1. TOP
  2. 美容
  3. もうアイプチなんていらない!くっきりとした二重まぶたを手に入れる「二重整形」の疑問を解決!

もうアイプチなんていらない!くっきりとした二重まぶたを手に入れる「二重整形」の疑問を解決!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ずっとくっきり二重になりたい!という思いを抱いてきた人の中には、二重まぶたにするための整形手術を考えている方もいらっしゃることでしょう。思い切って手術したいという思いは強いけれど、「理想の二重まぶたになれるかしら?」「失敗したらどうしよう…」という不安も同時に抱えているのではないでしょうか?

そこで、二重まぶたの整形手術をじっくりと検討していただくために、その種類とメリットデメリット、失敗の可能性などについて詳しくご紹介します。

ご自身が望む二重まぶたにするためにはどんな手術がよいのか、安心して手術を受けるためにはどうしたらよいのかなどを含め、十分に検討の上決断していただければと思います。

 
手術をせずに二重にしたい方は、こちらの記事をご覧ください。
手術をせずにまぶたが二重なる方法?自宅で簡単に二重をゲット!
 

■二重整形手術にはどんな種類があるの?その特徴は?

二重整形手術には、2種類の方法「埋没法」と「切開法」があり、それぞれ効果が異なりリスクも違います。

 

★埋没法

<特徴とリスク>
簡易的に施術可能な方法なため、痛み、腫れなどのリスクは少ない方法です。そのため、人気がある手法といえますが、糸で止めるだけなので、取れやすいというデメリットがあります。2点どめ、3点どめなどがありますが、これは結び目の数をいくつ作るかという意味を表しています。

<手術のしくみ>
埋没法は、糸をまぶたに通して二重まぶたをつくる手法で、いわゆるプチ整形として知られています。比較的短時間の手術で満足できる二重を手に入れることができるのが特徴。目を開けるときには筋肉が動きますが、その筋肉と皮膚を糸で連結することにより、目を開けるタイミングで糸に皮膚が引っ張られる仕組みで二重になります。

<手術の方法と痛み>
皮膚に開けた1mmほどの穴から糸を埋め込みます。その時間はおおよそ10分から20分程度。非常に短時間で完了するので負担が少ない二重整形手術といえるでしょう。気になる痛みは、手術中は麻酔をするためチクチク感じる人もいるようですが、我慢できる程度。術後は麻酔が切れるので軽度の痛みがありますが、鎮痛剤が処方されるので徐々に落ち着きます。

<術後の腫れ>
埋没法は比較的負担の少ない手法ではありますが、まったく腫れや内出血がないわけではありません。とはいえ、2点止め(糸を2ヶ所に止める方法)で行えば、できるだけ腫れなどが少ない方法で行うことが可能です。しかし、部分切開法や全切開法に比べて取れやすいというデメリットがあることを理解しておきましょう。

また、取れにくく持ちを良くする方法として結び目を増やしてしっかりと止めることがありますが、結び目が増えるほど、腫れが出やすくなります。取れにくくするために、この結び目を増やす方法を勧めるクリニックも多いですが、2点で十分というところもあるので、よく医師の話を聞いて選択するようにしてくだい。

また、糸を増やすという手法で行うこともできますが、取れにくくなるという保証はないので、本数に関しても医師から十分な説明を受けてから決めるようにしましょう。

ちなみに、腫れが出る期間は、スタンダードな埋没法であれば2日~4日、持ちをよくした埋没法であれば5日~7日と長くなります。

<術後の完成度>
しばらくの間、むくみなどがどうしても残ってしまうため、1ヶ月ほどかけて二重が完成していくことになります。基本的には傷痕はいずれ消えるでしょう。また、糸の結び目がまぶたに膨らみとなって現れたり、糸を埋め込んだ穴が凹んでいたりすることがありますが、このような症状が治まるまでには約半年かかるといわれており、中には改善されないケースもあります。どうしても気になるような状態の場合は担当医に相談し、場合によっては再手術などを検討することもあります。

<費用>
目安は15,000円~130,000円とクリニックによって開きがありますが、相場は10万円前後。カウンセリングの際に、費用についても詳しく確認しましょう。
 

 

★切開法

<特徴とリスク>
埋没法よりも取れにくい二重まぶたをつくることができるのが切開法で、埋没法のように元に戻ってしまうことは基本的にありません。逆にいえば、元のまぶたに戻したくなったとしても戻すことはできないといえます。埋没法を行っても何度も取れてしまう方は、切開法を検討されてみてはいかがでしょうか。また、術後の腫れ、内出血などが長く続くというデメリットがありますので、手術前にしっかり医師から説明を受けることが大切です。

切開法には、部分切開法と全切開法があり、前者はまぶたが腫れぼったくない人に向いており、後者は腫れぼったい人に向いています。傷が小さいとダウンタイムは短いですが二重のラインが緩む可能性が高くなるというデメリットがあります。一方、傷が大きいとダウンタイムが長くなるというデメリットがありますが、より太く美しい二重をつくることができるというメリットがあります。

<手術のしくみ>
瞼を切開して二重のしくみを瞼の中でつくり、眼瞼拳筋の枝を癒着させることで二重にする手術です。手術の際、癒着させるための内部組織の処理をきちんと行う必要があるため、経験豊富な医師のほうが、リスクが少ないといえます。万が一、未熟な医師が誤って眼瞼拳筋を切ってしまった場合は、最悪目の開きが悪くなることも…。

<手術の方法と痛み>
部分切開法で行う場合は1~2cm切開しますが、全切開法の場合は3~4cm切開します。部分切開では二重のラインをつくり脂肪を取ることができるというメリットが。全切開ではそれに加えて余分な皮膚のたるみを取り、黒目を大きく見せることができるなど、その他のメリットもあります。時間は60分ほど。術後の痛みは、少しジンジンと感じられるようですが、痛み止めが処方されるので我慢できる程度に調整可能です。また、手術から5日目に抜糸を行います。

<術後の腫れ>
切開法は埋没法よりもダウンタイムが長くなります。部分切開の場合は1週間ほど、全切開では1~2週間ほど強く腫れる可能性が高く、その後少しずつ引いていき、1ヶ月すれば自然な感じに落ち着きます。内出血は、2週間程度で完全になくなることがほとんどです。

<術後の完成度>
傷は部分切開が1cm程度、全切開が2.5cm~3cmとなり、部分切開の方が傷が気になってしまうことがありますが、ほとんどが二重のラインと同化するため約3ヶ月で目立たなくなります。

<費用>
部分切開は20万円前後、全切開は30万円前後が相場となっています。

 

■二重手術は安心安全なの?

熟練の医師が行うことで、失敗を最小限に抑えることができますが、若干のリスクは伴います。

・二重のラインが左右で差が出てしまう。
・目の開き具合が悪くなってしまう。
・まぶたの感覚が鈍くなることがあるが、おおかたは回復する。
・埋没法の場合、二重が取れてしまうリスクがある。
・部分切開法も全切開法よりは取れるリスクがあり、全切開法も100%保証されているわけではない。
・手術の際、脂肪を取り過ぎて目の上にくぼみができることがある。

手術の方法によってもリスクの項目や程度は異なります。そのため、これらのリスクについて担当医からしっかりと説明を受け、納得したうえで手術を決断されるとよいでしょう。

 

■安心・安全に二重整形手術を受けるために…

二重整形手術を安心・安全に受けるためには、クリニック選びを慎重に行うことが必要です。費用が安いからという理由だけでクリニックを選ばないことがポイントですね。医師の経験はどのくらいか?クリニック全体の施術実績はどのくらいか?きちんと説明をしてくれる医師かどうか?など、複数のクリニックでカウンセリングを受け、ご自身の目で判断することが大切です。

また、どの方法で手術をするのかも慎重に決定するようにしてください。まぶたの厚みによってもおすすめの術法が異なる場合があります。ただ、むやみに多くの結び目をつくる方法や糸を増やす方法を提案するところは注意が必要!費用を高くするだけの目的ですすめているケースも中にはあるようですので、悪質なクリニックか信頼できるクリニックかどうかを見極めるためにも、冷静に判断するようにしましょう。
 

 
アンチエイジングの整形に関する情報はこちらにも書いてあります。
ケアに限界を感じたら試したい!アンチエイジングの整形ってどんなもの?
 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kyouka

kyouka

いくつになっても健康で若々しくありたい!と願うアラフィフ女子。『健康』『美肌』『アンチエイジング』など、興味を持ったことには納得するまで取り組むタイプです。美容ライターとして10年間で得たさまざまな情報を皆様にわかりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考になさってください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 痩身エステで楽して痩せる!~努力なしで痩せたい人へ~

  • とにかく即効で痩せたいときの『1週間♡ 健康ダイエット法』を教えます!

  • その飲み方、間違っていませんか?~ダイエットサプリの効果を最大限に発揮する方法~

  • タイプ別「脚やせに効果的なダイエット法」を大公開!