1. TOP
  2. しわ
  3. 本当に私に合ってる?アンチエイジング化粧品は3つのポイントで選ぼう!

本当に私に合ってる?アンチエイジング化粧品は3つのポイントで選ぼう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

アンチエイジングはいつから行うべき?

人の体は、ずっと同じ状態を保てるわけではありません。お肌の潤い成分などは20歳を境にどんどん減少していき、その結果肌も乾燥しやすくなっていくのです。

また、25歳はお肌の曲がり角とも言われ、ここを過ぎると肌の状態も変わりやすくなるため、スキンケアに力を入れ始めなければならない年頃なのです。

エイジングケアを行うには、もちろん早めの方がいいのですが、シミやシワが増えたり、たるみやくすみが気になったり、乾燥しがちになって化粧ノリが悪くなったと感じたら、早々に始めるようにしましょう。

エイジングケア化粧品の選び方

アンチエイジングを始めなければならないと思っても、近年は様々な企業からたくさんのエイジングケア化粧品が出ていて、どれを選んだらいいのかわからないという人も多いでしょう。

そんな時には、化粧品を選ぶ際のいくつかのポイントを参考にして選ぶようにしましょう。

成分で選ぶ

化粧品を選ぶ際に大切なのは、その含まれている成分です。いつも適当にパッケージなどで選んでいるという人も、エイジングケアをする際にはきちんと肌の状態を整えられなければならないので、自分の肌の悩みを改善できる成分が含まれているかを重視しましょう。

パッケージの裏には配合成分が記載されていますので、商品選びに迷ったらこれから紹介する成分が含まれているか確認してみてください。

シミ・くすみには美白成分

シミやくすみは、メラニンの生成によって起こる場合がほとんどです。その場合には、メラニンの生成を抑えるための美白成分が含まれたものや、肌のターンオーバーを促進してできてしまったシミの排出をしやすくする成分が含まれたものを選びましょう。

美白成分としては、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチンやプラセンタエキス、コウジ酸やエラグ酸などがおすすめです。

シワ・たるみには保湿・ハリアップ成分

シワやたるみというのは、肌の潤いや弾力を保つための成分が失われることによって肌の形状記憶ができなくなるために起こるので、保湿やハリをアップさせる成分が含まれているものを選ぶことが大切です。

保湿成分としてはヒアルロン酸やセラミド、ハリアップ成分としてはビタミンC誘導体やコラーゲン、レチノールなどがあるので、こちらも成分表で確認してみましょう。

毛穴の開きには引き締め成分

毛穴が開いた肌が、ブツブツが目立ちやすくなったり、皮脂が詰まって炎症を起こすこともあるので注意が必要です。毛穴の開きを解消するためには、肌を引き締める成分が配合された化粧品を選びましょう。

主な成分としては、エタノールやメントールなどの引き締め成分や、ハマメリスエキスやアンチチョーク葉エキス、カテキンなどの保湿作用もプラスされたものがおすすめです。

使用感・価格で選ぶ

化粧品は、継続的に使っていくことで肌の状態を保つためのものなので、いつもたっぷり使ってしっかり肌に働かせることが大切です。

そのため、経済的に負担となるような高価なものはたとえ成分がよくても使い続けるのは難しいでしょうし、節約しようとして少ししか使わないとしっかり成分を肌に届けることができなくなってしまいます。

また、ずっと使っていくものなので、テクスチャーも重視しましょう。さらっとしたものが好きな人が重めのテクスチャーのものを使っても不快に感じるだけですし、逆だとしても物足りなく感じてしまうかもしれません。もちろん、肌質によって選ぶのは大切ですが、普通肌の場合は自分の肌に合ったテクスチャーのものを選ぶことも大切です。

肌質で選ぶ

人の肌というのは、すべての人が同じ状態というわけではなく、肌の質が人それぞれ違います。ということは、自分の肌に合った化粧品を選ばないと、思ったような作用が得られなかったり、逆に自分の肌に負担となってしまうこともあるので注意が必要です。

乾燥肌

乾燥肌の人というのは、肌が乾燥しやすく、様々なトラブルが起こりやすい肌質でもあります。

乾燥肌の人は、肌に潤いを保つことが何よりも大切なので、少しつけすぎかな?くらいで保湿してあげることが大切です。ですので、ヒアルロン酸やセラミドなど、肌の潤いを補って保つことができる成分が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌とは、皮脂の分泌量が多かったりして、肌のテカりが気になるという人の肌質です。油性肌の人は、保湿の際には注意が必要で、油分が多い化粧品はより肌を脂っぽくしてしまうので、ローションタイプなど、油分が少なくてさっぱりとした使用感のものを選びましょう。

敏感肌

 肌質の中でも厄介なのが、敏感肌の人です。このタイプの肌の人は、なかなか自分に合う化粧品が見つからずに悩んでいるということが多いのではないでしょうか。

敏感肌の人は、刺激の強い成分が入っていると肌が荒れやすくなってしまうので、なるべく化学成分を含まず、天然成分のみのものを選ぶなど、肌に優しい化粧品を選ぶようにしましょう。

ただ、最近では敏感肌の人向けの化粧品もたくさん出ているので、選びやすくなっているはずです。

おすすめのエイジングケア化粧品

アスタリフト


出典元:http://hadalove.jp/astalift-try-20108

アスタリフトは、エイジングケア化粧品を語る際に必ず名前が挙がるほど人気の化粧品シリーズです。独自に開発したナノ成分が肌の角層の隅々までしっかり届くので、肌にしっかり潤いを補うことができます。

満足度も非常に高く、使用した人のおよそ9割もの人がリピートしたいと答えているほどで、人気もエイジングケア化粧品の中でもトップクラスであると言えるでしょう。

アヤナス


出典元:http://xn—girls-h49p.jp/ayanasutoraiyarusetto.html

アヤナスは、敏感肌の人向けに作られた化粧品で、刺激となる成分を配合していないので、加齢によって肌が敏感になったという人にもおすすめです。

人の肌に含まれる成分に近いヒト型セラミドというものを含んでいるので肌になじみやすく、角層の奥まで入り込んで保湿成分をしっかり浸透させることができます。

ビーグレン


出典元:http://hadalove.jp/bglen-kuchikomi-59148

ビーグレンは、清潔感のある白いパッケージの化粧品で、人気のシリーズです。特許を取得した独自のテクノロジーを採用しており、また浸透性ビタミンCなどの有効成分を配合しています。

また、保湿作用も高く、潤いをしっかり補うことで肌のターンオーバーを促し、乾燥によるダメージを回復させることもできるのが大きな魅力です。

リペアジェル


出典元:http://www.ytufok.com/

リペアジェルは、肌本来の力を改善する働きのあるビタミンC生成体や、無農薬の栽培米から抽出したアミノ酸生成体という成分を配合しており、加齢とともに発生しがちなシミやシワ、ハリなどを改善することができると言われている化粧品です。

水を使用せず、100%植物成分、100%美肌成分でできているので、より効率的に美肌ケアをすることができます。

エファージュ


出典元:http://www.suntory-kenko.com/contents/brands/fage/order/purchase.aspx

エファージュは、飲料メーカーとして知られるサントリーが開発した化粧品で、ビール造りで培った酵母の研究で発見した酵母「ラビス(TM)」から抽出したエキスをすべての化粧品に配合しています。

また、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸を配合し、硬くなった肌を柔らかくして肌のハリを改善する働きがあるのも大きなポイントです。

まとめ

いかがですか?化粧品はデリケートなお肌に使うものですから、きちんと自分にあったものを見つけて使い続けていくことが大切です。

すぐには効果が出なくても、使い続けていくうちに肌質も改善できる可能性が高くなるので、諦めずにケアを続けていきましょう!



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!