老化が進んでしまうと、肌バリアが低下してしまい、肌のターンオーバーが正常に働かなくなってしまいます。そのため、保湿をしっかり行って、肌バリアの機能を整えてあげることが、日焼け後のアフターケアとして最も重要です。

まとめ

いかがですか?紫外線の種類が幾つかあること、知らなかった人も多いのではないでしょうか。きちんとした紫外線ケアで光老化を防ぎ、いつまでも健康で美しい肌を保ちましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!