1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 更年期障害の改善で意識するのは「女性ホルモン」じゃない!?症状の緩和に必要なポイント

更年期障害の改善で意識するのは「女性ホルモン」じゃない!?症状の緩和に必要なポイント

この記事のタイトルとURLをコピーする

更年期を迎えた女性のほとんどが経験する「更年期障害」。不快な症状を緩和するために「女性ホルモンを整えなくては!」と、自己判断で女性ホルモンを整えようと試みている人がいます。しかし、それは決して効率の良いものではありません。今回の記事ではそんな「更年期障害」で意識すべきポイントについて解説していきます。

 

 

更年期障害で女性ホルモンを意識するのはおすすめできない理由!

更年期を迎え、「女性ホルモンを整えなくては!」と食生活を改善したり、サプリメントを摂取したりしている女性は少なくありません。確かに、更年期障害の原因は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足」が関係しています。それなのになぜ、更年期障害の改善で、女性ホルモンを意識することがおすすめできないのでしょうか。

 

自己流では効果が薄い傾向にある

女性ホルモンを整えるにあたり、自己流で行っているという女性は非常に多いです。ネットで見かけた情報を鵜呑みにして食生活を変えてみたり、市販されているサプリメントの摂取を始めてみたりなど。こうした自己流の方法では効果が薄い傾向にあるといわれているのです。

更年期によるエストロゲンの減少量は凄まじく、ちょっと意識している程度では効果を実感できないことがほとんど。また、市販品は安全性を重要視しているため、期待しているほどの効果を実感できないケースも非常に多いのです。

 

間違った方法で症状が悪化してしまうケースも

自己流で女性ホルモンを整えようと考えている女性の中には、間違った方法を検討している女性も存在します。例えば、女性ホルモンのバランスを整えるといわれている「大豆」。朝昼晩の食事を豆腐メインにしたり、納豆や豆乳を過剰に摂取したりなど、極端な行動に出る女性が実際に存在するのです。

しかし、大豆の過剰摂取は体の機能に異常を発生させてしまうので、絶対にやってはいけない行為。こうしたことから、女性ホルモンに焦点を置いた更年期の改善はおすすめできないことがあるといわれているのです。

 

 

更年期障害のカギを握るのは「自律神経」!

よく耳にすることが多い「自律神経」という言葉。「自律神経を整える」「自律神経の乱れを改善する」など、聞いたことがある女性は多いと思います。そんな自律神経は更年期障害の鍵を握るキーポイントでもあるのです。更年期と自律神経には一体どんな関係があるのか調べていきましょう。

 

自律神経とは

まずは「自律神経」の概要について解説していきます。自律神経とは、簡単に言えば心身の働きをコントロールしている神経のことです。

血液を流す、心臓を動かす、腸を動かす、など、自分の意思ではできない体の働きを担っているのも自律神経です。また、こうした体の働きだけでなく「心の安定」をもたらすのも自律神経の役割です、

そのため、自律神経が乱れると体の様々な部分に不調が生じ、精神的にも不安定な状態を引き起こすことになってしまうのです。

 

自律神経と女性ホルモンの関係

実は、自律神経のバランスを保つにあたり、欠かせない存在があります。それが、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」なのです。

エストロゲンには、日常生活の中で乱れやすい自律神経のバランスを整える作用があり、体の健康や心の健康を促進する働きがあります。しかし、更年期に突入し、閉経を迎えるとエストロゲンの量は急激に減少します。その結果、自律神経が乱れやすい状態へと陥ってしまうのです。

 

更年期障害の症状のほとんどは自律神経が関係している

エストロゲンの減少により、バランスが保ちにくくなった自律神経。不安定な生活習慣であという間に自律神経は乱れてしまい、体のあちこちに不調を引き起こしたり、精神的に不安定な状態を引き起こしたりすることになってしまうのです。

こうしたことから分かるように、更年期障害の症状を引き起こしているものは、女性ホルモンではなく「自律神経」であるといわれていて、更年期障害を改善したいのであれば、「自律神経」に重点を置いた改善方法を検討する必要があるのです。

 

自律神経を整えれば不調の緩和につながる

体や心の様々な働きを担っている自律神経。女性ホルモン(エストロゲン)が不足していたとしても、自律神経を整えることでほとんどの更年期障害の症状を緩和することが出来るといわれています。

自分の生活習慣を見直したときに、「不規則な生活習慣かも……」と気づいたなら、更年期障害を改善するチャンスです。さっそく今日から規則正しい生活習慣を意識してみましょう。

 

 

手っ取り早く自律神経を整える!今日からできる手軽な方法とは?

ここからは、更年期障害の原因ともいえる「自律神経」のバランスを手っ取り早く整える方法について紹介していきます。規則正しい生活が必要であるとわかってはいても、やはりなかなか難しいのが現代人です。

付き合いで夜に外出したり、残業で夜遅くに帰宅したり。時間が無くて朝食を抜いてしまう……なんてことも多いのではないでしょうか。そんな社会人女性でも手軽に自律神経のバランスを整える方法があります。さっそくチェックしていきましょう。

 

毎晩「リラックスタイム」を設ける

就寝前の少しの自由時間。スマホをいじっていたり、仕事に向かっていたり、などしていませんか?就寝前の時間はリラックスタイムとして活用するのが自律神経を整える手っ取り早い方法です。

心と体のリラックスを目的とした時間なので、せっかくのリラックスタイムで疲れるようなことをするのはやめましょう。スマホやパソコンの電源は切り、仕事のことはいったん忘れ、心身のリラックスに集中します。

アロマキャンドルを使用して揺れる炎とやさしい香りに癒されてみたり、お気に入りの音楽を聴きながら体のマッサージをしてみたり。読書や、少しだけお酒を飲んでみる、なんていうのもリラックスタイムの良い過ごし方です。

こうして心身をリラックスさせることは、自律神経を整えるだけでなく「副交感神経」を刺激するので安眠につながり、寝不足による自律神経の乱れを防ぐことができます。更年期を迎えたら毎日のリラックスタイムを充実させてみてくださいね。

 

カルシウムを摂る

牛乳やチーズなどの乳製品や、小魚に豊富に含まれるカルシウム。この栄養素には神経の緊張を鎮める働きがあるといわれています。緊張や不安、イライラなどのストレスは自律神経を乱す大きな原因でもあるのでなるべく回避したいところ。その手軽な方法として「カルシウムで神経を鎮める」というものがあるのです。

実際、カルシウムが足りていない人ほどストレスの影響を受けやすいといわれています。特に現代人は食生活が乱れている人が多いので、ストレスに弱い傾向にあるのだそう。

更年期を迎えた女性は特にカルシウムを必要とするので、ぜひ今日からカルシウムの摂取を習慣づけてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

女性のほとんどが経験する更年期障害。体の不調や、精神的に不安定な状態はとても辛いものです。こうした状況を改善しようとして「女性ホルモンを整えればいいんだ!」と自己判断してしまう女性が少なくありませんが、やはりおすすめはできません。効率よく、さらに健康的・安全に更年期障害を改善したいのであれば、本記事で解説した通り「自律神経のバランスを整える」ということが大切です。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら、自律神経を整える習慣を身に着けてみてくださいね。

 

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る