1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 繊維芽細胞って何!?アンチエイジングを制する細胞を徹底解明!

繊維芽細胞って何!?アンチエイジングを制する細胞を徹底解明!

この記事のタイトルとURLをコピーする

近年、アンイエイジングへの関心が高まりつつありますが、その中で「繊維芽細胞」という細胞が注目を集め始めています。アンチエイジングとは切っても切れない深い関係を持つ細胞なのでよくチェックしておきましょう。

 

 

繊維芽細胞とは?特徴や働きについて解説!

まずは、今回の記事のテーマでもある「繊維芽細胞」について解説していきます。あまり馴染みのない名前の細胞なので初めて聞いた人もいるのではないでしょうか?さっそくチェックしていきましょう。

 

コラーゲンを作り出す唯一の細胞!

繊維芽細胞の大きな働きは、肌の奥に存在する真皮の成分の生成です。真皮層の成分として挙げられるのは、主に「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」などの成分。これが存在することで、肌に弾力が生まれたり、ハリのある肌へと導くことが出来るのです。

これらの真皮層の成分が失われてしまうと、肌の衰えにつながりますしたるみやしわの原因となってしまいます。そんな状態を回避してくれるのが「線維芽細胞」なのです。

線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンなどの真皮層の成分を作り出してくれるおかげで、美しい肌へと促すことが出来ます。しかもこの真皮層の成分を作り出してくれるのは、何と「線維芽細胞」のみ。線維芽細胞以外にコラーゲンなどを作れる細胞は存在しないのです。

 

線維芽細胞は怪我の治癒にも!

線維芽細胞の働きは美肌に対してだけではありません。体の怪我の修復機能も持っているので、怪我の治癒にも欠かせない存在です。

例えば、転んで擦り傷が出来てしまった際に、傷口を閉じるのは線維芽細胞の役割ですし、内臓に何らかの炎症が起きてしまった場合にも修復してくれるのは線維芽細胞です。

美容と健康のどちらの役割も担っている細胞なので、生きていくうえで必要不可欠な細胞といっても過言ではないでしょう。

 

繊維芽細胞は加齢とともに減少する

美容と健康に大きなメリットをもたらしてくれるのが「線維芽細胞」ですが、残念ながら加齢とともに減少してしまうといわれています。

年齢を重ねていく毎に、肌がたるんだりしわが現れたりするのは線維芽細胞の減少によるものが原因の一つ。さらに、年を取ると傷の治りが悪くなったり、なかなか怪我の状態が良くならないのも線維芽細胞の減少が原因の一つなのです。

しかし、この線維芽細胞は、良い生活習慣を心掛けることで加齢による減少を抑えることが出来るといわれています。

 

 

線維芽細胞を活性化させる方法とは?アンチエイジングを成功させるための秘訣

ここからは、気になる「線維芽細胞」を活性化させる方法について紹介していきます。せっかく存在している線維芽細胞は活性化させることで、よりコラーゲンなどの生成をスムーズに行ってくれます。美肌やアンチエイジングを目指している女性はぜひ「線維芽細胞を活性化させる方法」についてチェックしておきましょう。

 

ストレス解消

心にゆとりがあったり「楽しい」「幸せ」などを感じていると、線維芽細胞の活性化につながります。逆に、暗い気持ちでいっぱいだったり、イライラしていたりすると線維芽細胞の働きが鈍くなってしまうといわれています。

そのため、ストレスを抱えっぱなしにしていると、線維芽細胞の働きがどんどん鈍くなり、肌トラブルを引き起こすことにつながってしまうのです。

線維芽細胞の働きを活性化させるためには、ストレス解消が必要不可欠。ストレス解消として「楽しい」「幸せ」と感じることを行ってみましょう。例えば「趣味に没頭する」「楽しいDVDや映画を見る」「専門店でマッサージをしてもらう」などがおすすめです。

 

禁煙する

あまり知られていませんが、喫煙は「線維芽細胞」の働きを鈍らせてしまう作用があります。厳密には、喫煙そのものが害を与えるのではなく、喫煙によって体内の「活性酸素」が大量発生し、線維芽細胞を傷つけてしまうのです。

本来、体を守る機能を持つ活性酸素ですが、増えすぎてしまうと、体の大切な細胞や血管を攻撃してしまうという特徴を持っているのです。そのため、活性酸素を大量発生させないためにも喫煙は控え、できるだけ禁煙を目指すことが大切なのです。

 

紫外線対策を行う

あまり知られていませんが、紫外線対策は肌のためにも最も大切なポイントです。紫外線は、肌のあらゆる細胞を直接傷つけてしまうだけでなく、「強力な活性酸素」を大量に生み出してしまう存在でもあるのです。

紫外線対策は「やりすぎ」なくらいがちょうど良いとされているので、今日から徹底した紫外線対策を心掛けてみましょう。「マスク」「サングラス」「スカーフ」「日焼け止め」「アームカバー」「帽子」など、積極的に紫外線対策グッズを活用してみてくださいね。

 

線維芽細胞を活性化させる化粧品する

「線維芽細胞」を活性化させるにあたり、手っ取り早い方法でもあるのが「活性化させる成分を摂取する」というもの。

例えば、「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」などの美容成分。これらは、化粧水や美容液、乳液などで摂取が可能ですよね。

肌から吸収され、線維芽細胞へと届きます。これらの成分により線維芽細胞の活性化へとつながるので、基礎化粧品やメーキャップ化粧品などを見直し、これらの成分が配合されているかどうかチェックしてみましょう。

 

食品から線維芽細胞を活性化させる成分を摂取する

線維芽細胞を活性化させるのは化粧品だけではありません。食品から摂取することも可能です。例えば、「ビタミンE」「イソフラボン」などの栄養素は、線維芽細胞を活性化させてくれるため、美肌には欠かせません。

これらの栄養素を含む食品には「緑黄色野菜(ビタミンE)」「大豆(イソフラボン)」などがあります。日常的に摂取しやすい食品なので、ぜひ積極的に食べてほしいもの。特に「ビタミンE」は、線維芽細胞を活性化させるだけでなく、線維芽細胞を攻撃してしまう「活性酸素」の働きを抑制する抗酸化作用も持っているので、毎日バランスよく取り入れてくださいね。

 

良質な睡眠をとる

皆さんは、きちんと睡眠がとれていますか?もしかしたら「寝不足気味」「寝不足になることが多い」「たびたびオールしている」などの女性がいるのではないでしょうか?実はこれらは避けるべき生活習慣です。

よく「寝不足は肌に悪い」とは言いますが、これあ寝不足によって「線維芽細胞」が衰えてしまうことが原因です。寝不足は線維芽細胞に限らず、様々な細胞の衰えを招きます。その結果、「美容面」「健康面」でトラブルが生じてしまうことにつながるのです。

いつまでも若々しく、綺麗でいたいのであれば寝不足は絶対に回避すべき悪習慣。毎日7~8時間たっぷりと眠り、熟睡できる環境の中で就寝するように心がけてくださいね。

ちなみに安眠効果が期待できる「ホットミルク」「アロマ」「音楽」などは、熟睡しやすくなるといわれていて、線維芽細胞にも良い影響を与えてくれます。就寝前の習慣としてこれらを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

アンチエイジングを成功させるためにも欠かせない「線維芽細胞」。活性化させることでコラーゲンやヒアルロン酸の生成も活発になるので、毎日の生活で線維芽細胞の活性化を促していきたいところ。今回の記事ではそんな「線維芽細胞」を活性化させる方法について紹介しました。手軽なものばかりなので、さっそく今日から取り入れてみてはいかがでしょうか?



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る