1. TOP
  2. 鏡を見てがっかりしないために!皮膚の老化は徹底したスキンケアと抗酸化食品の積極的摂取が大切!

鏡を見てがっかりしないために!皮膚の老化は徹底したスキンケアと抗酸化食品の積極的摂取が大切!

この記事のタイトルとURLをコピーする

紫外線のダメージは侮れない

お肌の大敵である紫外線は厄介なものですが、日差しが強くなる夏場にだけ対策をしていればいいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、太陽に含まれる光線の一つである紫外線は実は毎日浴び続けているものでもあります。ひいては、生まれてからずっと浴び続けているものとも言えるのです。

適切なケアをしていかなければ紫外線によるダメージが大きくなり、後々肌に大きなトラブルを引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

老化の8割は紫外線による「光老化」

老化というのは、いつまでも美しくありたいと願う女性にとって残酷なものです。しかし、その老化の8割は実は紫外線による光老化だと言われています。顔をぐっと老けて見せてしまうシミやシワなどは、全て紫外線によって起こるものでもあります。

ということは、紫外線による肌へのダメージを軽減することができれば、老化を遅らせることは十分に可能なのです。しかし、どのようにすれば光老化を防ぐことができるのでしょうか。その前にまずは、紫外線の種類から紹介していきます。

紫外線は3種類

太陽光に含まれる光線は大きく分けて赤外線可視光線、そして紫外線の3つです。しかし、紫外線というものにも実は3種類あり、それぞれが肌に与える影響も少しずつ違います。ということは、紫外線の種類にあったケアをしていかなければきちんと光老化対策をすることは難しいのです。

紫外線の種類は3つあり、UV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。ちなみにUVは「ウルトラヴァイオレット」の事で日本語で紫外線のことです。

UV-A波

UV-A波は紫外線の中でもっとも波長が長いものです。波長が長い文威力はもっとも弱いですが、肌の真皮にまで届いてじわじわと肌にある細胞を攻撃していくため、長い間浴び続けるほどに危険です。

特に、肌の真皮にある線維芽細胞で作られるコラーゲンやエラスチンなどのハリや弾力を保つための成分がUV-Aによって破壊されると、肌の弾力が失われて一気に老化が加速します。また、メラニン色素を生み出すメラノサイトを活性化する働きもあるのでシミができやすくなります。

UV-A波は波長が長いため雲や窓ガラスも突き抜けて入ってきます。そのため、屋内にいるからといって日焼け対策を怠ってはいけないのです。

UV-B波

UV-B波はUV-A波ほど波長が長くはないので、肌の真皮にまでは届きません。しかし、波長が短い文UV-Aよりも肌へのダメージは大きく、表皮細胞の遺伝子を攻撃してシミや皮膚ガンのリスクをぐっとあげてしまいます。

また、真皮には届かないのでコラーゲンを直接攻撃することはありませんが、表皮にあってコラーゲンを壊す働きをするコラゲナーゼという酵素を活性化させるので、間接的にコラーゲンを破壊します。

さらに、表皮にあるメラニン細胞を活性化させることで大量のメラニン生成を促し、シミを作りやすくしてしまうこともあるので注意が必要です。

UV-C波

UV-C波は、もっとも波長が短い光線で、現段階では大気中のオゾン層があるおかげで地表に届くことはありません。しかし、波長がもっとも短い分、その威力は3つの紫外線の中でトップクラスです。

地表に届かないなら大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、それはあくまで「現段階」の話であり、近年では環境汚染によるオゾン層の破壊が問題視されているので、もしオゾン層がなくなってしまえばUV-Cも地表に届くことになります。

紫外線によって引き起こされるトラブル

シミ

シミは、紫外線の中でも主にUV-Bが引き起こすとされる肌トラブルです。表皮にあるメラニン細胞がUV-Bによって活性化することで、メラニン色素が生成され、沈着してシミとなってしまいます。

健康な肌であればターンオーバーが正常に働き、できてしまったシミも排出することができます。ただ、UV-Bを肌が浴びるとターンオーバーも乱れてしまうので、シミが改善しにくくなってしまうのです。

シワ・たるみ

 シワやたるみも、あると顔全体が老けて見えてしまう厄介なものです。これを引き起こすのは主にUV-Aで、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが壊されることで肌を支えることができなくなってしまうのです。

UV-Aはダメージが大きい方ではないのですぐにどうこうなるというわけではありませんが、UVケアを怠っているとシワやたるみができやすくなるので気をつけなければなりません。

肌の酸化

紫外線は、肌に直接ダメージを与えることだけには止まりません。紫外線は有害な光線ですから、体内に侵入すると体を守るための活性酸素が大量に産出されます。

活性酸素は本来は外部のダメージから細胞などを守るために働きますが、数が増えると途端に今度は細胞や遺伝子を攻撃し始める厄介なものです。

活性酸素が増えると様々な細胞が攻撃を受けるために病気になりやすくなります。紫外線を直に肌に浴びると強力な活性酸素が生み出されてしまうので気をつけましょう。

光老化を防ぐためには?

日焼け対策

光老化を防ぐためには、何よりもまず日焼け対策をすることが大切です。毎日手軽にできるケアとしてまず日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めのパッケージに書かれているPAはUV-Aを防ぐ力のことで、SPFはUV-Bを防ぐ力を表しています。ただ、これらの値が大きいと肌への負担も大きくなるので、普段使い用とレジャー用などを使い分けるといいでしょう。

また、日焼け止め以外にも髪用の日焼け止めを使ったり、帽子やサングラス、日傘などを使用したりすることも大切です。

保湿

紫外線によって肌がダメージを受けると、熱によって皮膚が炎症を起こしている状態です。いわば火傷を起こしている状態なので、帰宅後にしっかり保湿をするようにしましょう。

紫外線のダメージを受けたまま放置していると肌が乾燥してシワなどの肌悩みを引き起こすことになってしまうので、保湿クリームなどをしっかり塗っておくようにするといいでしょう。

抗酸化食品を摂る

ビタミン

ビタミンは健康的な体を作るために大切なものなので、特にビタミンA、C、Eはビタミンエースとも呼ばれ、アンチエイジングに効果的なものとされています。

いずれも抗酸化作用があるビタミンですが、特にEはその作用が強く、若返りビタミンとも呼ばれます。ビタミンAは鶏や豚や牛の肝臓などに含まれますし、ビタミンCはピーマンやアセロラ、柑橘系フルーツなど、ビタミンEはアーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類などに豊富に含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールも高い抗酸化作用を持つ成分として有名です。ただ、一口にポリフェノールと言っても種類がたくさんあり、トマトに含まれるリコピンや鮭に含まれるアスタキサンチンなどのカロテノイド色素などがおすすめです。

また、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンは目の酸化を防ぐ作用がありますし、納豆や豆腐などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンも有効です。

まとめ

いかがですか?肌の老化は、一気に年齢を感じさせてしまう厄介なものです。いつまでも若々しく美しくいたいなら、老化の原因の80%とも言われる光老化をしっかり防ぐようにしましょう。

スキンケアや栄養豊富な食品を積極的に摂取することで肌の質も変わってくるはずなので、ぜひ試してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!