1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 【しわ・たるみはコレで大改善!】原因と正しい対処法を徹底解説!

【しわ・たるみはコレで大改善!】原因と正しい対処法を徹底解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性にとって悩みともいえる「しわ」「たるみ」などの症状。鏡を見てがっかり……なんていう女性も多いのではないでしょうか。そこで、今回はしわやたるみの原因と正しい対処法について紹介していきます。

 

 

しわ・たるみの原因は?知られざるメカニズムに迫る

以前は決してこんなことなかったのに……、と自分の肌に現れてしまったしわやたるみに頭を抱える女性は少なくありません。一体なぜしわやたるみが現れてしまうのでしょうか?

 

皮下脂肪の増加

皮下脂肪というと、おなか周りにできるイメージが強いと思いますが、実は顔にも皮下脂肪は付いてしまいます。しかも、体の皮下脂肪とは違って、落ちにくいという問題点があるのです。

皮下脂肪が付くだけであれば、ハリによってたるみやしわを引き起こすことは少ないのですが、加齢による表情筋の衰えによって皮下脂肪は重力に逆らえずに垂れ下がってしまう傾向にあります。

その結果、しわやたるみを引き起こすことになってしまうのです。

 

コラーゲンの減少

私たちの肌は、真皮層のコラーゲンによって、ハリが保たれています。しかし、このコラーゲンは加齢とともに減少しやすく、年を重ねるごとに肌のハリが損なわれてしまう傾向にあるのです。

また、コラーゲンの減少は加齢だけでなく「睡眠不足」「紫外線による影響」など生活習慣も大きく関係しています。生活習慣でコラーゲンが減少することはほとんどないとされていますが、コラーゲンを変質させ、肌の水分量を減少させてしまうという影響があるのです。

加齢に限らず、きちんと生活習慣も意識することが大切ですね。

 

むくみ・老廃物の蓄積

しわやたるみの原因の中には「むくみ」や「老廃物の蓄積」などもあります。主に食生活や表情筋の衰えなどによるものが多く、乱れた生活習慣をしていると、顔がむくんだり、老廃物を顔に溜めてしまうという恐れがあるのです。

むくみや老廃物の影響で、顔がたるみ、結果的にしわを引き起こすだけでなく、さらに老廃物を貯め込みやすくなってしまう、という悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

 

 

しわ・たるみはこうして改善!究極の改善法を伝授

ここからは、気になる「しわ」「たるみ」の改善方法について迫っていきます。最近あるみが気になる……という女性はさっそく参考にしてみてくださいね。

 

紫外線対策を徹底する

肌のしわやあるみを解消するためにも、まずは徹底した「紫外線対策」を始めましょう。紫外線によるコラーゲンの変質は、肌にとって非常に良くない状態。「ほんの少しの外出」「ゴミ出しに行くだけだから」と紫外線対策を怠ると、そのダメージが日々蓄積され、やがて大きなトラブルを引き起こすことにもなりかねません。

日が出ているときにはきちんと紫外線対策をすることが大切です。日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、サングラスや日傘、ストールなどを積極的に取り入れることが大切です。

また、紫外線対策というと夏に行うイメージがありますが、実は季節・天候を問わずに対策をしなくてはいけません。真冬であっても、雨の日であっても積極的に紫外線対策をしましょう。

 

積極的に顔の筋肉を動かす

顔の筋肉の衰えは、皮下脂肪を溜め込んだり、たるみを引き起こしたりします。その結果、目立つほどのたるみやしわに悩まされてしまうのです。普段からあまり表情を動かさない人は特に、意識して顔の筋肉を動かすことが大切。

しわやたるみを改善したいのであれば「エクササイズ」として、顔の運動を取り入れることもおすすめです。

 

【表情筋を鍛えるエクササイズ】

・「あいうえお」の形を口で大きく行う

・舌を鼻先につけるようにして思い切り伸ばす

・舌を顎につけるようにして思い切り伸ばす

 

エクササイズのほかにも、顔の老廃物の除去にはマッサージも効果的です。

マッサージの方法は以下を参考にしてみましょう。

 

【顔のマッサージ】

・蒸しタオルで顔を温める

・マッサージオイルを手に取る

・顎からこめかみにかけて指先を滑らせる

・鼻の付け根からこめかみにかけてマッサージ

・小鼻からこめかみにかけてマッサージ

・こめかみから首筋を通り、鎖骨へと指先を滑らせる

 

イメージとしては、顔じゅうの老廃物をすべて鎖骨へと送るイメージです。顔を蒸しタオルで温める際に、同時に鎖骨も温めておくと、マッサージの効果がより高まりますよ。

 

大豆製品を摂取する

大豆に含まれる「イソフラボン」には、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。肌に必要不可欠なコラーゲンは、女性ホルモンによって生成を促されるので、女性ホルモンが乱れていると、必然的にコラーゲンも減少してしまうのです。

加齢や生活習慣によって女性ホルモンは乱れやすいので、心当たりのある女性は毎日適量の大豆製品を摂取するようにしましょう。ただ、冷ややっこや冷たい豆乳飲料では体を冷やしてしまう可能性があるので、湯豆腐やお味噌汁の具として豆腐を使用したり、温かいご飯の上に納豆をかけたりして、なるべく「冷たいままの状態」は避けるようにしてくださいね。

 

ビタミンC誘導体を使用した基礎化粧品

今では様々な基礎化粧品が販売されていて「どれを選んだらいいの?」と迷ってしまいますよね。悩んだ時には「ビタミンC誘導体」が使用されている基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

この成分には、コラーゲンの生成を促す働きがあり、美肌には欠かせない存在です。毎日の化粧水や乳液、美容液などを使用でコラーゲンの生成に良い影響を与えることが出来るので、比較的短期間で効果を実感しやすいというメリットもあります。

現在使用している基礎化粧品の成分表をチェックし、ビタミンC誘導体が使用されているかどうか、確認してみてはいかがでしょうか?

 

病院・クリニックで治療

どうしても改善されない……という場合には、最終手段として「病院やクリニックで治療する」という選択肢があります。外科治療になるため、決して手軽に行える治療ではないものの、多くの女優さんやモデル、タレントなどが取り入れている治療法でもあるので効果は高いといえます。

病院やクリニックでの治療方法は、額からこめかみにかけて切り込みを入れ、皮膚を引っ張り上げるというものです。「リフトアップ」で、皮膚を吊り上げることによって、たるみやしわを改善させることができます。

しかし、術後にしばらく痛みが伴う可能性があるのと、腫れを引き起こすことがあることから、一定期間は人に会ったり、外出したりするのがしにくくなるというデメリットがあります。決して手軽にできる対処法ではないので「最終手段」として検討しましょう。

 

小顔グッズ

ダイエット目的で販売されている小顔グッズ。ローラーや、マッサージグッズ、家電製品として販売されている効果なリフトアップグッズなど、非常に多くの小顔グッズが販売されています。

こうした小顔グッズは、表情筋を刺激したり、老廃物を流す効果があったりして、以外にもダイエットとは関係ない「しわ」「たるみ」に効果的であるケースも存在します。

最近では百円ショップなどで販売されていることも多いので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

多くの女性の悩みの種である「しわ」「たるみ」。今回はそれらの原因や対処法について紹介しました。原因を知ることで、しわやたるみを予防・回避することはできますし、正しい対処法を知っていれば当然ながら適切に改善することが出来ます。

今回の記事をよく参考にしながら、ぜひ自分に合った対処法を取り入れていきましょう。

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る