1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 突然ほてって汗が出る!?更年期の症状として多いホットフラッシュの対処法

突然ほてって汗が出る!?更年期の症状として多いホットフラッシュの対処法

この記事のタイトルとURLをコピーする

更年期障害はなぜ起こる?

女性の体は非常にデリケートで、ホルモンバランスが乱れることで様々な症状を引き起こしやすくなります。例えば月経前に起こるPMSなども体内でホルモンのバランスが乱れることで様々な症状が起こるものです。

女性の体内で卵胞ホルモンと呼ばれているものにエストロゲンがありますが、これは加齢とともに減少していき、40歳を超えて更年期という期間に入ると、一気にその数を減らします。

エストロゲンが加齢によって減少すると脳の視床下部という部分で卵胞刺激ホルモンというものが出されてエストロゲンの生成を促そうとします。しかし、それでもエストロゲンは減少する一方なので、脳が視床下部が混乱して自律神経も乱れてしまい、更年期障害と呼ばれる様々な症状が出るのです。

今回は、そんな更年期の症状として多いホットフラッシュについて紹介します。

更年期の症状の一つ、ホットフラッシュとは?

顔のほてり、のぼせがひどい

ホットフラッシュのひとつの症状として、のぼせやほてりがあります。通常、のぼせたりほてったりするのは暑さを感じた時ですが、ホットフラッシュの場合はそのような環境は関係なく、なんの前触れもなくある時突然起こるのです。

カーッと頭に血が上ったように顔全体が熱くなり、それに伴って顔も赤くなります。症状がひどくなると、めまいを起こしてふらふらする場合もあるので注意が必要です。

大量の汗をかく

ホットフラッシュでは、顔が赤く、熱くなるのと同時に、大量の汗が出ます。汗を出したり抑えたりするのは本来自律神経でコントロールしています。しかしホルモンバランスが乱れて脳の視床下部が混乱すると、自律神経も乱れて混乱し、暴走してしまうのです。その結果、発汗のコントロールができなくなり、突然大量の汗が噴き出すように出てきてしまいます。

主に頭や首筋、胸や背中などに汗が出て、真冬でも真夏と同じくらい汗をびっしょりかくので、しっかり予防や対策法を準備をしておかなければなりません。

時と場所をに関係なく起こる

ホットフラッシュは、時と場所を選ばないので、電車に乗っている時にも、人と会っている時にも関係なくほてりを起こしたり大量に汗が出たりします。そのため、周りの人をギョッとさせてしまうこともあるかもしれません。

また、ホットフラッシュは、入眠時や就寝時に起こることも多いと言われています。そうなると眠れなくなって結果的に不眠や睡眠不足にもつながってさらなる体の不良を招くことになるでしょう。

ホットフラッシュの予防・対策

体温調整しやすい服装を心がける

更年期の症状が出始めたと感じたら、いつホットフラッシュが起こるのかわからないので、いつでも対処できるようにしておくことが大切です。

ホットフラッシュの対策としては、毎日の服装にも気を配るようにしましょう。具体的には、通気性のいい服を着るようにするといいでしょう。コットンなど吸水性が高く通気性がいい素材のものなら、ホットフラッシュによって体が熱を持っても、すぐに放出して冷ますことができます。

首筋を冷やす

ホットフラッシュは、自律神経の暴走によって起こるものなので、熱くなった部分を冷まして体を落ち着かせる必要があります。

そのために、日頃からウェットティッシュを持ち歩いたり、夏に使用するような汗拭きシートを持っているようにするといいでしょう。そして、ホットフラッシュが起こったと感じたら、すぐに取り出して首筋を吹きいて冷やせば、熱や汗は落ち着くはずです。

リラックス・リフレッシュ作用のある香りをハンカチにつけておく

意外に思われるかもしれませんが、香りは心身に大きな影響を与えます。そんな香りの力を借りて、ホットフラッシュを鎮めるのも効果的なので、アロマオイルや精油をハンカチなどにつけて持ち歩くといいでしょう。

心身を落ち着けるためには、リラックス作用のあるラベンダーやカモミール、ローズやオレンジスイート、イランイランなどを選びましょう。また、気持ちをリフレッシュさせるペパーミントやローズマリー、レモングラスやバジル、レモンなどのフレッシュさやスパイシーさのある香りが効果的です。

ただ、香りには禁忌事項もあり、使ってはいけない人などもいるので、精油などを使う場合はパッケージを確認してから使うようにしましゅ。

適度な運動

更年期の症状は、適度な運動をすることで改善することができます。外出中にホットフラッシュが起こった人は、軽いウォーキングをしてみるだけでも、改善できるでしょう。

また、サイクリングや水泳、水中ウォーキングなどを20分ほど行うことでも改善できますし、時間がない場合はヨガやストレッチをゆっくりと10分かけて行うだけでも気分が落ち着き、症状が落ち着くと言われています。

栄養を摂る

更年期の症状を改善するためには、しっかりと食事から栄養を摂ることも大切です。例えば、ホルモンバランスを整える作用のある亜鉛は積極的に摂取すべき成分とも言われており、不足すると女性ホルモンの働きが悪化して、月経の異常などを越してしまいます。

体に必要な成分とされながら、体内で作ることができないミネラルやビタミンなどは体を健康的に保つことも大切なので、積極的に摂取するようにするといいでしょう。

さらにおすすめなのが大豆イソフラボンで、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをするので、積極的に摂取することで更年期の様々な症状を緩和することができると言われています。

刺激のある食品は避ける

辛い食品が好きな人も多いかもしれませんが、刺激のある食品は、ホットフラッシュを誘発してしまうので、更年期の食事に取り入れるのはおすすめできません。

他にも、コーヒーに含まれるカフェインやアルコールを含むお酒も体にとって負担が大きいものなので、なるべく控えるようにしましょう。

サプリメントを摂る

食事から栄養を摂ろうと思っても、忙しくて自炊ができない人などは、毎日同じような食生活になりがちですし、そうなると摂取できる栄養素も偏ってしまいます。

バランスよく栄養を摂取したいという人は、不足しがちな栄養素をサプリメントで摂ることも大切です。例えば、ホルモンバランスや自律神経の働きを調整する作用のあるプラセンタはホットフラッシュの緩和に役立つと言われています。

クリニックで施術を受ける

食生活を工夫したりして更年期の症状を緩和しようと思っても、なかなか改善されないということもあるでしょう。そのような場合には、クリニックの婦人科などを受診してみてください。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、更年期に不足してしまうエストロゲンを補うことで、ホルモンバランスを安定させ、更年期の症状を抑えることができます。

基本的には閉経が近いか、閉経した後に使われる施術法です。

漢方薬の処方

閉経を迎えておらず、まだ女性ホルモンの分泌がある人には、ホルモン補充療法よりも漢方薬の処方をされることが多いようです。

漢方は体にいい上に天然の植物を使用しているので、副作用も少ないという利点があります。

まとめ

いかがですか?更年期に現れる症状は、身体的にも精神的にも負担となるものです。ホットフラッシュもなってみないとわからないものですが、悩んでいる人も多いと言われています。

しっかりと予防や対策を行って症状を緩和し、更年期を迎えても健康的に過ごせるようにケアしていきましょう。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!