1. TOP
  2. 老化の原因は5つある!アンチエイジングのために行うべき肌ケアとはどんなもの?

老化の原因は5つある!アンチエイジングのために行うべき肌ケアとはどんなもの?

この記事のタイトルとURLをコピーする

最近、肌の状態が気になる……

年齢を重ねてくると、肌の様々な悩みが増えてきて困っている……という人も多いのではないでしょうか。人の体は、加齢とともにその機能が衰えてきてしまうのですが、肌ももちろん同様です。

アンチエイジングとは?

アンチエイジングは、日本語にすると「抗老化」で、簡単に言えば、加齢に伴って起こる体の昨日の衰えを小さくして、いつまでも若々しい身体でいるために行うものです。

人間の体の老化を止めることはできませんが、日頃のケア次第では老化のスピードを遅くすることはできるので、早いうちからケアをしておくことが大切です。

老化の原因

酸化

体内に活性酸素という物質が増えることで、体が酸化してしまいます。活性酸素は本来は細菌に対抗して体の防衛の機能を果たすものですが、大量に発生してしまうと細胞や遺伝子までも傷つけてしまい、シミやシワ、たるみなどの肌悩みを引き起こしてしまうものです。

呼吸をして酸素を取り入れるだけでも活性酸素は発生しますが、これは防ぎようがありません。ただ、食品の中にも活性酸素を発生させるものがあるので、それらは控える必要があります。

活性酸素を発生させるものを避ける

活性酸素を発生させるものとしては、タバコやお酒のアルコール、食品添加物などがあります。日頃からこれらを多く摂取している人は、控えるようにするだけでも肌のアンチエイジングにつながります。

また、睡眠不足やストレスなどによっても活性酸素は生み出されてしまうので、規則正しい生活をして、適度にリフレッシュすることが大切です。

抗酸化作用のある成分を摂る

体内に活性酸素が大量生成されてしまっても、焦ることはありません。抗酸化作用のある成分を取り入れることで、活性酸素の発生を抑えたり、働きを阻止したり、除去したりする効果が期待できます。

抗酸化作用を持つ成分としては、お茶に含まれるカテキンやブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆製品に含まれるイソフラボンなどがあります。これらは全てポリフェノールと呼ばれるものですが、ポリフェノールがアンチエイジングに効果的と言われるのは抗酸化作用があることも一つの理由となっています。

また、抗酸化作用のあるビタミンEやアスタキサンチン、コエンザイムQ10やフラーレンなどの成分が配合されたスキンケア商品を使うのもおすすめです。

紫外線

「光老化」を抑えれば80%の肌老化を抑えることができると言われています。光老化を引き起こすのは美肌の大敵とも言われる紫外線ですが、これを長年浴び続けることによって、様々な肌悩みが生まれてしまうので、注意が必要です。

日焼け対策を行う

紫外線に夜ダメージを防ぐためには、徹底したUVケアが大切です。UVケアとしてはなるべく肌に日光が当たらないように工夫をすることも必要ですが、日焼け止めなどによって物理的にケアをすることも必要です。

日焼け止め商品などに記載されているPA値は真皮までダメージを与えるUV-A波を防ぐことができる力を、SPFは表皮に影響を与えるUV-B波を防ぐことができる力を表しています。

保湿を徹底してアフターケア

どんなに徹底して日焼け予防をしていても、紫外線を完全にシャットアウトするのは難しいので、強い日差しの下に長時間いた日などはアフターケアも大切です。

日焼けをした肌は火傷を負っているので、しっかり水分を補って保湿をするようにしましょう。また、紫外線を受けた肌はメラニン生成を促してシミなどの原因となってしまうので、美白成分が入ったスキンケアアイテムを使うようにしましょう。

乾燥

肌は20歳をすぎると、保湿成分がどんどん減少していくため、乾燥しやすくなってしまいます。そのため、乾燥肌になってカサつきやすくなってしまうなど、様々な悩みが増えていくことにもなるのです。

肌のたるみやシワなどは乾燥によって引き起こされるものなので、早めにきちんとケアをしておくようにしましょう。

保湿

肌の乾燥を解消するためには、何と言っても保湿を何よりも優先しましょう。保湿を謳っているスキンケア商品の中には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、人間の体内に元々ある成分を配合しているものもあるので、おすすめです。

誤ったスキンケアをしない

肌の乾燥を防ぐためには、誤ったスキンケアにも注意が必要です。洗顔時や洗顔後に肌をゴシゴシこすったりしてしまうと摩擦で肌が傷つき、乾燥しやすくなってしまいます。

また、肌を洗いすぎても肌に必要な皮脂などを流してしまって乾燥しやすくなるので、気をつけましょう。

糖化

糖化とは、体内にあるタンパク質や脂質が糖と結びつき、糖化生成物というものを作り出すことによって起こります。糖化生成物は肌の老化を促進してしまうので、なるべく糖化させないことが大切です。

糖化すると、肌に黄ぐすみができやすくなってしまうので、食事などに注意して糖化を防ぎましょう。

血糖値を急上昇させない食品を摂る

血糖値の上昇が急に起こると、肌の糖化が進みやすくなります。血糖値を急上昇させる白砂糖を使ったスイーツなどは控えるようにして、摂るなら黒砂糖の方がいいでしょう。

また、肌の糖化を抑えるためには、低GI食品もおすすめです。

抗糖化作用のある食品を摂る

酸化の防止には抗酸化作用のある食品が効果的ですが、糖化予防には抗糖化作用を持つ食品もあります。

抗糖化作用が認められているのは、カモミールティーやどくだみ、甜茶、グァバなどがあるので、これらの飲食物を積極的に取り入れるといいでしょう。

ひはく化

ひはく化とは、加齢とともに肌の真皮層にあるハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが減少することによって、肌がどんどん薄くなっていくことです。

薄くなった肌はハリや弾力が失われるだけでなく、傷つきやすくもなります。

女性ホルモンを低下させない

肌のひはく化は、加齢に伴って起こるものなので、防ぐのは難しいと言われています。ただ、女性ホルモンの減少が一つの原因とも言われているので、女性ホルモンが低くならないように、栄養バランスの取れた食品を積極的に摂取することが大切です。

また、女性ホルモンと似たような働きを持つイソフラボンを摂るのも効果的です。

アンチエイジングのために大切なこと

肌にいい食事

普段から食品添加物などがたくさん含まれた食品を摂取し続けていると、お肌へのダメージも大きくなります。

いつまでも若々しい美肌を保つためには、低カロリーで栄養価の高い「まごわやさしい」とまとめて呼ばれる「豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、芋」などの食品を積極的に摂るようにしましょう。

適度な運動

美肌のためには、適度な運動が欠かせません。運動不足なままでは血行も悪くなって肌のためにもよくないので、1日30分、週2回程度の運動を心がけるといいでしょう。

運動をする際には、筋トレなどの無酸素運動と有酸素運動を組み合わせると健康的なダイエットにも効果的です。

十分な睡眠

夜遅くまで起きていると、翌朝の肌の調子が最悪……なんて経験がある女性も多いのではないでしょうか。それもそのはず、肌というのは寝ている間にターンオーバーが促進されて生まれ変わると言われているので、きちんと早寝早起きを心がける必要があります。

肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時〜深夜2時は肌の再生を促進する成長ホルモンが分泌されるので、この時間には寝ておくようにすると、美しい肌を保ちやすくなります。

お酒やタバコを控える

タバコには、ビタミンCを破壊する働きがあり、美肌のためにはよくないものとされています。ビタミンCは美肌ビタミンとも呼ばれているスキンケアには欠かせない成分なので、これを壊してしまっては綺麗な素肌になることはできません。

また、お酒に含まれるアルコールやタバコの成分は体の参加を促進してしまうので、その点でも美肌のためには避けるようにしましょう。

まとめ

いかがですか?アンチエイジングのためには、肌にダメージを与える様々な原因から身を守らなくてはなりません。原因と対処法をしっかり頭に入れて、いつまでも綺麗な素肌を保ちましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!