1. TOP
  2. 改善できないわけじゃない!皮膚が薄い人の正しいケア方法とは?

改善できないわけじゃない!皮膚が薄い人の正しいケア方法とは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

なぜ皮膚は薄くなるの?

生まれつき

皮膚の厚さは一般的には女性は2mmとされていますが、中には皮膚が人よりも薄い人がいます。皮膚が薄くなる原因は様々ですが、意外と多いのが遺伝によるものです。

例えば、両親のどちらかが皮膚が薄い場合、生まれる子供も皮膚が薄くなる確率は高くなります。また、両親は皮膚が厚かったとしても祖父母に薄い人がいるとそれが遺伝することもあるのです。

皮膚が生まれつき薄い人は、肌荒れを起こしやすかったりして厄介ですが、適したスキンケアをしていけば症状を改善することは可能です。

加齢によるひはく化

もともと皮膚が薄い方ではなく、肌荒れなども起こしにくいタイプだった人が、年齢を重ねてある日突然、今まで使っていた化粧品に刺激を感じるようになることもあります。

今まで問題なく使えていた化粧品がピリピリとしだした人は、加齢によって皮膚の弾力を保つための成分が失われ、皮膚が薄くなってしまった可能性があります。

これは肌のひはく化と呼ばれるもので、通常は年齢を重ねて30代後半から40代に入ったあたりに起こることが多いものです。しかし、紫外線などのダメージで肌の弾力保持成分が壊されると、若くしてひはく化してしまうこともあります。この症状を防ぐためには、若いうちからしっかりとスキンケアやUVケアをしておくことが大切です。

誤ったスキンケア

スキンケアに気を配るのは大切ですが、やりすぎは肌にとってダメージを及ぼすこともあるので注意が必要です。

特に気をつけなければならないのがピーリングです。ピーリングは古い角質を取り除くために有効なものですが、皮膚への刺激が大きいので、頻繁にやりすぎると肌のキメがなくなってビニール肌と呼ばれる状態になってしまいます。

また、洗顔時などに肌をこすりすぎることも肌を削ってしまう原因となりますし、無理なマッサージをすることで肌の細胞が壊れてしまう危険性もあります。

皮膚を厚くするためには?

水分をとる

スキンケアをどんなに頑張っても、潤い成分を肌の奥にある真皮層まで届けることは困難です。それでも、紫外線などによって肌の潤いは失われてしまいますし、そのような時にはどのようにすればいいのかわかりませんよね。

肌を潤わせるためには、体の内側から水分を補うことも非常に重要なのです。体内には多数の細胞が存在していますが、その細胞を構成する要素の実に7割は水分なのです。

毎日しっかり水分を補い、内側から体を潤わせることで、もっちりと弾力性に富んだ美しい肌にすることができます。

「少量ずつ、こまめに」がポイント

「水分をとればいい」とだけ聞くと、ガブガブ水を飲みたりますよね。しかし、それではあまり意味がないのです。

というのも、一度に大量の水を飲んだとことで、胃で吸収されにくくなるため、ほとんどがそのまま排出されてしまいます。そのため、水分を摂る時には、1回は少量でいいので、こまめに飲むようにしましょう。

そうすることで、とった水分がしっかりと体を巡って吸収されていくはずです。また、1日に飲む量としては、1.5
〜2リットルくらいがベストとされています。

食事にも気をつける

紫外線のダメージは思った以上に肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンを攻撃して壊してしまいます。また、肌のこすりすぎによって皮膚が削れるのも肌を薄くする大きな原因となってしまいます。

もともと肌が薄い人は難しいかもしれませんが、弾力成分の減少によって肌が薄くなってしまっているだけの場合は、しっかりと栄養を摂ることで肌の厚みを取り戻すことは十分に可能です。

では、どのような成分を摂取すればいいのでしょうか。

タンパク質

タンパク質は、人間の体や肌を作る上で欠かせない成分です。 タンパク質が多く含まれているのは肉類や魚類などなので、これらを積極的に摂るようにしましょう。ダイエット中だとどうしても肉などは控えがちですが、過度に制限すると肌も美しく保つことが難しくなってしまうのです。

ただ、肉には確かに脂肪が多いため、摂りすぎはよくありません。カロリーなどが気になるなら、大豆やアボカドなどの植物性たんぱく質を多く含む食品を摂取するのがおすすめです。

ビタミン・ミネラル

ビタミンやミネラルも、体内に必要な栄養素ながら体内ではほとんど作ることができない成分でもあります。特にビタミンは美肌を作る上で非常に重要な働きをするので、ぜひ摂取しておきたいものです。

例えば、ビタミンB群は肌の代謝をアップさせますし、ビタミンEは高い抗酸化作用を持っているので紫外線による細胞へのダメージを軽減することができます。また、美肌ビタミンとも呼ばれるビタミンCは肌にハリやツヤを生むために効果的な成分です。

バランスよく摂ることが大切

肌にいい成分を紹介してきましたが、タンパク質だけ、ビタミンだけ、ミネラルだけとっていればいいというものではありません。肌悩みに合わせた成分を重点的に摂ることは重要ですが、それだけで体に必要な栄養が網羅できるわけではありません。

肌や体を健康的に保つためには、体に必要な栄養をたくさん、かつバランスよく摂ることが何よりも大切なのです。

皮膚が薄い人が気をつけるべきこと

規則正しい生活習慣を心がける

お肌と生活習慣には、切っても切れない大切な関係性があります。美肌のためには早寝早起きが効果的と言われますが、これは睡眠不足によってストレスが溜まると自律神経が乱れて代謝が落ちるなどの影響があるからです。また、ストレスによって増えた活性酸素がシミなどの生成を促進してしまうこともあります。

逆に、早寝早起きを心がけて十分に質の良い睡眠をとっていれば、皮膚の回復もスムーズに進み、肌の状態も良好になるのです。

リフレッシュすることが大切

ストレスが溜まると、お肌にとっていいことは一つもありません。しかし、気づかなくてもストレスがたまっていることはあるので、定期的にリフレッシュすることが大切です。

リフレッシュと言っても特別なことをする必要はなく、アロマを焚いたり、ゆっくりお風呂に浸かるなどでも十分に効果は得られます。自分自身ではストレスを感じていないと思っても、体は思いの外ストレスを受けていることもあるので、できれば頻繁にリフレッシュタイムの習慣をつけるようにしましょう。

適度な運動

心身のリフレッシュのためには、適度な運動を行うことも大切です。心と体は繋がっていて、少し憂鬱な気分の時にも運動をすることによって気持ちが晴れやかになることがあります。

とはいえ、毎日忙しくてあまり時間が取れないという人もいますよね。運動といっても長時間する必要はなく、毎日30分〜1時間のウォーキングなどでも十分です。会社に通勤している人は、通勤通学で1駅歩いてみるなどの工夫をしてもいいでしょう。

運動をして適度に疲れることで夜もリラックスしやすくなり、睡眠の質も上がるはずです。

敏感肌用の化粧品を使う

肌が薄い人は、化粧品などの成分がダイレクトに肌の内部に伝わってしまうので、刺激の強い成分が入っていると肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

そのため、化粧品を選ぶ際には必ず敏感肌用に肌に優しい成分のみで作られた化粧品を使用するようにしてください。加齢によって今までの化粧品に刺激を感じるようになった人も同様です。

まとめ

いかがですか?肌が薄いとなにかと厄介なことが多いですが、適切なケアをしていけば改善することも十分に可能なのです。自分は肌が薄いのかな?と感じたら、適したケアを心がけていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!