1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 【腸内細菌とは?】アンチエイジング・美容を左右する腸内細菌の秘密を暴露!

【腸内細菌とは?】アンチエイジング・美容を左右する腸内細菌の秘密を暴露!

この記事のタイトルとURLをコピーする

最近、腸内環境を整えたいと考える人が増えてきました。そうしていろいろな情報を集めていくうちに「腸内細菌」という存在について疑問を持つ人も増えています。今回はそんな知られざる「腸内細菌」の秘密について解説していきます。美容やアンチエイジング、健康への関心が高い女性はよくチェックしておきましょう。

 

 

腸内細菌ってどんな菌?菌の種類について迫る!

さっそく、腸内細菌とはどんな菌なのかについて迫っていきます。健康や美容、アンチエイジングなどに関心のある女性はそれぞれの細菌についてよくチェックしていきましょう。

 

腸の中には100種類以上の細菌が存在している

私たちの健康を大きく左右する腸。食べたものを消化したり、栄養の吸収を行ったり。心身の健康と美容のために毎日働いてくれている臓器です。そんな腸内には何と100種類以上の細菌が存在しているといわれているのです。

体にとって必要な菌であったり、体に悪影響を与える菌であったり、体に無害な菌であったり……。こうした様々な菌が腸内に潜んでいるのです。しかも、100種類以上に及ぶ菌の数は何と1000兆以上とも言われていて、想像できないほどの膨大な数の細菌が存在しています。

そんな膨大な数の細菌ですが、実は大きく分類すると3種類程度に分けることが出来ます。それぞれの種類について次で解説します。

 

善玉菌

まず、体に良い影響を与える細菌として挙げられる「善玉菌」。この善玉菌だけでも実に数十種類もの菌が存在しています。有名な善玉菌といえば「ビフィズス菌」「納豆菌」「乳酸菌」ですね。

こうした善玉菌は、腸を健康に保ち、腸の動きを活発化させてくれる働きを持つため、健康には欠かせない存在です。また、腸が健康になることで美容やアンチエイジングの促進にもつながるので、女性には必要な菌なのです。

 

悪玉菌

その名の通り、体に悪影響を及ぼす菌である「悪玉菌」。代表的な悪玉菌といえば「大腸菌」「ピロリ菌」などがありますが、他にもたくさんの悪玉菌が存在しています。

この悪玉菌は体の免疫力を低下させたり、胃腸炎などのトラブルを引き起こしやすくするため、常に腸内の悪玉菌の数を抑えなくてはいけません。悪玉菌が増える原因としては「肉中心の食生活」「脂肪の多い食生活」「生活習慣の乱れ」などが挙げられ、現代人の多くは悪玉菌が増殖しやすい環境で過ごしているといわれています。

 

日和見菌

善玉菌でも悪玉菌でもない細菌として「日和見菌」と呼ばれる種類の細菌が存在します。この日和見菌は存在自体は決して体に何らかの影響を及ぼすことがない物の、腸内環境次第で、働きだします。

例えば、善玉菌が優勢となった腸内環境の場合は善玉菌の味方をしますし、悪玉菌が優勢となった腸内環境の場合は悪玉菌の味方をするのです。

腸内環境をより改善に導くか、それともとことん悪化させてしまうかの分かれ道でもある細菌なので、腸内環境には常に気を配っておきたいところですね。

 

理想は「2:1:7」の割合

大きく分けて3種類が存在する腸内細菌。「美容や健康のためには圧倒的に善玉菌が多い方が良い!」と考える人が多いと思います。もちろん、悪玉菌よりも善玉菌が多い方が良いのは確かですが、実は善玉菌が多ければ多いほど良いというものでもありません。

実は腸内細菌の割合には「理想の割合」というものがあります。それが「2:1:7」なのです。善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7という、意外にも圧倒的に腸内を占める細菌は日和見菌であることが理想といわれています。

 

 

善玉菌の働きは?意外と知らない心身へのメリットを解説!

体に良い影響をもたらしてくれる「善玉菌」。健康や美容には欠かせないといっても、具体的にどのようなメリットを与えてくれるのか知らない……という女性も少なくありません。そこで、ここからは善玉菌のメリットについて解説していきます。

 

美肌効果

女性の肌の悩みといえば「吹き出物」「ニキビ」「テカリ」などではないでしょうか?実は、これらの原因の一つは「腸内環境」にあるのです。

肌は腸内の状態を映すとも言われていて、腸内環境が悪玉菌で優勢になっていると、肌荒れを引き起こすことになります。そのため、腸内を善玉菌で優勢にしておくことで、肌荒れが改善され、さらに見た目年齢を下げる「アンチエイジング」としての効果も期待することができるのです。

 

免疫力アップ

ウイルスや細菌の感染を防ぐためには欠かせない「免疫力」。これもまた、腸内環境が大きく左右します。

腸内環境が悪化し、悪玉菌が優勢となっている体は風邪をひきやすかったり、胃腸炎や感染症を引き起こしてしまうリスクを高めてしまうのです。健康的に生活をするためにも、免疫力の高さは必要不可欠。

今一度、自分の腸内環境に目を向けてみてくださいね。

 

整腸作用

善玉菌の大きなメリットでもあるのが「整腸作用」です。腸の働きを正常にしてくれるので、便秘の予防・改善の効果を期待することが出来ます。

また、腸の働きが活発化するので、食べ物の消化吸収もスムーズになり「消化不良」を回避してくれる効果も期待できるのです。その結果、脂肪が蓄積しにくくなったり、コレステロールを抑制したりなど、ダイエットとしての効果も得やすくなります。

 

ビタミン・酵素の生成

腸内が善玉菌で優勢になると、美容・健康に不可欠な様々な成分を生成してくれます。主に「ビタミンB群」「ビタミンK」「ビオチン」「葉酸」など、女性に嬉しい成分がどんどん生成されるのです。

現代人は食生活の乱れから、ビタミン不足に陥りやすく、さらに酵素もなかなか摂取できていないことが少なくありません。腸内環境を整えるだけでこうして必要な成分を体内で生成できるのは嬉しいですよね。

 

 

腸内細菌のバランスを整えるには?今日から食べたいおすすめの食品まとめ!

腸内細菌の理想的な割合を本記事前半で紹介しました。このバランスを整えるためには一体どのような食品を摂取すれば良いのでしょうか?さっそくチェックしていきましょう!

 

ヨーグルト・乳酸菌飲料

やはり腸内の健康を保つために欠かせないのが「ヨーグルト」「乳酸菌飲料」などです。善玉菌を豊富に含んでいるだけでなく、食品によっては善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」を含んでいるものも数多く販売されています。

また、善玉菌が生きたまま腸に届くように加工されている商品もあり、腸内細菌のバランスを手っ取り早く整えたい人にとっては非常に手軽な食品です。

 

発酵食品

味噌、キムチ、納豆、しょうゆなどにも善玉菌は豊富に含まれています。また、発酵食品の多くは様々な料理に活用できたり、いろいろな食材との組み合わせが出来たりするので、飽きずに毎日取り入れやすいのが魅力です。

いろいろな発酵食品をローテーションしながら、毎日摂取する習慣を身に着けてくださいね。毎日食べることが、腸内細菌のバランスを整えることにつながりますし、短期間で腸内環境の改善を目指すことができますよ。

 

 

まとめ

女性にとって美容やアンチエイジングは関心の高いキーワードですよね。そんな2つを大きく左右するのは他でもない「腸内細菌」です。今回紹介した3種類の細菌バランスを整えることで、体は見る見るうちに変わって言います。今一度自分の生活習慣を見直し、腸内に対して目を向けてみましょう。意外にも、自分が気づいていなかったところで生活が乱れていることがあります。まずはその乱れを見つけ、徐々に改善に導くことから始めてみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る