1. TOP
  2. 若返りたいならチェックすべし!美肌を作る線維芽細胞とはどんなもの?

若返りたいならチェックすべし!美肌を作る線維芽細胞とはどんなもの?

この記事のタイトルとURLをコピーする

線維芽細胞ってどんなもの?

肌のことを語る上で、しばしば出てくるのが「線維芽細胞」というものです。しかし、これがどんなもので、どのような作用があるのか、いまいちよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

肌は2層構造になっているのですが、線維芽細胞は肌表面に見える表皮の下にある真皮に存在する細胞で、美しい肌を保つためには欠かせない働きをしています。

線維芽細胞は、肌に必要な成分を作る

線維芽細胞は、美肌のためには欠かせない細胞であり、肌の内部にたくさん存在しています。美肌のために重要な役割を持つと言われていますが、ダメージを受けて衰えると、肌の潤いやハリなどが失われて、老化につながってしまうのです。

ということでここでは、線維芽細胞が持つ役割を紹介します。

コラーゲン

コラーゲンは、多くのスキンケア化粧品にも配合される成分であり、ほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

コラーゲンは人間の体の中にも存在し、そのうちの40%が皮膚部分に網目状に広がっています。コラーゲンは肌の強さを保つために働く成分で、真皮の70%を占めている、美肌のための重要な成分です。

エラスチン

エラスチンも、皮膚内の真皮に存在する成分で、弾性成分とも呼ばれて主に肌の弾力を保つために働きます。そのため、コラーゲンよりもエラスチンの方が肌の若々しいハリや弾力を保つためには重要な成分であると言えるでしょう。

ただ、皮膚内のエラスチンの含有量は意外と少なく、コラーゲンのように大部分を占めるわけでもなく、その割合は2〜3%ほどだと言われています。

ヒアルロン酸

美容に関心が高い女性なら、ヒアルロン酸も聞き馴染みのある成分ですよね。ヒアルロン酸も人の肌の真皮に存在しており、高保水成分として肌の潤いを保つために働きます。

ヒアルロン酸の保水力は非常に高く、1gでおよそ1リットルもの水を貯めおくことができると言われています。そのため、乾燥を防いで潤いのあるぷるぷるな肌を保つためには欠かせない成分です。

線維芽細胞はどのように働く?

線維芽細胞は、肌を健康的に保つために働く成分ですが、具体的にどのように肌に作用するのでしょうか。今回初めて「線維芽細胞」という名前を知ったという人も多いと思いますが、実は線維芽細胞が持つ肌への働きは意外と多いのです。

美肌のための成分を生成・分解

素肌の弾力やハリ、潤いを保つためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分は、他の部分から運ばれてくるわけではなく、線維芽細胞で作られて、真皮で働いています。そのため、線維芽細胞というのは美肌を保つためにはなくてはならないのです。

また、線維芽細胞の役割は新たなコラーゲンなどの生成だけでなはなく、古くなったものを分解する作用も備えています。古くなった成分はうまく働けなくなるので、分解してまた新たな成分を作ることで、肌の代謝がスムーズになるのです。

ダメージを受けた肌を修復する

肌はいつも危険にさらされています。少し肌を掻くだけでも肌にとっては負担になりますし、服との摩擦で傷ついてしまうこともあります。

そのままの状態にしていると、肌はすぐに傷だらけになってしまうわけですが、線維芽細胞は肌の傷ついた部分にすぐに移動してコラーゲンを大量に作り出し、肌の修復に取り掛かります。

線維芽細胞を健やかに保つことで、このような肌の修復作業もスムーズになるので、美しい肌を保ちやすくなるわけです。

自身を増加させる

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分を生み出す細胞ですが、実は自身も細胞分裂を行うことで増やすことができます。

線維芽細胞も古くなると効率的に働けなくなるので、積極的に細胞を増やすことで、肌代謝をあげて、健康的な肌を保つのです。

男性ホルモンを女性ホルモンに変換

男性でも女性でも、体内に男性ホルモンと女性ホルモンがどちらも存在しています。

線維芽細胞は、女性の体内にある男性ホルモン「アンドロゲン」を「エストロゲン」という女性ホルモンに変換する働きがあります。

エストロゲンとは女性ホルモンの代表格で、美肌を保ったり気持ちを晴れやかにする働きがあるものです。例えば、生理後に肌の状態がよくなるのは、エストロゲンの働きが活発になるからなのです。

血管を作るサポートする

線維芽細胞は、VEGFという細胞増殖因子を出します。この因子は名前の通り細胞を増やしたりするものですが、線維芽細胞が生み出したVEGFは血管の内皮細胞に働きかけることで、新しい血管を作る働きがあります。

線維芽細胞は肌の美しさを保つために働くだけでなく、血管などの体内の器官も健康的に保つために作用するので、健康的な体を維持するためにも重要なものなのです。

気をつけるべきポイント

線維芽細胞が元気で活発に働けば、肌の代謝もよくなり、コラーゲンなどの美容成分もしっかり産出されるので、肌が健康的で美しくなります。

しかし、線維芽細胞がダメージを受けると、細胞が衰えてうまく働かなくなったり、作用が弱くなったりするので、線維芽細胞を傷つける要因には注意が必要です。

紫外線は線維芽細胞を衰えさせる

紫外線は、お肌の大敵とも言われるほど美容に対して有害なものです。紫外線は強力で、真皮に届くと線維芽細胞を攻撃して弱体化させ、働きを弱めてしまいます。

その結果、線維芽細胞によって生み出されるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の量が減ります。しかし、古くなったコラーゲンなどの分解は進むので、生成量と分解量のバランスが崩れ、肌の弾力が保てなくなってたるみやシワの原因となるのです。

活性酸素によってコラーゲンの分解が促進される

人は呼吸をして酸素を取り入れると、そのうちの一部が活性酸素という物質になります。活性酸素は細菌や有害物質から細胞を守るために働きますが、増えすぎると逆に体の細胞を攻撃し始めてしまうので注意が必要です。

活性酸素は生活習慣の悪化によるストレスや、タバコや飲酒など、また食品添加物や紫外線の影響などを受けて大量に生成してしまうので、一気に体が錆び付く酸化が進行してしまいます。

また、真皮内でコラーゲンが分解されると、線維芽細胞とコラーゲンが引き離されますが、コラーゲンから離れた線維芽細胞の活性酸素は増えてしまうのです。

線維芽細胞を活性化させる成分

様々なダメージによって線維芽細胞の働きが弱まると、コラーゲンなどが生成されなくなり、美肌からは大きく遠ざかってしまいます。

これを避けるためには、線維芽細胞をなんとかして元気にしてしっかり働かせる必要があるのですが、そのためには線維芽細胞の働きを活性化させるための成分を補うことが大切です。

肌に塗るもの

肌に塗ることで線維芽細胞を活性化させるためには、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールなどの成分が効果的です。

美容液や美容クリームなどに配合されていることが多いので、パッケージの裏の成分表を見て、配合されているかどうかを確認してみましょう。

サプリメント

肌に塗るスキンケア商品以外にも、線維芽細胞を活性化させるためにはサプリメントなどの食品があります。

サプリメントの中でおすすめなのはプラセンタで、FGFCという線維芽細胞増殖因子を活性化させる働きがあるので、結果的に新たな線維芽細胞を作り出すことにつながります。

まとめ

いかがですか?線維芽細胞は、美肌を保つ影の立役者とも言える存在です。コラーゲンやヒアルロン酸などを補うことも大切ですが、それらの成分を生み出す線維芽細胞を活性化させるためのケアも心がけていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!