1. TOP
  2. やっぱり憧れの二重になりたい!自力で二重まぶたになるには?

やっぱり憧れの二重になりたい!自力で二重まぶたになるには?

この記事のタイトルとURLをコピーする

一重まぶたをコンプレックスに感じている方は、多いんじゃないでしょうか。

なにせ美人とか可愛いと言われる芸能人は、ほとんどが二重まぶたですよね。二重のほうが目が大きくて、顔の印象が明るく華やかになるし、写真でも映えます。

「でも、一重は生まれつきだから」「二重になりたいけど、整形はしたくない」という方、諦めるのは早いかもしれませんよ!実際に、手術をしなくても自力で二重になったという経験談は少なくありません。ポイントはまぶたの厚みを薄くすること、そして二重の線のクセをつけることです。

ここでは、一重まぶたを自力で二重にするためにできることをご紹介します。

やっぱり二重になりたい!

一重と二重、どちらがいいか一概には言えません。しかし、多くの女性が「やっぱり出来るなら二重になりたい!」と感じているようです。一重まぶたや奥二重でも綺麗な方はいらっしゃいますが、なかなか希少な存在なのかもしれません。

一般的に、目がパッチリ大きい方が可愛らしい印象になります。まぶたの上に線があるだけで、あんなに顔全体の印象が変わるのが不思議ですよね。雑誌に載っているモデルさんも、二重じゃない方を探すのが難しいくらいです。やはり美しさを職業にする方が二重ばかりだと、自然と二重に憧れる女性が多くなるようです。

eye-825401_960_720

二重と一重まぶたの違い

アジア系民族である日本人は、元来一重まぶたが多い人種です。美容整形外科の医師曰く、日本人は一重の方が7割で、二重まぶたは3割程度といいます。けれど、最近は二重の方が多くなってきたように感じませんか? メイク技術が進んだことも一因でしょうが、そもそも一重まぶたと二重まぶたの根本的な違いとはなんでしょう。

一番の違いは「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」です。上眼瞼挙筋はまぶたを開くための筋肉ですが、上まぶたの皮膚付近に近づくにつれ枝分かれしていき、その枝分かれした部分の一部が瞼板(まばたきの際に使う組織)や皮膚に繋がっています。まぶたが開くとき、皮膚に繋がっている上眼瞼挙筋の枝分かれ部分が同時に引っ張られることにより、まぶたの上の皮膚が全体的に引っ張られ、シャッターを折りたたむように二重が形成されるのです。

一重まぶたの方の場合は、上眼検挙筋の分岐部分が皮膚に繋がっていないか、もしくは繋がっていたとしても、その癒着具合が二重の人に比べ弱かったり、まぶたの皮下脂肪が多かったりするために、まぶたの上の皮膚を持ち上げられず、二重にはならないというわけです。

二重は遺伝?自然に二重になる??

「両親とも二重なのに、私は一重なのはどうして?」または「両親とも一重だから私も一重。二重になるのは諦めるしかない」と悩む方がいらっしゃいます。遺伝といえば、メンデルの法則が有名ですよね。遺伝子には優性と劣性があり、優性の方が遺伝として表出しやすいといわれています。まぶたの場合、二重が優性です。とはいえ、両親とも二重でも遺伝子の形状や掛け合わせによってパターンがあり、必ずしも二重になるとは限りません。また、両親ともが一重でも、成長にしたがって二重になるケースもありえます。

まぶたの形は加齢によって変化しやすく、年齢を重ねるほど一重まぶたの割合は減っていくといわれます。その理由は、まぶたの皮下脂肪が減って、皮膚が薄くなることが挙げられます。

現在が一重まぶたでも、まぶたの脂肪が落ちて自然と二重になる可能性は充分あるということ!諦めるのは早いのです。

makeup-brush-1768790_960_720

自力で二重まぶたにすることのメリット

そんなに二重になりたいなら、美容整形すればいいのにという声がありそうですが、ことはそう簡単ではないのです。一重まぶたをコンプレックスに思っていても、整形してまで二重になりたくないという方は少なくありません。いくら費用が安くなったとはいえ、親からもらった顔に、むやみに注射やメスを入れるのに抵抗を感じるのでしょう。

それに整形の場合、のちのちのメンテナンスや他人に気づかれやすいというデメリットがあります。手術で無理やり二重にするので、不自然な二重になってしまう恐れもあります。その点、自力で二重にする方法だと後ろめたさはなくなりますし、少しずつ形状をクセづけていくため、より自然な二重になれます。メイクのたびにアイプチやメザイクを使う手間も省けます。久しぶりに会う友人知人にだって、堂々と会えるのが嬉しいですよね。

自力で二重まぶたにするには?

eye-1673681_960_720

自力で二重まぶたになるため、王道的に行なわれている方法についてご紹介します。

まぶたの脂肪を落とす

上記の通り二重まぶたになるには、シャッターみたいにまぶたを折りたためるようにならなくてはいけません。そのためには、まぶたの皮膚を薄くすることが必要不可欠です。

元々日本人はまぶたの脂肪が厚い人が多いですが、生まれつきだからと諦めないでください。まぶたも筋肉があるからには、鍛えることができるのです。また、まぶたのマッサージを行なうことで血行が良くなり、むくみをとることができます。

・目を意識的に見開くストレッチ

まぶたを持ち上げるよう意識して、目を見開く運動。目を見開いたら、眼球を左右上下に動かすと効果的。眉を動かさず、額に皺ができないよう気をつける。一日百回を目安に行う。

・むくみとりマッサージ

両眉の骨部分に人差し指、中指、薬指の三本を置き、外側に向けて円を描くようにマッサージする。次に目を閉じた状態で、中指を使い眼窩に沿ってなぞる。最後に目を開けたまま、目頭から目尻まで皮膚を軽く持ち上げるようにしながらなぞっていく。一日十回を目安に行なう。

※目の周りの皮膚は非常にデリケートです。マッサージはソフトタッチで行ないましょう。眼球に負担がかからないよう、ストレッチは様子を見ながら行なってください。

まぶたに二重の線をつける

アイプチやメザイクを使っている方なら、ご自分のまぶたの「二重になりやすい箇所」をご存知ですよね。むやみやたらに線をつけても、なかなか二重にはなれません。クセをつけるのは一定の場所にしてください。指でまぶたを押し込むのもいいですが、アイプチのプッシャーやヘアピンなど道具を使って二重の線をクセづける方が多いようです。

眼球や皮膚を傷つけないよう、状態を見ながら優しく行なってください。

時間をかけて二重まぶたに

せっかくストレッチやマッサージをするんだから早く二重になりたい、と願う方が大半でしょう。一重から二重になった方で、クセづけをするようにしてから、実際に二重になるまでの期間は千差万別です。短い方で三日、長い場合は年単位と個人差によるところが大きいのです。とはいえ、焦りは禁物。無理をしてかえってまぶたの皮膚がたるんだりしないよう、ご自分のまぶたは大切に扱いましょう。

現に「長い間、習慣でやっていたらいつの間にか二重になった」という方が多いので、自力で二重になるのは時間がかかるものと覚悟しておきましょう。まぶたの脂肪を落とすために、同時並行でダイエットをするのもオススメです。

pretty-woman-635258_960_720

まとめ

いかがでしたか?

自力で一重から二重まぶたになるためできることについてご紹介しました。

目の形はコンプレックスになりやすいですが、まぶたの厚みを薄くして二重の線を繰り返しつけることにより、後天的に二重になることは可能です。100%とはいえませんが、試してみる価値はあります。とはいえ、あなたが生まれ持った自然体の魅力は唯一無二のもの。なによりもその美しさを大切にしましょう。

そのうえで、二重になるためのマッサージやストレッチ、クセづけなどご自分をより好きになれる方法が実践できたら素敵ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yumo

yumo

この人が書いた記事  記事一覧

  • キーンとしみる痛みに!知覚過敏の方に適した歯磨き粉の選び方

  • 通うなら絶対ココ!良い歯医者の選び方12のポイント☆

  • 「すきっ歯を治したい!」すきっ歯を矯正するためのオススメ最新治療法とは!?

  • 「歯を白くしたい!」歯のホワイトニングについての基礎知識