1. TOP
  2. いつまでも美しくいるために!女性の更年期障害の3つの症状と対策法とは?

いつまでも美しくいるために!女性の更年期障害の3つの症状と対策法とは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

加齢とともに不調が続くこと、ありませんか?

年齢を重ねてくると、なんだか体の調子が悪い、と思うことってありませんか?不調を感じると気分も落ち込んでしまいますし、どうしたら治るのかもわからず、ただもやもやしてしまいますよね。

40代を過ぎてから疲れが溜まりやすかったり、なんだが元気が出ないというような場合には、更年期の影響によるものかもしれません。

そもそも更年期って何?

「更年期」や「更年期障害」という言葉を知っていても、具体的にはどのようなものなのか、実際に迎えるまで知らないという人も多いでしょう。

女性は思春期の頃から月経が始まりますが、これが完全に終了することを「閉経」と呼びます。閉経はだいたい50歳ほどで迎えると言われていますが、閉経が近づくと卵巣の働きが低下してしまうのです。

さらに、女性ホルモンの一つであるエストロゲンというホルモンも減少し始め、老化が進行していきます。閉経前後の時期が更年期と呼ばれ、体の中の状態が大きく変わるので、様々な影響が出てきてしまうというわけなのです。

更年期の症状で悩む人もいる

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減ることで、身体的にも精神的にも影響が出てきます。ひどい場合には生活にも支障をきたすこともあり、「更年期障害」と呼ばれることもあります。

更年期障害の症状が重いか軽いかは人それぞれ違いますが、適度にケアしていかないとさらに悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

自律神経失調症

通常、女性の体では脳の視床下部から出るホルモンが卵巣を刺激することでエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌を促します。

しかし、加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、十分にエストロゲンが作られなくなります。指令を出しているのにエストロゲンが増えないと感じた視床下部は、さらに分泌を促しますが、それでも増えずに混乱状態に陥ってしまいます。

その結果、同じ視床下部が司る自律神経も乱れ、様々な影響が出てしまうのです。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは、突然上半身や顔などがほてったりのぼせたりしてしまうことのです。急に温度が上がることで、汗が大量に分泌されたり、おさまった後は急激に体が冷えたりするので注意しなければなりません。

このホットフラッシュと呼ばれる現象は、閉経した女性の実に40〜80%に認められており、更年期障害のひとつとされています。

もしこのような症状が出てしまった場合には、無理をせずに少し横になるなど、一旦体を休めるようにすることが大切です。

めまい・立ちくらみ

自律神経失調症は、めまいや立ちくらみも引き起こします。エストロゲンが分泌されないことで混乱した脳の視床下部は、自律神経も整えることができなくなり、血管運動の機能にも支障をきたしてしまいます。

その結果、めまいや立ちくらみが起きやすくなったり、耳鳴りがすることもあり、血圧も不安定になるので注意が必要です。

頭痛・肩こり

エストロゲンが分泌されないことによる視床下部の混乱で血管機能が乱れると、脳への血液にの供給がうまくできなくなり、結果的に貧血状態になった頭が痛むのです。また、血行が悪くなることで肩こりなども引き起こしやすくなります。

この場合は、血行を促進してあげなければならないので、適度な運動やストレッチなどで筋肉をほぐし、血流をよくすることを心がけましょう。

また、筋肉が冷えることでも筋肉が緊張して血行が悪くなるので、体を冷やさないようにすることも大切です。

不眠

更年期になると、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンだけでなく、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンというホルモンも減少します。

黄体ホルモンの量が低下すると眠くなりにくくなるため、不眠につながってしまうのです。また、黄体ホルモンの影響出なくても、更年期障害によってホットフラッシュが起きたり、ストレスが溜まりやすくなったり、不安を感じることでも眠れなくなってしまいます。

精神的な症状

更年期に起こる症状としては、身体的に負担となることばかりではありません。

エストロゲンの分泌量低下によって脳の視床下部が混乱すると、自律神経も乱れることにため、精神を穏やかに保つことが難しくなり、様々な精神的な症状も出てしまいます。

わけもなくイライラする

女性の体は妊娠していない状態であれば、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが交互に優位に立って成り立っています。

エストロゲンは気持ちを穏やかにする作用があるので、エストロゲンが優位である生理開始後からは気分が落ち着いてきますが、排卵後から始まる黄体期と呼ばれる期間にはプロゲステロンの方が優位になるため、イライラしやすくなったりします。これは一般的にPMSと呼ばれる症状のひとつでもあります。

更年期になると、気持ちを穏やかに晴れやかに保つためのエストロゲンが徐々に減ってくるため、イライラしやすくなってしまうのです。ひどいと人間関係などにも影響してしまうので、自分なりのリフレッシュ法を見つけて、気分転換するようにしましょう。

集中力・記憶力の低下

更年期になってエストロゲンの分泌量が減少すると、体内のホルモンのバランスが乱れてしまうため、自律神経のバランスも乱れ、精神的に不安定になります。その結果、集中力や記憶力が低下してしまうとも言われています。

軽度であればさほど気にすることはありませんが、仕事や日常生活などに支障が出るほどになったら、病院に行ってホルモン補充療法などを受けた方がいいかもしれません。

その他の症状

更年期障害は主に、女性ホルモンの分泌不足により自律神経やホルモンのバランスが乱れることによって起こります。そしてその影響は体内の様々な期間にも及ぶので、注意が必要です。

すでに紹介した症状以外にも、腰痛や腹痛、むくみやしびれ、吐き気や便秘、かゆみや湿疹、乾燥などから、ひどい場合は頻尿や排尿障害、性交痛などにも引き起こすことがあります。

更年期障害の予防と対策

更年期は女性であれば避けることができないため、更年期障害も完全に防ぐことは難しいかもしれません。しかし、重度になると周りの人にも迷惑をかけてしまうこともありますし、何より自分の罪悪感も増えてしまいます。

そのため、更年期障害が気になり始めたら、家族などに協力をしてもらいながら、自分の負担とならないようにケアしていくことが大切です。

ストレスをためないようにリフレッシュ

更年期障害によるイライラや不安感は、続いていくと家族に当たり散らすなど、人間関係や日常生活にも支障をきたしてしまいます。

このような精神的な症状を緩和するためには、適度にリフレッシュしてうまくイライラや不安を切り替えることが大切です。

そのためには、適度な運動も効果的ですし、何か趣味がある人は、没頭してみてもいいでしょう。自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて、イライラ解消に努めましょう。

婦人科に相談

更年期障害は厄介なもので、軽度のものならまだいいのですが、生活に支障をきたすほどになると、なかなか自分ではどうにもならないこともあるでしょう。

そのような場合には我慢せずに婦人科などを受診して、鎮痛剤や漢方薬、抗うつ剤や抗不安剤などを処方してもらうようにしましょう。

若年性更年期障害もある

更年期障害は、基本的には閉経が近くなる更年期に起こる場合がほとんどです。

しかし、最近では仕事上のストレスなどの増加で、20〜30代の女性にも起こる若年性更年期障害と呼ばれるものもあります。

仕事に一生懸命な女性ほどなりやすいと言われているので、疲れやストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

まとめ

いかがですか?女性が必ず通る更年期という期間は、特に何の支障もなく通り過ぎる人もいれば、更年期障害に悩まされる人も多くいます。

「これが更年期障害かな……」ともし気づいたら、早めに対処して症状を悪化させないように気をつけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!