1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 手軽に食べれて栄養補給も叶う!アンチエイジングに効果的なフルーツとは?

手軽に食べれて栄養補給も叶う!アンチエイジングに効果的なフルーツとは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

アンチエイジングのためには、何をしたらいい?

年齢とともに、人間の体というのはどんどん衰えていってしまうので、なんらかのケアをしなければ、老化が促進してしまいます。

老化を防ぐためには、アンチエイジングをするのが効果的ですが、アンチエイジングという言葉は知っていても、具体的にはどのようなことをすればいいのかわからないということもありますよね。

適切なアンチエイジングをすることで、年齢に応じて若々しい肌を保っていくことができるので、きちんとしたケア方法を知っておくことが大切です

アンチエイジングに大切なのはこの3つ!

運動

毎日毎日、家と職場の往復ばかりだという人は、運動不足を感じているのではないでしょうか。運動不足だと、筋力が低下して、代謝が落ちます。代謝が落ちると、肌のターンオーバーも正常に働かなくなり、肌トラブルができやすく、改善しにくくなってしまいます。

また、肌だけでなく、運動不足で筋力が落ちると、体の血行も悪くなり、冷え性や肩こりを起こしやすくなったり、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性も高まります。

スキンケア

女性であれば、体の老化はもちろん、肌の老化も防ぎたいですよね。加齢とともに、肌の潤いやハリ・弾力を保つための成分が生成されなくなり、数が減少してしまいます。肌の潤い成分が減少すると、肌は薄くなり、バリア機能が低下して肌が敏感になり、乾燥しやすくなります。そのような状態では、シミやシワなどの肌悩みが増えやすくなるので、しっかりスキンケアをすることが何よりも大切です。

肌のエイジングケアは、なるべく早めからやっておくのに越したことはなく、30代を過ぎたら肌のトラブルが増え始めるので、このくらいの時期からケアを始めるようにしましょう。

食事

運動やスキンケアで体や肌の状態を整えることでエイジングケアをするのも大切ですが、体をスムーズに働かせるための栄養素を補うには、食べるものも非常に重要です。

体は活性酸素が増えすぎることで酸化したり、血糖値の上がりやすい食品を食べることで糖化を促進しやすくなり、いずれも体の老化を進めてしまいます。

健康的で美しい体を保つためには、偏った食事は避け、栄養バランスの取れた食品を積極的に食べていくことが大切です。

おすすめはフルーツ

いつも自炊をして、栄養バランスを取るように気をつけている人も、毎日栄養バランスを考えて料理を作るのは大変ですよね。献立を考えるだけでも大変なのに、調理しなければならないとなると、忙しく働いている人や家事にてんてこ舞いな主婦の人も嫌になってしまいますよね。

そんな時は、手軽に食べられるフルーツを積極的に摂取してみるのがおすすめです。フルーツは野菜に比べて苦手な人も食べやすいでしょう。

アンチエイジングに欠かせないフルーツ

クランベリー

真紅の実が特徴的なクランベリーは、ジュースやパンケーキに使われることの多い果実です。

クランベリーには抗酸化作用のあるカロテノイドやアントシアニンなどの成分が豊富に含まれており、体を酸化から守ってくれる働きがあります。

また、カルシウムやポタジウム、リンやマグネシウム、鉄などのミネラルを含んでいるので、体に不足しがちな栄養をしっかり補うことができるのも大きなメリットです。

ブドウ

秋の実りであるブドウも、体にとってもいいフルーツです。よく、「赤ワインはアンチエイジングに効果的」と言われますが、これはブドウの作用によるもので、赤ワインでなくても、ブドウジュースなどでも同様の作用が得られます。

ブドウの皮には、レスベラトロールという成分が含まれており、これは見た目の老化を防止したり、細胞の老化を防ぎ、病気の予防にも役立ちます。

まt、肥満や心血管系の病気、肌の炎症などにも効果的なので、健康的な体を保つためにはぜひ食べておきたいフルーツです。

ザクロ

ザクロの美容効果は古くから注目されており、世界三大美女に数えられる楊貴妃やクレオパトラもこのんで食べていたと言われています。

ザクロには酸化防止に効果的なポリフェノールや、リンや鉄分、マグネシウムなどのミネラル、またビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどのビタミン類も豊富です。

栄養豊富なザクロを食べることで皮膚細胞を健康的にしたり、心血管疾患やがん、貧血や尿酸を防止するなど、美容や健康面に多大な作用をもたらします。

パパイヤ

パパイヤは、日本ではあまり見ることのないフルーツですが、ビタミンA、B群、C、Eや、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンカリウムが豊富に含まれています。

特に、抗酸化作用の高いと言われるビタミンAの量がずば抜けていて、りんごの30倍とも言われています。さらに、イソチオシアネートという酵素を持ち、デトックス作用はフルーツの中でもトップクラスです。

アボカド

アボカドは森のバターとも言われ、濃厚な味わいが女性を中心に人気があります。アボカドはサラダなどに入れられることも多く、野菜の一種だと考えている人も多いと思いますが、木にできるものなのでれっきとした果物なのです。スーパーに行っても、果物コーナーに置かれているはずです。

アボカドには、植物性のタンパク質や良質な脂質を多く含むので、体や肌を健康的に美しく保つために有効です。

りんご

日本人にも馴染みの深いりんごは、ポリフェノールが豊富で、抗酸化作用の高い果物です。

体内で発生した悪玉コレステロールは、体内で増えた活性酸素の影響を受けて酸化すると血管にくっつき、血管の幅を狭めるので、放っておくと動脈硬化を引き起こします。

りんごの持つプロシアニジンというポリフェノールは、悪玉コレステロールや脂質が血管にくっつくのを抑制するので動脈硬化を予防し、結果として心筋梗塞や脳梗塞も防ぐことができるのです。

いちご

女性が大好きないちごは、パフェやクレープの主役となることも多く、様々な場面で活躍するフルーツです。いちごには、美肌ビタミンと言われるビタミンCが豊富に含まれており、7〜8個食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。

フルーツの効果的な食べ方

夜よりも朝がおすすめ

果物は体にいいものが多いですが、ただ食べるのではなく、肌や体のためには食べる時間にも気をつける必要があります。

フルーツを食べるのにおすすめなのは朝で、体に溜まった毒素や老廃物を除去するために体が動いている時間なので、そのタイミングでフルーツを食べることで、そのようなデトックス作用を補助することができます。

また、朝に抗酸化作用の高いフルーツを摂取しておけば、日中に浴びる紫外線によって増えやすい活性酸素を抑えたり、ダメージを防ぐことができるんです。

しかし、夜に食べてしまうと、糖分が多い果物はエネルギーとして使用されにくく、脂肪に変わってしまうので控えましょう。

生のままで食べる

フルーツは、加熱してジャムなどにして食べることもあるかもしれませんが、なるべく生のままの状態で食べるようにした方がいいでしょう。

というのも、フルーツに含まれる酵素などは加熱して48度以上になると壊れてしまうので、体に栄養が十分に届かなくなってしまいます。

また、ジュースにする際にも注意が必要で、ジューサーの刃が高速回転する際に熱が発生しやすいので、ジューサーにかけるよりは、コールドプレスなどで低温で圧力をかけて果汁を絞った方がいいでしょう。

まとめ

いかがですか?フルーツは、手軽に食べれる上に、効率的に栄養を補うことができ、抗酸化作用などの老化防止に働く成分も豊富なものが多いので、エイジングケアにはもってこいの食材なんです。フルーツを毎朝食べるようにして、衰えを知らない健康的で美しい素肌を目指しましょう!



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!