1. TOP
  2. アンチエイジングの基本は「洗顔」!洗顔料の選び方&気を付けるべきポイントとは?

アンチエイジングの基本は「洗顔」!洗顔料の選び方&気を付けるべきポイントとは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

いつまでも赤ちゃんのようなプルプルのお肌を保つには、毎日のスキンケアは欠かせませんよね。

「私は数万円の基礎化粧品を使っているから大丈夫~♪」なんて思っているそこのアナタ。

アンチエイジングの基本は、高級化粧品ではなく「洗顔」です。

基本がなっていないと、どんなに希少な成分が配合された美容液やパックを使っていても、エイジング効果が半減してしまいますよっ!!

この記事では、どうしてアンチエイジングの基本が洗顔なのか、また種類が沢山ある洗顔料の種類やそれぞれの特徴、また正しい洗顔のポイントなどをご紹介したいと思います。

ち・な・み・に!

こちらの記事では、クレンジングから化粧水の正しい塗布の方法まで更に詳しくご紹介しているので、是非併せてチェックしてください♪この記事を読めばぷるぷる赤ちゃん肌を取り戻せますよ♪

⇒【美肌は作れる!正しいスキンケアと、肌本来のチカラを取り戻す方法】の記事はコチラ

 

どうして洗顔がアンチエイジングの基本なの?

パっと見ただけでは分かりませんが、1日過ごしただけでもお肌は、メイク・皮脂・埃などで汚れています。

この汚れをしっかりと取り除かないとスキンケアの美肌成分の浸透率が落ちるだけではなく、肌の表面にある皮脂がどんどん蓄積され、その結果お肌のターンオーバーが乱れてしまうという悪循環を引き起こします。

お肌のターンオーバーが乱れると、肌全体のトーンが暗くなってくすみを引き起こし、シワやシミなどのエイジングサインが出て、見た目年齢が老けてしまいますよ!!

「お肌のターンオーバーって何?!」というアナタの為に、過去に詳しくご紹介している記事があるので、是非併せてチェックしてくださいね♪

⇒【『お肌のターンオーバー』を正常に保つ5つの方法】の記事はコチラ

 

 こんなにもある!洗顔料の種類とそれぞれの特徴

「洗顔料」と言っても沢山の種類がありますよね。

このカテゴリでは、洗顔料の種類に分けて、それぞれのメリット&デメリットなどの特徴をご紹介したいと思います。

 

洗顔フォーム(クリーム)

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

洗顔料の主流でチューブに入った「洗顔フォーム」、手軽に使えてコストが安く、種類も豊富で泡立てやすいというメリットがありますが、添加物が多く配合されていることが多いというデメリットがあります。

ただでさえ泡立ちが良くて洗浄力が高いのに、合成界面活性剤が配合されていると必要な皮脂までもが洗い流されてしまうため、乾燥肌や敏感肌の方はツッパリ感が気になり、ニキビ肌の人には刺激が強すぎることもあります。

 

クレイ(泥)タイプの洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

数ある洗顔料の中でも、特に最近注目されているのがクレイ(泥)洗顔料ですよね。

配合されているクレイ自体が汚れを吸着してくれるため、洗い上がりのお肌がワントーンアップ!汚れと一緒にアクネ菌などの雑菌も吸着してくれるので、ニキビ肌にも最適です♪

クレイには天然のミネラルが豊富に含まれているため保湿効果も高く、皮脂も優しく洗い流してくれるのでどんなスキンタイプの方にでも向いていると言えるでしょう。

 

固形石鹸タイプの洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

顔用に特化して作られている固形石鹸タイプの洗顔は、普通の石鹸よりもかなりマイルドに作られており、天然成分が使用されている物が増えているので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できますよ♪

モッチリとしていて潰れにくい泡になるというメリットがありますが、その反面泡立てるのが大変というデメリットも。泡立てネットなどを使用すると比較的泡立てやすいので、是非活用しましょう

 

泡タイプの洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

ポンプを押すだけで泡ができるというのが最大のメリットの「泡タイプの洗顔料」、泡立てが苦手・朝のスキンケアの時間は少しでも削減したいという方から愛用されています。

ただし、メーカーによっては泡立ちが不十分なものや、刺激が強すぎるものもあるので要注意泡立ちを良くするために添加物が入っていることもあるので、特に敏感肌の方は肌がピリピリしてしまうことも。各メーカーの成分をしっかりとチェックして、低刺激の物を選ぶようにしましょう。

 

ジェルタイプの洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

水分量が多く、べたつく感覚がないのが特徴です。他の洗顔料とは違いって泡立ちに注目しなくてもいいタイプで、余分な皮脂をジェルが包み込むように洗い流してくれます。

泡立ちを良くしなくてもいいので化学成分などの配合量が少なく、敏感肌や乾燥肌の人にはピッタリですが、洗浄力自体は落ちてしまうのでオイリー肌やニキビ肌の方には向いていません。

普通の洗顔フォームではなんだかつっぱる…という方は、一度試してみてもイイかもしれませんね♪

 

パウダータイプの洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

水分が一切入っていない粉状の「パウダー洗顔料」、水が一切使用されていないので防腐剤などの添加物を使用ししていない物が多く、特に敏感肌や乾燥肌の方にピッタリですが、他の洗顔料のタイプに比べると洗浄力は落ちてしまうため、オイリー肌の方には向いていません

また、酵素などが配合されていることも多いというメリットがありますが、その反面、泡立ちが悪い・選択肢が少ないというデメリットもあります。

 

スクラブ入り洗顔料

ノーマル肌 オイリー肌 乾燥肌
混合肌 敏感肌 ニキビ

スクラブ入り洗顔料は安価な物から高級な物まで種類が豊富にあり、強力な洗浄力を誇るという特徴があります。

ただし、本当に洗浄力が高いため、毎日の洗顔で使用すると必要な皮脂まで落としてしまうため、1~2回のスペシャルケアとして使用する程度にしておきましょう。

ノーマル肌やオイリー肌の方でも使用する頻度をしっかりと見極めて、他の洗顔料と併用しましょう。

 

正しい洗顔を心がけよう!

さて、ここまでで洗顔料には沢山の種類があるということ、またそれぞれの特徴や向いているスキンタイプなどが分かりましたね!

ジェルタイプに関しては泡立てる必要なあまりないのですが、その他の洗顔料は基本的にしっかりと泡立てて使用しましょう。

「正しい洗顔」の仕方をマスターすると、肌への負担が無くなり、美容成分を浸透しやすい理想的な状態にすることが可能です。

これからご紹介するポイントをしっかりと抑え、毎日のスキンケアに取り入れましょう!

正しい洗顔をする5つのポイント
☑ 手のひらをひっくり返してもポタポタ落ちないくらいしっかりと泡立てる!

☑ 泡をクッションにして優しくクルクル、絶対にゴシゴシ擦らない!

☑ 熱いお湯ですすぐのは絶対NG、ぬるま湯で泡を落とすイメージで!

☑ お風呂で洗顔をする場合、シャワーを顔に噴射しない!

☑ 洗顔後の水分の拭き取りはゴシゴシせず、タオルに優しく吸わせるように!

 

たかが洗顔、されど洗顔

毎日洗うデリケートな顔だからこそ、スキンタイプに合った洗顔料を使って正しい方法で洗いましょう。

どんな高級化粧品を試すよりも、基本に忠実になることが、アンチエイジングへの近道です。

これで洗顔に関しては完璧ですが、洗顔後の基礎化粧品の成分も知っておきたいですよね!

こちらの記事では、保湿成分の正しい選び方をご紹介しているので、是非併せてチェックしてくださいね♪

⇒【保湿成分の正しい選び方】の記事はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

princhipesa

princhipesa

プロWEBライターとして、企業コンテンツやコラムを寄稿しているアラサー女子です。
皆さんに「読んでよかった」と思っていただける記事を、ガンガン発信していきます☆

この人が書いた記事  記事一覧

  • 正しくメイクを落としてアンチエイジング!クレンジングの選び方とポイント

  • アンチエイジングの基本は「洗顔」!洗顔料の選び方&気を付けるべきポイントとは?

  • 貴方は知ってる?お肌を潤いで満たす【保湿成分の正しい選び方】

  • 見た目-5歳を目指せ☆【目尻や目元にあるシワ】原因と対策法