1. TOP
  2. しわ
  3. ケアに限界を感じたら試したい!アンチエイジングの整形ってどんなもの?

ケアに限界を感じたら試したい!アンチエイジングの整形ってどんなもの?

この記事のタイトルとURLをコピーする

エイジングケアをしても、効果がない……

加齢とともに、シワやシミが気になってくる人も多いと思いますが、毎日のケア、どうしていますか?

きちんと保湿をして、紫外線対策もして、これでもかと言うほどきちんとエイジングケアをしているはずなのに、肌はきれいになるどころか衰えていくばかり……そんな風に感じている人もいるでしょう。

そのような場合には、最終手段として、美容クリニックでエイジングケアの整形施術を受けてみると、悩みも解決できるかもしれません。

美容整形の方法はいろいろ

美容整形と言うと、顔をきれいにするためにメスを入れたりするものを思い浮かべ、自分の顔に傷をつけるのは……と抵抗がある人も多いかもしれません。

もちろん、美容のための整形には、そのように自分の顔を変えるために行うものもあります。しかし、エイジングケアの整形の場合は、メスを入れなくてもできるものがあるので、自分に合ったものがないかどうか、まずはチェックしてから決めるといいでしょう。

注射

メスを入れて体を傷つけてまで行う美容整形に抵抗がある人は、体に傷をつけることなくできる注射を使った美容整形がおすすめです。安全な施術を受けたいという人は、こちらの方法を選ぶようにしましょう。

注射による美容整形は、体の中に美容に効果的な成分を注射で注入するものなので、メスを使って体を切り開いて行うものより時間をかけずにできる点も大きなメリットです。

シワ取りボトックス

ボトックスは、美容整形でよく使用されている方法で、ボツリヌス菌が出す毒素を精製したものを体内に注入する施術方法です。

ボツリヌス菌は、有毒な成分で、摂りすぎると死に至ることもあると言われていますが、ボトックスの施術で行うのは致死量の100分の1ほどとされているので、医師が行ってくれる美容クリニックでの施術ではさほど心配する必要はありません。

ボツリヌス菌は、筋肉を萎縮させる作用があるので、ふくらはぎやせや、顔のシワ取り、小顔にしたいときなどに効果的な施術法です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、もともと人間の体内に存在している成分で、肌の真皮にあって水分を保つ役割をしています。しかし、加齢とともにどんどん減少してしまうので、肌の乾燥を招きやすくなってしまうのです。

美容クリニックで行うヒアルロン酸注入の施術は、肌に直接注射でヒアルロン酸を補うことで、ほうれい線やおでこのシワなどを伸ばし、目立たなくすることができます。

また、ヒアルロン酸を補うことで、加齢で失われがちな水分を保つことができるようになるので、保湿力もぐっと高くなります。

脂肪注入

脂肪注入は、ヒアルロン酸と同じように、顔などに脂肪を補うことで、しぼんでしまった肌をふっくらとさせ、若々しい肌にするための施術法です。

注入する脂肪は、体の他の部分から、余分なものを持ってくるので、脂肪が多いところは脂肪を減らすことができ、足りないところに補うことができるので一石二鳥の作用があります。

脂肪を取り出す際も注射を使って行うので、メスを使うこともありませんし、自分の体の中の成分をそのまま使うので、副作用が出る心配もありません。

リフトアップ

ヒアルロン酸や脂肪を補うだけではなく、内側からシワを引っ張って改善したいという場合には、皮膚組織などを針や糸を使って引っ張り上げるリフトアップという方法がおすすめです。リフトアップも整形施術の中ではメジャーなもので、行っている人も多くいます。

しかし、リフトアップはメスを使って行う場合もあるので、少なからず体に傷をつけることになります。体の傷は特に気にしないから、効果的な施術を受けたいという人は受けてみるといいでしょう。

気をつけるべきこと

アンチエイジングのために美容クリニックで施術を受けるのは、非常に効果的な方法で、施術をしたその日からはっきりと作用を実感することができます。

一見すると魅力たっぷりのように見えますが、医療の施術であり、外から成分を注入したり、施術法によっては体にメスを入れることもあります。そのため、気をつけなければならない点もいくつかあるので、しっかり確認してから施術を受けることが大切です。

副作用もある

アンチエイジングのための整形は、利点ももちろんたくさんありますが、その反面、副作用もあるので注意が必要です。

副作用は、基本的には一時的なもので、しばらくすれば治ることが多いですが、まれに改善されなかったり、症状が悪化することがあるので、その場合には、施術を受けたクリニックか、緊急の場合は近くの病院に行って医師の診断を仰ぐようにしましょう。

ヒアルロン酸注入は凸凹になりやすい

ヒアルロン酸注入をすると、肌に潤い成分を保つことができるので、ふっくらして潤いのある肌にすることができます。しかし、ヒアルロン酸注入は、失敗してしまうこともあるようです。

もちろん、ヒアルロン酸は体にもある成分なので、失敗と言っても体に害になることはありません。しかし、注入の仕方が悪かったりすると、肌が凸凹になって、見栄えが悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

もし、肌が凸凹になって気になるようなら、再度他の美容クリニックを訪れて、ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼというものを注入してもらえば、元の肌に戻すことができます。

ボトックスは体調不調が起きやすい

ボトックスは肌のシワなどを取ることができる画期的な方法ですが、場合によっては頭痛を起こしたり、視力低下やドライアイ、全身の筋力が低下してしゃべりづらくなる、呼吸困難になる、膀胱の働きを制御できなくなるなどの重い症状を引き起こしてしまうこともあります。

違和感を感じたらすぐに、施術を受けたクリニックか、近くの病院に行って診察してもらいましょう。

脂肪吸引は皮膚が硬くなる

脂肪吸引・脂肪注入の施術を受けた場合、脂肪を吸引した箇所が一時的に硬くなる場合があります。

これは、「拘縮」と呼ばれる現象で、脂肪がなくなった皮膚に起こる回復期の症状であるため、正常な反応です。ですので、そこまで心配する必要はなく、基本的に数ヶ月ほどで元に戻ると言われています。

気になるようなら、マッサージをしたり定期的なストレッチをしたりして、皮膚を柔らかくするケアをしてあげると改善も早まるでしょう。

ヒアルロン酸注入は長続きしない

ヒアルロン酸はもともと人の肌に存在している成分であるため、施術でこれを注入したとしても、体内の副作用はほとんどありません。

しかし、体になじみやすい分、時間が経つと体に吸収されてなくなってしまうので注意が必要です。そのため、ヒアルロン酸注入の持続期間は半年から数年ほどと言われており、吸収されてしまったら再度施術を受ける必要があります。

やりすぎないこと

副作用が少ない施術をしたとしても医療行為をする以上、体に少なからず負担をかけてしまうことは否めません。いくら若々しい肌を保ちたいと思っても、整形を繰り返すとどんどん体の負担が大きくなってしまうので、思わぬダメージが出てしまうでしょう。

そのため、普段は通常のスキンケアをして、どうしても気になるようなら整形を受ける、というように、あくまでも最終手段と考えておくようにしましょう。

日頃のケアも徹底

整形をしたからといって、日頃のケアを怠ってしまえば、肌の老化は進んでしまいます。大切なのは日頃のケアも継続していくことなので、整形をして肌がきれいになったとしても、変わらずスキンケアは継続していくようにしましょう。

まとめ

いかがですか。スキンケアにこだわっても、肌の状態が改善されないとストレスもたまってしまいがちです。そんな時は、少し抵抗はあるかもしれませんが、最終手段として整形を受けてみましょう。自分に自信が持てて明るく過ごせるようになったら、とても嬉しいですよね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!