1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 抗酸化作用とは?誤解されやすい正しい知識まとめ

抗酸化作用とは?誤解されやすい正しい知識まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

最近耳にすることが多くなった「抗酸化作用」というワード。「若返り」や「老化をストップする」などのキャッチコピーで抗酸化作用を謳った商品が数多く販売されています。しかし、中には誤解を与えるような表記をしている商品が存在するのも事実。そこで、今回は抗酸化作用の正しい知識について解説。誤解されやすい「抗酸化作用」の真実について迫っていきましょう。

 

抗酸化作用とは?正しい知識について解説

化粧品、食品、サプリメントなどで「抗酸化作用」という言葉を耳にしたことがある女性は多いと思います。しかし、抗酸化作用の正しい知識を認識している女性はその中のごくわずか。さっそく、抗酸化作用のもたらす正しい効果や作用について迫っていきましょう。

 

体の酸化を抑制・予防

私たちの体には「活性酸素」と呼ばれる物質が存在しています。活性酸素のおもな働きは殺菌作用による「細菌・ウイルスの撃退」です。しかし、この活性酸素が必要量以上に増えすぎてしまうと、体を酸化させてしまう作用があります。

「酸化」というとイメージが付きにくいかもしれませんが、金属の「サビ」をイメージしてみましょう。これもまた酸化の一種です。血管や細胞が酸化し、さび付いてしまう現象を酸化というのです。

これは健康や美容に様々な悪影響をもたらしてしまうので、活性酸素の大量発生を回避しなくてはいけません。こうした活性酸素の大量発生を抑制し、体の酸化を抑制・予防してくれるのが抗酸化作用なのです。

 

老化を遅らせる作用

抗酸化作用には「老化を遅らせる」という効果もあります。もともと、大量の「活性酸素」という物質は老化を早める物質であり、アンチエイジングの敵として知られています。この活性酸素を抑制するといことは、必然的に老化を遅らせ、若々しさを保つことが出来るという効果を得ることが出来るのです。

ここで誤解を招きやすいのが「若返る」「老けない」などの表現です。商品や食品の効果の表現としてこうした表現方法を用いているところを見かけますが、抗酸化作用はあくまでも「活性酸素による老化を遅らせる」という働きしかありません。

そのため、若返らせたり、老化をしないまま現在の姿を保つということは不可能なのです。

 

 

抗酸化作用のメリットとは?

抗酸化作用の本質が分かったところで、抗酸化作用による具体的なメリットについて迫っていきましょう。健康・美容で多くの効果があるのでよくチェックしておいてくださいね。

 

老化を遅らせる

第一に挙げられるのが、上記でも少し解説した通り「老化を遅らせる」というもの。活性酸素の影響を低下させることができる抗酸化作用によって、体の酸化を予防し、老化予防へとつなげることが出来るのです。

いつまでも美しくいたい女性にとっては、非常に嬉しいポイントですよね。しかし、「老化を遅らせる」というのは、決して見た目だけの問題ではありません。体内の老化も遅らせることが出来るため、老化による病気のリスクを低下させることが出来るのです。

老化を遅らせる、というのは美容面でも健康面でも非常にメリットが大きいということを頭に入れておいてくださいね。

 

がん予防

あまり知られていませんが、抗酸化作用のメリットの一つに「がん予防」というものがあります。抗酸化作用によって、がん細胞を撃退するための免疫力アップにつながります。

がんの発症は、こうした免疫力の低下によるものでもあるため、抗酸化作用はがん予防に非常に効果的であるといえます。

また、抗酸化作用はがん細胞の増殖のコントロールを行う働きもあるため、健康には欠かせない存在です。

 

痴呆症の防止

抗酸化作用は、実は脳にも作用するため、老化による脳の病気も予防することができます。特に「痴呆症」は誰もが発症しやすい脳の病気で、老化とともにリスクが高まるといわれているのです。

また、脳はもともと酸化がしやすい部位であり、脳は病気を引き起こしやすいといわれています。これは脳の半分が脂肪であることと、常に活性酸素にさらされている部位であることが原因です。

こうした理由から脳は酸化しやすい状態であるため、抗酸化作用によって脳の病気を防ぐことができるのです。

 

心臓病予防

心臓病の原因となる「悪玉コレステロール」。抗酸化作用にはこの悪玉コレステロールの酸化を防ぐことが出来るといわれています。現代人はこの悪玉コレステロールが多い傾向にあるとされているので、心臓病のリスクが高い人が多いのです。

また、抗酸化作用は心臓の働きそのものを元気にするため、直接的な心臓病予防へとつなげることが出来るといわれています。

 

目の病気を防ぐ

あまり知られていませんが、実は「目」というのは常に活性酸素に晒されている部位です。そのため、病気のリスクも高く、深厚なケースに発展してしまうこともあります。こうした目の病気を未然に防ぐことができるのも抗酸化作用のメリットの一つです。

思わぬ目の病気を引き起こさないためにも、抗酸化作用で目の健康を守ってくださいね。

 

生活習慣病の予防

抗酸化作用の大きなメリットとしても知られている「生活習慣病の予防」。体の酸化は血管や細胞に悪影響を及ぼすため、生活習慣病のリスクを高めてしまうといわれています。そうした体の酸化を防ぐことは、生活習慣病を防ぐことにもつながり、結果的に健康を促進することが出来るのです。

抗酸化作用は「美容面」で注目されることが多いのが実情ですが、実際にはこうした健康効果もたくさん存在しているのです。

 

 

体の酸化を防ぐためには?

体の酸化は抗酸化物質によって予防することが可能ですが、生活習慣でも体の酸化を防ぐことが出来ます。ここからは、今日からでも実践ができる「酸化しないため生活習慣」にういて解説していきます。

 

風邪や病気予防に徹底する

体内に潜む活性酸素は、増えすぎると体に悪影響を及ぼしてしまいますが、本来は体を守るために存在している物質です。そのため、体内に病原菌やウイルスなどが入り込んでしまうと、体を守るために活性酸素が増殖してしまいます。

そして、これは体内での炎症が大きければ大きいほど活性酸素は大量発生してしまうのです。そのため、なるべく日ごろから風邪対策や病気対策を行い、菌やウイルスを体内に入れないように心がけましょう。

 

激しい運動を控える

運動は健康には欠かせない行為ですが「激しい運動」には要注意です。酸素を大量に必要とする激しい運動は、体内の活性酸素を増やすことにつながってしまいます。

もともと、呼吸で取り入れた酸素の2%が活性酸素へと変化されるといわれているので、酸素が増えれば増えるほど活性酸素の量も同時に増えていくのです。健康やダイエットのための運動は激しい運動を控え、適度に体に負荷をかけるような運動を心掛けてみましょう。

 

紫外線対策を行う

活性酸素に最も大きく影響するといわれているのが「紫外線」です。肌に紫外線があたったことにより作り出される活性酸素は非常に強い酸化力を持っているとされ、老化を早めてしまう傾向にあるのです。

日焼け止めを塗る、サングラスをかける、帽子をかぶる、長そでを着るなどして紫外線対策は徹底的におこなうようにしましょう。

 

 

まとめ

一度は耳にしたことのある「抗酸化作用」。しかし誤解や間違った認識をしている人は少なくありません。今回の記事では抗酸化作用の正しい方法と活性酸素を増やさないための方法について紹介しました。ぜひ今回の記事を参考にしながら健康と美容の促進を目指してくださいね。

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る