1. TOP
  2. もう更年期!?気になる症状をセルフチェック

もう更年期!?気になる症状をセルフチェック

この記事のタイトルとURLをコピーする

「最近なんだか体調がよくない。健康診断でも、特にこれといった病気はないのに……」という方はいらっしゃいませんか?

それはもしかしたら更年期の症状かもしれませんよ。閉経を挟んだ前後10年間、つまり更年期は女性の身体に大きな変化をもたらす期間です。人によってさまざまですが、いわゆる不定愁訴と呼ばれる身体の不具合が出てきます。

それはどういった状態なのでしょうか。そして、どうしたらそのつらさを軽減できるのでしょう? この記事では、更年期にあらわれる症状についてご紹介します。

更年期とは?

「更年期」とは、女性の場合は閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。

多くの女性は、40歳を過ぎるころになると、卵巣の働きが少しずつ衰えてきます。この卵巣の機能の衰えは、生まれたときから定められたプログラムに沿って起こる現象であり、すべての女性に例外なくみられます。

初潮の年齢が人それぞれであるように、閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後といわれています。よって、一般的には45~55歳が「更年期」と言われる期間になります。

また、最近では30代といった若い年代であるにも関わらず、自律神経のバランスが乱れ、更年期障害によく似た症状を訴えるプレ更年期の女性も増えているそうです。

更年期と女性ホルモンの関係

女性ホルモンは卵巣にある卵胞から分泌されます。

女性では40歳頃から卵胞がその数・重量ともに減少し、やがて閉経を迎える頃にはまったくみられなくなります。その結果、閉経前後の更年期には卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が激減します。

とはいえ、閉経後の女性の身体の中から女性ホルモンが完全になくなるわけではありません。エストロゲンの分泌量が減ると、脳下垂体は卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを盛んに分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するよう促します。

しかし、更年期を迎えた卵巣は、充分な量のエストロゲンを分泌することが出来ません。そのため、エストロゲンは減少し卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンは増加するというホルモンのアンバランスが起こるのです。

blossom-1425870_960_720

なぜホルモンのアンバランスが体調不良につながるのか?

女性ホルモンのエストロゲンは、妊娠や出産だけでなく、女性の身体に大きな役割を果たしています。思春期には骨の量を増やすと同時に、その成長を止める役割を。そして、成熟した女性の場合は、骨が薄くなること(骨粗しょう症)を予防し、コレステロール値を下げることで動脈硬化を防ぎます。また髪や肌をみずみずしく保つコラーゲンの産生を増やすなど、多くの生理現象に深いかかわりを持っているのです。

更年期前の女性はエストロゲンの働きで、身体のさまざまな機能がちょうどよいバランスを保つよう調整されています。そのため、更年期によってエストロゲンが減少・欠乏すると、身体は新しい環境に合った調節が必要になります。

この調節が上手くいけば問題ありませんが、新たなホルモンバランスに適応するのが遅れたり、ついていけない状態になると、身体のあちこちに異常が生じるようになり、それが症状(不定愁訴)としてあらわれるようになります。

更年期の症状(不定愁訴)について

不定愁訴とは、器質的な疾患がないにも関わらずさまざまな身体症状を感じる場合をいいます。検査をしても数値上異常がなく、明らかな原因がわからない場合、「不定愁訴」と診断され、更年期にはそのケースが多いようです。

更年期は誰にでも訪れる期間ですが、その症状には個人差があります。更年期を迎えても、ほとんど不調を感じずに過ごす方もいれば、日常生活に支障が出るほど重い症状に悩む方もいます。

また、どんな症状を感じるかも人それぞれであり、同じ症状でもその日によって出方やつらさが違うこともあります。

checklist-1919328_960_720

更年期の症状(不定愁訴)について具体例を挙げていますので、チェックしてみてください。

  1. いきなり顔がほてって(ホットフラッシュ)ものすごい汗が出る(スウェッティング)
  2. 顔はほてっているのに足腰が冷えてたまらない
  3. 安静にしているのに動悸と息切れが激しい
  4. 立ち上がった瞬間にめまいでくらくらっとする
  5. 身体がだるくて疲れやすく回復に時間がかかる
  6. いつも頭が重くスッキリしない、ときどき痛む
  7. 首から肩がこる、腰や背中が重たく、痛い
  8. 月経の量が増えたり減ったり、周期が乱れる
  9. 月経期間でもないのに不正出血がある
  10. トイレが近くなり、尿漏れがある
  11. 寝つきが悪い、または一晩に何度も目が覚める
  12. くよくよ思い悩んだり、憂鬱になることが多い

 ホルモンバランスだけじゃない、更年期症状の原因

更年期は、卵巣機能の低下にともなう閉経だけでなく、身体の動きも以前とは異なり、疲労が残る、視力が衰える、あるいは物忘れがひどくなったなど、さまざまな老化現象がみられるようになって、なんとなく自分の健康に対して自信が持てなくなる時期です。

さらに、子育てが終わり、夫は定年を迎え、親の介護が始まるなど急激に生活リズムが変わる時期でもあります。心身両面での色々な変化が短期間に押し寄せるため、精神的ストレスが大きく、その変化に適応できなければ、いわゆる更年期障害が現れます。

プレ更年期(若年性更年期)について

最近では、30代ぐらいの更年期にはまだ早い年齢の女性でも、生理不順や無月経になり、女性ホルモンの分泌が乱れている方「若年性更年期障害(プレ更年期)」が増えてきています。

これは日常的に受けるストレスや、若い頃に行なった過度なダイエットなど、食生活を含めた不規則な生活が原因で徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因の一つであると考えられます。

プレ更年期の症状に悩まされた方は、いざ更年期を迎えた時の症状も引き続き重く現れるケースがあります。女性ホルモンや自律神経を安定させるためにも、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけてましょう。更年期を安心して迎えるためにも、プレ更年期からしっかりと対策を取ることが重要です。

clock-1205052_960_720

更年期を快適に過ごすために

更年期は、女性なら誰しもが避けて通れない期間です。

更年期には人生の黄昏のイメージがあり、これから更年期を迎える世代の女性にとっては、考えることすら大変憂鬱なことでしょう。

しかし、更年期は決して病的な期間ではありませんし、まして更年期症状があったからといって深刻になる必要はありません。

そもそも更年期の「更」は、「あらためる」もしくは「今までのものを新しくよりよいものに変える」というポジティブな意味を持つ言葉なのです。つまり、女性にとって更年期は、ライフサイクルの中の一つの転換期、それも今まで以上によい方向へ変わる可能性を秘めた、人生の大きな節目といえます。

今や日本人女性の平均寿命は八十余年を超えます。更年期の期間は、ちょうど人生の折り返し地点。「更年期だから」と必要以上に恐れたり、不安になる必要はありません。

更年期を上手く乗り切るのに大切なのは、更年期を特殊なもの、あるいはマイナスなものとしてとらえることをまずやめることです。

更年期を憂鬱にとらえるのではなく、その後の人生の輝ける門出となるような準備期間ととらえるよう、意識改革していきましょう。

 症状が続くときには病院へ

更年期は、身体と心の変換期であるだけに、病気になりやすい年代でもあります。

「どうせ更年期だろうから」と思い込んで症状をそのままにしておき、背後にある深刻な病気をみすみす見逃してしまう危険性があります。

自分でも更年期かどうかわからない場合、また日常生活に支障が出るほどつらい症状が続く場合は、医療機関を受診しましょう。更年期をより快適に過ごすには、この年代に起こりやすい病気が発する信号を知って定期的にチェックするとともに、症状が続くときは素人判断をやめて医師に相談することが大切です。

water-1245677_960_720

まとめ

いかがでしたか?

更年期にはマイナスなイメージがつきまといがちですが、女性にとって大切なライフサイクルの一つでもあります。更年期に起こる症状を知っておくことで、実際に不調が起きたときにも冷静に対処できるでしょう。また、症状が続くときには専門医に相談することが肝要です。

更年期の症状は、精神的・肉体的ストレスと不規則な生活が引き起こします。自分一人で悩むのではなく、家族や友人に話すことでストレスを軽減してください。正しい食事と睡眠、運動のリズムを作ることで、更年期を上手に乗り越えていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yumo

yumo

この人が書いた記事  記事一覧

  • キーンとしみる痛みに!知覚過敏の方に適した歯磨き粉の選び方

  • 通うなら絶対ココ!良い歯医者の選び方12のポイント☆

  • 「すきっ歯を治したい!」すきっ歯を矯正するためのオススメ最新治療法とは!?

  • 「歯を白くしたい!」歯のホワイトニングについての基礎知識