1. TOP
  2. しわ
  3. 知らないと防げない!美肌を保つためのアンチエイジングの方法とは?

知らないと防げない!美肌を保つためのアンチエイジングの方法とは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

エイジングケアしてる?

人の体は加齢とともに、肌や体の機能がどんどん衰えていってしまいます。これは「老化」という自然な現象なので、完全に食い止めることは難しいのですが、エイジングケアを徹底していればその進行を遅らせることが可能です。

年齢を重ねてから後悔しないためには、肌の悩みが気になり始める早めの段階から気をつけてケアをしていかなければなりません。

そもそも、老化の原因ってどんなもの?

肌悩みが気になり始めてくると、そろそろアンチエイジングを始めなきゃ!と思う人も多いと思いますが、ただ闇雲にケアをしているのだけは、あまり効果が得られないかもしれません。

肌の悩みが気になるなら、なぜその症状が出てしまうのかという原因をしっかり把握しておくことが大切です。そして原因を知った上で、自分に合ったケアをしていくようにしましょう。

光老化

光老化は、紫外線を受けることによって肌がダメージを受けることで起こります。これは肌老化を引き起こす原因として最も多いもので、肌老化の原因の80%を占めるとも言われているので注意が必要です。

紫外線は肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンという成分を破壊してしまうので、肌にシワやたるみを作りやすくしてしまいます。また、メラニン生成も促進されてしまうので、シミもできやすくなります。

酸化

リンゴなどの食品と同じように、人間の体も酸化してしまいます。体内で活性酸素という成分が大量に作られてしまうと、体の中の細胞や遺伝子が攻撃を受けて、体の機能が衰えてしまうのです。

健康面で害をもたらすのはもちろん、肌にもシミやシワ、たるみを引き起こすことがあります。活性酸素は様々な要因で増えますが、紫外線や食品添加物の摂取、ストレスの溜め込みすぎには気をつけなければなりません。

糖化

酸化と同様に気をつけなければならないのが、体の糖化です。糖化とは、体内のタンパク質や脂質が食品に含まれる糖と結びつくことで、糖化生成物(AGEs)という成分が作られ、黄ぐすみやシワやたるみを引き起こしやすくなります。

血糖値を急上昇させやすい食品は、糖化も起こしやすくなるので、普段から摂取している人は注意が必要です。

加齢

年齢を重ねると、肌の状態も変化していき、それによって様々な症状が引き起こされます。

気をつけなければならないのは肌の乾燥で、加齢とともに肌の潤いやハリなどを保つための成分が減少していくことで、カサつきやすくなってしまうのです。

肌の乾燥はシワやたるみを引き起こしてしまうのでしっかりとケアをするようにしましょう。

精神の乱れ

ストレスが溜まったりして、喜んだり怒ったり、悲しんだり憂いだり、恐れたりするなどの感情のバランスが乱れると、やる気や生きがいを失うことで老化が促進してしまいます。

日頃からストレスを溜めないように適度なリフレッシュをするなどのメンタルケアを心がけて、ストレスに負けない精神作りをしていくことが大切です。

老化防止のために心がけるべきこと

エイジングケアをきちんとしていかないと、どんどんダメージが蓄積されて、年齢を重ねていくごとにどんどん体の調子や肌の状態が悪くなってしまいます。

それを防ぐためには、日頃から肌や体の状態に気を配りながら、きちんとしたケアをしていくことが大切です。いつまでも若々しい体を保つためには、正しいケアを継続して怠らないようにしましょう。

スキンケアを徹底

年齢を重ねると、肌の潤い成分が失われ、肌が乾燥しやすくなったり、ハリや弾力を保つための成分が失われることで肌が薄くなるなどの症状が現れます。

肌の状態をきれいに保つためには、毎日スキンケアを徹底して、肌に栄養を補い続けてあげることが大切です。普段ケアをあまりしないという人は、後で後悔しないように早めにケアを始めましょう。

保湿

加齢による肌の乾燥は、思いの外深刻です。何もしなければ肌がどんどんカサついてシワが増えてきて、老けた印象の肌になってしまいます。

乾燥しがちになる肌にしっかり潤いを補うためには、高保湿成分であるセラミドなどが配合されたスキンケア商品をこまめに塗って、肌に潤いをキープしていくことが大切です。

紫外線対策

紫外線によるダメージは以外と大きく、無防備な肌では、ハリや弾力を保つために必要な成分がどんどん壊されていってしまいます。また、紫外線を受けると体内に活性酸素が増えるため、体も酸化しやすくなってしまうので気をつけなければならないのです。

紫外線を対策するためには、日頃からしっかり日焼け止めを塗って紫外線によるダメージを防ぐのはもちろん、アフターケアとしてシミの原因となるメラニン色素を作らせないための美白化粧品を使うことも大切です。

食生活を見直す

体の老化には、食生活も大きく関わってきます。毎日偏った食生活をしている人は注意が必要で、特に現在では様々な食品に含まれている食品添加物も活性酸素を増やすので気をつけなければなりません。

積極的に摂るべきものとしては、肌や健康のためにいいとされるビタミンやミネラル、また良質のタンパク質などが挙げられます。

抗酸化食品

抗酸化食品は、体の中で増える活性酸素の産出を抑えたり、活性酸素による攻撃から体内の細胞を守ったり、活性酸素を排出する働きがある成分を含んだ食品のことです。

中でも、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンや、大豆に含まれる大豆イソフラボンなどがおすすめです。

抗糖化食品

抗糖化食品は、体の糖化を防ぐための成分が含まれた食品のことです。血糖値が急激に上がると体の糖化が促進してしまうので、緩やかに血糖値をあげるパスタやそばなどの低GI食品などがおすすめです。また、砂糖も白糖を控えて精製されていない黒糖やてんさい糖などを摂取しましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣はお肌や体への影響とはそこまで関係ないんじゃ?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。体を傷つけるのは紫外線や添加物がたくさん含まれた食品だけではありません。

日頃の過ごし方によっては肌や体の老化を進めてしまうことがあるので、注意が必要です。

お酒・タバコは控える

お酒は、適量であれば活性酸素を減らすと言われていますが、摂り過ぎると発生させる活性酸素の方が増えてしまうために、体が酸化しやすくなります。

また、タバコもタールなどの有害成分が含まれているので、本来体を守るための活性酸素が大量に発生して逆に体の細胞までも攻撃してしまうようになってしまうのです。

睡眠をとる

良質な睡眠は、肌の代謝を促進して美肌をキープしやすくなります。夜の22時から翌深夜2時までは肌のゴールデンタイムとも呼ばれ、肌代謝を促す成長ホルモンた分泌されるためです。

しかし、最近は夜更かしをする人も多く、この時間に眠っていないと肌の代謝がうまくいかずに、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

ストレスを溜めない

仕事などで忙しいと、ストレスと溜めがちになってしまう人もいるでしょう。自分で気づければ解消もできるでしょうが、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうこともあるので注意しましょう。

また、睡眠が足りずに寝不足となってしまうことでもストレスは溜まってしまうので、気をつけましょう。ストレスがたまると体内の活性酸素が増えてしまうので、適度な運動などを心がけて、ストレスを定期的に解消していくことが大切です。

まとめ

いかがですか?肌老化の原因は意外とたくさんあり、若々しく健康的な体や肌を保つためには、様々な面からエイジングケアをしていくことが大切です。

最近、肌の悩みが増えてきて、改善しにくくなってきたという人は、紹介したような方法をぜひ試してみてください。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!