1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 抗酸化作用の大切さが分かる!「活性酸素」が引き起こすデメリットまとめ

抗酸化作用の大切さが分かる!「活性酸素」が引き起こすデメリットまとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

「抗酸化作用」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。しかし、一方で「活性酸素」はあまり馴染みのない言葉ですよね。今回はすべての人に該当する「活性酸素」が引き起こすデメリットについて解説していきます。

 

 

活性酸素とは?

「活性酸素って何なの?」という女性のために、まずは活性酸素の概要について解説していきます。健康や美容を大きく左右する活性酸素の実態について迫っていきましょう。

 

体に必要な存在

活性酸素はもともと私たちの体に存在している物質です。呼吸で取り込んだうちの2%ほどが活性酸素へと変化し、体を外部から侵入した菌やウイルスなどから守ります。

そして、体内の酵素の働きを促進させる働きもあり、生きていくためには体に欠かせない存在であることが分かります。活性酸素無くして健康を維持することは難しいのです。

 

増えすぎると細胞や血管を傷つける

活性酸素は増えすぎてしまうと体に害になるといわれています。本来は菌やウイルスを撃退する働きを持つ活性酸素ですが、増えすぎてしまうと菌やウイルスだけにとどまらず「細胞」「血管」などまで傷つけてしまうのです。

ただ、傷つけるとはいっても物理的に攻撃するわけではなく、活性酸素が増えることによって血管や細胞が酸化してしまいます。これは、金属などのサビの酸化と同様で、体内をサビさせてしまうという影響があるのです。

サビが体に悪い影響をもたらすことは誰にでもイメージができますよね。活性酸素はこうして体に悪い影響を与えてしまうこともあるのです。

 

活性酸素の量は生活習慣で左右される

増えすぎてしまうと体に悪影響をもたらす活性酸素。この活性酸素の量は主に乱れた生活習慣によって増えてしまうことが分かっています。自分の生活習慣を見直してみると改善点が多い……という女性はいませんか?

規則正しい生活習慣であれば基本的に活性酸素が増えすぎてしまうことは少ないので、今一度生活習慣を見直してみた方が良いかもしれませんね。

 

増えすぎた活性酸素は「抗酸化作用」でコントロール

活性酸素が増えすぎた場合の対処法として挙げられるのが「抗酸化作用」です。文字通り「酸化に抗う」というもので、増えすぎた活性酸素を除去する効果があります。抗酸化作用は、主に抗酸化物質によって発揮されるもので、その種類は豊富です。

抗酸化物質として一般的に知られているのは以下のようなものがあります。

 

・リコピン

・ビタミンC

・ビタミンE

・ポリフェノール

・亜鉛

 

食事生活の中で取り入れることが出来るので、食生活のバランスを整え、上記の栄養素を意識しながら摂取するようにしましょう。

 

 

増えすぎた活性酸素が引き起こすデメリットとは?

ここからは、気になる「増えた活性酸素」による影響について解説していきます。適度な量であれば、体を守り健康を促進してくれる物質です。しかし、増えすぎてしまうと体には決して良くない影響をもたらすことを上記で解説しました。そこで、具体的にどのようなデメリットがあるのか、よくチェックしていきましょう。

 

肌の老化

女性にとって致命的なデメリットともいえるのが「肌の老化」ではないでしょうか?いつまでも美しくありたい女性にとって肌の衰えは最も避けたいデメリット。一体活性酸素と肌の老化にはどのような関係があるのでしょうか?

実は、肌の奥深くに存在する「肌細胞」が関係しています。活性酸素が増えすぎた際に細胞を傷つけてしまうということを上記で解説しました。傷つけてしまう細胞は「体」のみならず、肌の細胞も同様に傷つけられてしまいます

肌の弾力、ハリ、みずみずしさ、ツヤなどを担う細胞が傷つくことによって、肌の美しさを保てなくなってしまうのです。肌が老化することによって「たるみ」「しわ」「シミ」「色素沈着」など。

肌に大きな影響を与えてしまうということをよく頭に入れておきましょう。

 

生活習慣病のリスクを高める

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病。よく耳にする言葉ですよね。文字通り生活習慣の乱れによって引き起こされることが多い病気ですが、これは別名「活性酸素病」とも呼ばれているのです。

これは、生活習慣病は活性酸素の影響を大きく受けていて、生活習慣病のほとんどは活性酸素によるものであることから活性酸素病とも呼ばれています。

増えすぎた活性酸素によって、血管や細胞が傷つけられることで様々な生活習慣病を発症するといわれていて、現在の医学でも活性酸素と多くの病気の深い関係性について研究が進められています。

今現在では「活性酸素は生活習慣病のリスクを高める」としてしか解明されていませんが、そのほかの多くの深刻な病気の原因としても考えられています。

いつまでも健康に過ごすためにはやはり「活性酸素」の量を増やしすぎないことが大切ですね。

 

 

活性酸素ってどうして増えるの?

ここからはどうして活性酸素が増えるのかについて紹介していきます。健康には欠かせない活性酸素ではあるものの、増えすぎてしまうと様々な害があることが分かりました。増えすぎないための対策をするためにも、ぜひここからの内容を参考にして生活に取り入れていきましょう。

 

便秘

女性に多いとされる便秘。突発的な便秘であればあまり問題はないとされていますが、ここで注意してほしいのは「慢性的な便秘の女性」です。

便秘中の体内では、蓄積された便がガスを排出しています。このガスによって活性酸素が増えてしまうのです。活性酸素を増やさないためにも便秘は解消しておく必要があります。また、活性酸素の発生だけでなく、便秘は冷えやむくみ、内臓機能の低下など様々な症状を引き起こすので、健康の促進のためにも便秘は早い段階で解消するようにしましょう。

 

激しい運動

運動は健康の基本であり、心身の面で良い影響をもたらしてくれる行為です。しかし、運動内容によっては活性酸素を増やしてしまうことにもなるので注意が必要。

注意すべきなのは「激しい運動」を行う女性です。激しい運動を行うと呼吸量が増え、必然的に活性酸素の量も上昇する傾向にあります。また、運動によって急激に体温が上昇すると活性酸素へと変わる割合を高めてしまうため注意が必要。

健康のための運動であれば、ゆったりとした適度な運動がおすすめです。

 

食品添加物

体への影響が心配されている「食品添加物」。実際、体には害となる存在です。活性酸素の本来の働きは体を守る」というものであるため、体内に害となる物質が入ると体を守るために活性酸素が増えるといわれています。

これは、食品添加物に限った話ではなく、体に害となるものであればどのような要素にも当てはまります。例えば「大気汚染」「タバコの有害物質」「過度なアルコール」など。体を守ろうとすればするほど活性酸素は作られてしまうので、日々飲食物には気を付けたいところですね。

 

紫外線

様々な影響をもたらす存在として知られる紫外線。実はこれも活性酸素がつくられる原因の一つです。特に、肌に直接紫外線があたると強力な活性酸素がつくられるといわれています。上記で解説した活性酸素と比較してもその強さは比べるまでもありません。

肌の衰え、病気などを促す大きな要因でもあるので紫外線対策は徹底する必要があります。

 

 

まとめ

体に様々な影響を及ぼす活性酸素。美容と健康の促進を妨げることになるので活性酸素の増えすぎには注意が必要です。今一度上記の「活性酸素が増える原因」をよくチェックし、自分の生活習慣を見直してみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る