1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 若いからって油断してない?女性の脱毛は10代から起こることもあるんです!

若いからって油断してない?女性の脱毛は10代から起こることもあるんです!

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性も薄毛になる!?

年齢とともに髪が薄くなってくる「薄毛」ですが、これは男性のものだと考えていませんか?もし、「私は女性だから、多分大丈夫でしょ」なんて思っているようなら、注意が必要です。

男性は確かに男性ホルモンの働きや遺伝によって加齢とともに薄毛になりやすいと言われていますが、女性にも女性の脱毛症というものはあります。

女性の薄毛は、女性ホルモンが減少する更年期に起こりやすいと言われていますが、実は今、女性の若年性脱毛症というのも不安視されているのです。

若い女性でも薄毛になる!

体内の女性ホルモンは、毛髪を育てるために作用するので、女性ホルモンがしっかり分泌されていれば薄毛になる可能性は低いと言えます。

しかし、更年期を迎えた女性は女性ホルモンが減り始めるので、徐々に薄毛が進行しやすくなってしまいます。

更年期の女性の薄毛は女性ホルモンによるものですが、実は最近では、10〜20代の頃から薄毛になる人も増えてきているのです。そして、更年期の薄毛と違い、若いうちから薄毛になってしまう人は、女性ホルモンの減少が原因ではありません。

ヘアサイクルが乱れる

若い女性の脱毛症は、髪にダメージが加わったり、過度なストレスがかかることによって起こるヘアサイクルの異常が原因となって起こります。

若いのに最近髪が薄くなってきた?と感じているなら、日頃の生活習慣を振り返って、髪によくないことをしていないかどうかをしっかり振り返ることが大切です。

若い女性の薄毛の原因

生活習慣の乱れ

あまり自炊をせず、外食をしたり、ファーストフード店で食事を済ませたり、コンビニで買って帰って食べたりという食生活になっている人も多いのではないでしょうか。

実家にいれば親が栄養バランスを考えた料理を作ってくれるでしょうが、学生の人や社会人になった人の中には上京して一人暮らしをしている人も多いと思います。忙しいとなかなか自分で料理を作ることができないかもしれませんが、偏った食生活が続くと、髪の成長に必要となる栄養が摂れないので、髪が育たなくなってしまうので注意が必要です。

また、身体中の細胞は寝ている間に細胞分裂を繰り返して成長していくので、十分な睡眠時間がとれていないと、それも髪の成長を阻害してしまいます。

過度なダイエットには要注意

女性にとって、綺麗でいたいと思うことはとても大切です。しかし、度を超えたダイエットなどをしてしまうと、体にとって悪影響となってしまうので気をつけなければなりません。

カロリーの高いものを避ける程度ならまだしも、ほとんどまともな食事を取らずにダイエットをすると、髪の成長に必要となる栄養素を十分に摂取することができなくなるので、髪はどんどん痩せて細くなっていってしまいます。

食生活が乱れると、ホルモンバランスにも影響を及ぼし、様々な体調不良を引き起こす危険性があるので、注意が必要です。

ストレス

ストレスは、溜め込み過ぎるとろくなことがない厄介なものです。毎日仕事が忙しい人などは、気づかぬうちにどんどんストレスがたまってしまうかもしれません。また、あまり自分の意見や悩みを人に言えない人も、うちうちに溜め込んだ悩みがストレスとなって次第に体に害となってしまうでしょう。

ストレスがたまると、まず自律神経が乱れて、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、常時交感神経が優位な状態になります。交感神経優位な状態が続くと、血管が興奮して血流が悪化し、髪に栄養素が行き届かなくなり、髪の成長が阻まれてしまうのです。

上手に発散することが大切

ストレスをため込まないためには、上手にストレスを解消することが何よりも大切です。ストレスが溜まりすぎると不眠などにもつながってしまうので、いいことはありません。

ストレス解消のためには適度な運動をしたり、趣味に没頭する時間を作ったりして、リフレッシュするといいでしょう。

ある程度たまってからでは解消の前に体調を崩してしまうこともあるかもしれないので、定期的にリフレッシュの時間を設けるようにしてみましょう。

パーマやカラーリングを頻繁に行う

女性ならオシャレにも気を使いたいですし、よく髪の色を染めているという人も多いのではないでしょうか。また、ふんわりヘアにするためにパーマを頻繁にかけることもありますよね。

しかし、自分をキレイにするために行うこれらの施術は、どちらも髪に大きな負担をかけるものです。パーマやカラーリングに使用する薬剤は強力なもので、髪にダメージを与えるので、髪の成長を阻害して、薄毛を引き起こしやすくしてしまいます。

また、自宅でのヘアセットでのヘアスタイリング剤の使いすぎも同様の影響をもたらします。

オシャレ好きな人は要注意

美しくなりたいという気持ちは大切なものですが、何ごともやりすぎはよくありません。ヘアスタイルを変えると気分も一新できますが、頻繁にやりすぎるのはおすすめできません。

イメージを変えたいなら、ヘアスタイルを変えてしまうなどでも十分印象は変わるので、たまには髪に何もしない休息期間を設けることも大切です。

また、カラーリングやパーマ以外にも、ポニーテールなどで髪をよく結ぶという人は、牽引性脱毛症という髪が引っ張られることによる脱毛が起こりやすくなってしまうので、同じヘアスタイルを毎日繰り返さないように注意しましょう。

もしも薄毛になってしまったら

育毛剤を買う

薄毛が気になってきたら、育毛剤を使うのも一つの手です。育毛剤を使うのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、育毛のために必要な成分が含まれていることもあるので、薄毛を改善したいならぜひ使うことをおすすめします。

生活習慣を改善して抜け毛を抑えることができても、新たに増やすのは生活習慣だけでは難しいので、育毛剤を使って効率的に育毛した方がいいでしょう。

女性用のものを使う

育毛剤を使おうと思っても、注意しなければならないのが商品選びです。育毛剤といえば男性が使うものがメジャーですから、男性用のものを選びそうになりますが、それは絶対にやめてください。

育毛剤には、きちんと女性用のものもあるので、女性が使うならそちらを選びましょう。というのも、男性と女性では脱毛のメカニズムが違うので、男性用のものを使っても女性には効果がなかったり、悪影響になってしまったりすることがあるからです。

弱酸性のシャンプーを使う

通常のシャンプーは、髪の汚れを落とすために、強力な界面活性剤などが含まれています。生活習慣の乱れやストレス、カラーリングなどで使う薬剤で髪が弱っていると、そのような強力な成分は髪にとって大きなダメージとなってしまう可能性があります。

そのため、薄毛が気になる場合は、髪に優しい弱酸性のアミノ酸を洗浄剤として配合したシャンプーを使った方がいいでしょう。

頭皮マッサージ

髪には、身体中の血管を通って栄養素が届けられるわけですが、血行不良などを起こすと、髪への栄養補給が滞って、髪が健康的に育たなくなってしまいます。

結構不良が薄毛につながってしまうことも十分あり得るので、薄毛が気になってきたら、頭皮全体をマッサージして、血行を促進するようにケアしていくことが大切です。

頭皮マッサージになかなか時間が取れないという人は、シャンプーをしている時などに一緒にやってしまえば合理的に頭皮ケアができます。

専門のクリニックに行く

自分で薄毛のケアを色々やってみたけれど、なかなか改善しないし、それが原因となって一層ストレスが溜まってしまいそう……と考えている人は、心身や髪にも悪影響となってしまうので、プロに任せてしまうのも一つの手段です。

女性の薄毛の専門クリニックでは、より精密に髪や頭皮の状態をチェックしてもらえますし、どのようなケアをしていけばいいのかアドバイスしてもらえるので、薄毛の改善には大いに役立つでしょう。

まとめ

いかがですか?女性の脱毛は、何も更年期を迎えてからの悩みというわけではありません。若い女性でもなりうる可能性は十分にあるので、普段の生活を見直すとともに、薄くなってきたかな?と感じたらすぐに対処することが大切です。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!