1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 「もしかして更年期かも?」更年期の症状一覧まとめ!40代以降の女性はチェック

「もしかして更年期かも?」更年期の症状一覧まとめ!40代以降の女性はチェック

この記事のタイトルとURLをコピーする

「最近頭痛が酷い」「体が重い日が続く」「イライラしやすくなった」など、心身の不調を感じるようになった、という女性はいませんか?もしかしたらそれは更年期によるものなのかもしれません。今回の記事ではそんな「更年期障害の症状」について解説。心当たりのある症状がないかチェックしておきましょう。

 

 

更年期とは?不快な症状が現れるメカニズム

更年期の症状について迫る前に、まずは更年期に入ると不快な症状が現れてしまうメカニズムについて解説していきます。更年期と心身の不調にはどのような関係があるのか、さっそくチェックしていきましょう。

 

女性ホルモンの関係

女性の体には「女性ホルモン」と呼ばれる2種類の物質がバランスよく存在しています。しかし、更年期に突入すると、女性ホルモンの1種である「エストロゲン」が減少し、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

しかも、急激に減少するため、体は急な変化についていけず不調を引き起こしてしまうといわれています。突然体の不調を感じるようになる、というのが更年期障害の特徴なので、何の前触れもなく不調が続くようになった女性は、もしかしたら更年期障害によるものなのかもしれません。

 

自律神経の乱れを引き起こす

女性ホルモンの急激な減少は自律神経に影響を及ぼします。心身の調子を整えるうえで最も重要な神経でもある自律神経。しかし、女性ホルモンのバランスが急激に乱れることによって、自律神経の乱れも引き起こします。

その結果、血管や細胞、体内ホルモンの伝達、神経への伝達がスムーズにならなくなり、体のあちこちで不調が引き起こされてしまうのです。

 

 

もしかして更年期?チェックしておくべき更年期の症状とは

ここからは、更年期の症状として比較的多くの女性が経験している症状について解説していきます。当てはまる症状が多ければ多いほど更年期障害としての疑いが高いので注意しましょう。

 

ほてり・のぼせ

更年期障害である女性の多くが実感しているのが「ほてり」「のぼせ」です。決して暑い気温ではないにも関わらず、じっとりと汗ばむほど暑さを感じていたり、もしくは下半身は冷たいのに上半身だけがやたらと暑い、というのもほてりやのぼせの一種です。

自律神経が乱れることによって引き起こされる症状で、更年期の一般的な症状であるとも言われています。ほかの症状はないものの、のぼせやほてりだけを感じるという女性も少なくありません。

「最近、暑がりになった」「自分だけ暑さを訴えることが多い」などに心当たりがある人は更年期を疑った方がいいかもしれませんね。

 

イライラ

精神的な不調として挙げられる「イライラ」。些細なことでストレスを感じ、怒りの感情に満ちてしまう……という女性はいませんか?自律神経は、こうした精神面のコントロールも担っているので、自律神経が乱れてしまうと、イライラを感じやすい傾向にあるといわれてます。

また、逆に「不安感」「損失感」「無気力」などのような、マイナスな感情を抱いてしまうケースもあり、精神的に不安定な状態が続きます。

「最近気分の浮き沈みが激しい」「小さなことでイライラする」などの心の変化で悩んでいる女性は注意してください。

 

めまい・耳鳴り

不快な症状である「めまい」「耳鳴り」も更年期の症状の一つ。自律神経が乱れることによって引き起こされる症状で、この症状も一般的な更年期の症状であるといわれています。

しかし、一概に「めまい」といってもその症状は様々。「足元がふらつくほどのめまい」「浮遊感のあるめまい」「しゃがみこんでしまうほどのめまい」など、人によって症状や重さは様々。

めまいに関しては、状況によっては命の危険もあるため注意が必要です。外出中や料理中、階段の昇降中などにめまいが発生した場合には、無理をせずに安全を優先させることが大切です。

めまいがおさまるまで安静にし、けがや事故などを引き起こさないように注意しましょう。

また、耳鳴りはあまり酷くなるケースは少なく、しばらくするとおさまることがほとんど。ただ、頭痛を感じるほどの耳鳴りや、数時間経過しても耳鳴りがおさまらない場合には、別の病気の可能性もあるので、一応専門機関の受診してくださいね。

 

大量の汗

暑くないのに汗が止まらない、顔からだけ汗が大量に出る、などの症状は更年期特有の症状の一つです。自律神経の乱れによって、汗がコントロールできず、不必要に汗を排出してしまうという症状が現れます。

別名「スウェッティング」とも呼ばれ、大量の汗に悩まされる女性は世界中に存在しているのです。

自分だけ汗をかいていたり、人より多くの汗が出ているのは正直恥ずかしいですよね。ハンカチやタオルなどのような布で拭くのも良いのですが、可能であれば少し濡らした布で汗をふき取るようにしてみましょう。

少し肌の表面を湿らせておくことで肌が冷感を感じ、発汗を抑える効果を期待することが出来ます。必ずしも効果があるわけではありませんが、実際にこのような対策をしている女性は少なくありません。

大量の汗に悩まされているという女性は、濡れたハンカチを持ち歩いたり、ウェットティッシュなどで代用してみてもよいでしょう。

 

抜け毛・薄毛

女性にとって命とも言える髪。しかし、更年期を迎えて抜け毛や薄毛などに悩まされてしまうことは少なくありません。

もともと、女性ホルモンの「エストロゲン」には、女性の髪の発達を促したり、髪の毛を健康に保つなどの働きがあります。しかし、更年期を迎えたことにより、このエストロゲンが減少してしまうと、必然的に髪の成長を促すことが出来なくなり、抜け毛や薄毛、さらに髪の毛が細くなるなどの症状が現れてしまうのです。

また、エストロゲンの影響だけでなく、精神的な不調である「イライラ」「不安感」などによってストレスを感じ、血管の収縮させてしまうことが抜け毛や薄毛へとつながることがあるのです。

 

胸の痛み・動悸

更年期に突入すると同時に発症する胸の痛みや動悸。これも更年期障害の症状の一つです。女性ホルモンのバランスが乱れることで、乳房に影響が出てしまうだけでなく、自律神経の乱れによって動悸を引き起こしてしまうことがあるのです。

胸の痛みを感じたり、動悸を感じたりすると「もしかして思い病気なのでは?」と不安を感じてしまうものですが、年齢や閉経時期と照らし合わせてみることによって、更年期かどうかを判断することが出来ます。心当たりがないのに胸が痛んだり、激しいい動悸に悩まされたりした場合には、他の病気である可能性もあるので、すみやかに専門機関を受診してくださいね。

 

倦怠感・疲れやすさ

更年期に入ると、急に倦怠感に悩まされたり、疲れやすくなったりすることがあります。これもまた更年期特有の症状で、今までと変わりのない生活を送っていたはずなのに倦怠感を感じてしまうことがあるのです。

自立神経の乱れによる影響ですが、まだまだ更年期の症状として知られておらず「怠けている」と誤解されてしまう女性も少なくありません。無理をせず、体の訴えに耳を傾けながら、休養を摂るようにしましょう。

 

 

まとめ

今回の記事では女性の更年期障害の症状について解説しました。心当たりのある症状はありましたか?更年期は現在、専門機関で治療ができるので、辛い場合には近くの婦人科を受診してみましょう。
また、心身に不調を感じたら無理をせず安静をとることが重要です。体を横にして休んだり、栄養のある食生活も意識してみてくださいね。



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る