1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 更年期障害とは?女性の不快な症状のメカニズムをわかりやすく解説!

更年期障害とは?女性の不快な症状のメカニズムをわかりやすく解説!

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性は40半ばを過ぎると同時に、閉経を迎える人が増えていきます。これは体のメカニズム上避けては通れないものですが、閉経を迎えたと同時に不快な症状に悩まされ、毎日が辛い……と訴える人は少なくありません。そこで、今回は不快な症状を発症する「更年期障害のメカニズム」について解説していきます。

 

 

更年期って何歳のこと?

そもそも「更年期っていつのことをいうの?」と気になっている女性は意外にも少なくありません。更年期障害のメカニズムについて解説する前に、まずは「更年期の時期」について把握しておきましょう。

 

閉経を挟んだ前後10年のこと

更年期というのは、閉経した時期を中心にした前後約10年のことを指します。閉経の時期には個人差があるため一概に「〇歳~〇歳」と決めることはできません。また、閉経を迎えるまでは、自分の正しい更年期を把握することができないのも、更年期の特徴です。

 

更年期の平均は45歳~55歳

更年期には個人差があるため、一概に「〇歳」とは言えないものの、日本人女性の平均を参考にすることで、自分の更年期を予想することができます。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれていて、40代半ばから生理不順が見られるといわれているのです。そのため、更年期の平均は45歳~55歳くらいであることが分かります。

まだ閉経を迎えていない女性は、この平均値を参考にしてみると良いかもしれませんね。

 

閉経を見極めるには?

生理不順と見分けがつきにくい閉経。「2か月生理が来ない」といっても、それが本当に閉経かどうかはわかりません。3か月目に何事もなかったかのように生理がくることもあるので、生理が来ないからといって早い段階で判断してしまうのはおすすめできません。

目安としては、最後の生理から「1年以上経過」の場合に閉経として判断することがおすすめです。もちろん、1年以上次の生理までの期間が開いていても翌月に突然やってくる可能性もあります。

しかし、一般的には最後の生理から1年以上経過したら、閉経である可能性が高いとして認識されているのです。閉経時期を正確に把握するためにも、生理が来たらカレンダーや手帳などに毎回チェックしておくようにしましょう。

 

 

更年期障害のメカニズム!「不快な症状」の原因とは

更年期に突入すると同時に始まる「更年期障害の症状」。頭痛や倦怠感、イライラや不安感など、身体的なトラブルのみならず精神的にも影響を与えるのが更年期の特徴です。しかし、更年期と心身の不調にはどのようなつながりがあるのかは知らない、という人も多いもの。自分の体を理解するためにも「更年期障害のメカニズム」について把握しておきましょう。

 

閉経による女性ホルモンの急激な減少

閉経により卵巣機能が低下することによって、女性ホルモンの量が急激に減少します。この女性ホルモンは「エストロゲン」と呼ばれる物質で、記憶力の維持や骨量の維持などを担っている物質です。

よく、更年期に入ると「骨粗鬆症になりやすくなる」「アルツハイマーのリスクが高まる」などといわれますが、これらはエストロゲンの減少によるものだったのです。

実際に更年期を迎えた女性の中に骨粗鬆症を引き起したケースは存在しますし、アルツハイマーを発症してしまった例も存在します。そのため、更年期に突入した場合には、これらの病気に注意しなくてはならないとのことで、注意が呼びかけられているのです。

 

自律神経とエストロゲンの関係

自律神経は心身の調子を整えるうえで欠かせない存在です。そのため自律神経が乱れると、体の不調を引き起こしたり、精神的に不安定な状態へと陥ってしまいます。そんな自律神経の安定は主にエストロゲンが担っているといわれているのです。

エストロゲンによって自律神経のバランスが保たれ、心身の健康が維持されていますが、閉経によってエストロゲンが減少してしまうと、自律神経にも影響が及びます。エストロゲンが不足してしまったことから自律神経が乱れ、血管や細胞、神経などに影響が現れてしまうのです。

その結果、身体的な不調や精神的に不安定な状態を引き起こすことになってしまいます。

 

悪い生活習慣が更年期を早めることも

乱れた生活習慣を送っている女性はいませんか?女性が気を付けるべき生活習慣には以下のようなものがあります。

・睡眠不足

・ストレス

・人工甘味料などの有害成分

・栄養不足

・塩分の過剰摂取

・運動不足

上記に心当たりがある場合には、早急に改善しなくてはいけません。生活習慣の乱れは、自律神経の乱れを引き起こす原因でもあります。せっかくエストロゲンが体内に十分に存在していても、自律神経が乱れてしまうことにつながってしまうので注意しなくてはなりません。

また、自律神経の乱れによって心身にストレスがかかると、卵巣機能の低下を招き、更年期を早めてしまうという恐れもあるのです。更年期特有の症状が重くなってしまう可能性もあるので、生活習慣を整えることは大切。

特に「睡眠」「ストレス」「食生活」には十分気を使ってほしいところ。現代人はとにかく忙しいので、自分の生活習慣に気を使えない人も少なくありませんが、なるべく体と心に良い生活習慣を心掛けてくださいね。

 

 

更年期障害って治療できる?専門機関での治療方法とは

更年期に突入し、辛い症状に悩まされる女性は多いもの。症状や重さには個人差があるものの、辛い毎日を送っている女性も少なくありません。そんな女性は専門機関での治療がおすすめです。ここからは専門機関での治療法について解説していきます。

 

専門機関での治療は可能!

更年期障害って治療できるの?そういった疑問を抱える女性は少なくありません。「気の持ちよう」「気分の問題」などと自己判断してしまうケースは多く、治療に積極的ではない女性が多いのが現状です。

しかし、現在は専門機関による非常に効果的な治療が可能で、長期間悩まされていた症状を軽減させることが出来るといわれています。

 

「ホルモンの補充」で更年期障害を治療

更年期障害の主な原因は「エストロゲン」の不足です。そのため、専門機関ではエストロゲンを投与する治療を行います。投与方法は3種類あり「飲み薬」「貼り薬」「塗り薬」から選択されます。

体質や生活習慣などによって治療法が異なりますが、効果はどれも同じです。更年期障害の改善として高い効果を持っているため、不快な症状に悩まされている女性はぜひ一度専門機関を受診してみましょう。

 

更年期障害の治療は保険適用される

実は更年期障害での治療は保険適用される治療です。そのため自己負担額は3割で済ませることができます。実際に支払う額は1か月で2000円程度であるため、治療も継続しやすいのが魅力。

「あまりお金をかけられない」という女性でも安心して治療に臨むことが出来るのではないでしょうか?更年期障害の治療は決して短期間で済むものではありません。症状を再発させないためには数年以上は治療の継続を必要とする治療なので、高額では治療の継続が難しくなってしまうもの。

安価での治療が可能なので、専門機関での治療を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

女性であれば避けて通ることができない更年期。今回はそのメカニズムについて解説しました。自分の体について知ることはとても大切なことです。また、不快な症状に悩まされてしまった場合には専門機関での治療も可能なので、無理をせず一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

ぜひ今回の記事を参考にして、今一度更年期の知識を深めてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る