1. TOP
  2. ツラい症状は更年期のせい!?更年期障害の治療について

ツラい症状は更年期のせい!?更年期障害の治療について

この記事のタイトルとURLをコピーする

更年期障害とは、閉経を挟んだ十年前後の年代の女性に起こる、さまざまな精神的・身体的不調の総称です。更年期障害という言葉自体は、現在ではかなりポピュラーなものになっていますよね。ですが、更年期障害の治療はどんなことをするのか、具体的に知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで、この記事では更年期障害の治療法についてご紹介します。

更年期障害の主な症状

electro-smoke-1516606_960_720

女性は一般的に更年期といわれる45~55歳頃になると、卵巣の機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に少なくなります。そのせいでホルモンバランスが崩れた結果、さまざまな不快な症状が出てくることがあります。いわゆる更年期障害ですね。以下では、更年期障害にみられる主な症状を身体的・精神的別にまとめました。

  • 身体的症状

ほてり、のぼせ、多汗、肩こり、腰痛、倦怠感、動悸、手足のしびれ、めまい、関節痛、頭痛、胸部圧迫感、耳鳴り、頻尿、便秘、視力低下

  • 精神的症状

イライラ、憂鬱、不安感、頭重感、無気力、記憶力減退、神経質、孤独感、気分不安定、不眠、物忘れ、興奮

まずは更年期障害の診断を

上記のさまざまな症状は、どれも不快なものですが、これらの症状すべてが更年期障害とは限りません。むしろ他の原因との区別が必要な症状が多いのです。更年期障害を効率よく治療するためには、当然のことながらまず「あなたの症状は更年期障害によるものである」と正式な診断を受ける必要があります。

「今は更年期だから多少の体調不良は仕方ない」と我慢するのではなく、症状が重いときには早めに医療機関を受診しましょう。

何科を受診すればいいの?

強くハッキリした身体的症状がある場合には、まずそれぞれの症状に合った専門領域の科、つまり動悸なら内科、肩こりや腰痛であれば整形外科を受診してください。各科の専門医が、それぞれ症状に適合する身体の病気があるかどうか、精密検査をしてくれるはずです。その上でこれといった異常が見つからず、なお苦痛がとれないときにはおそらく更年期障害として婦人科を紹介されるはずです。

逆に、最初から婦人科を受診した場合も、たとえばうつ傾向が強い方、ほてりや多汗といったエストロゲン欠乏症状がまったく見られない方などは、他の科で診てもらうよう勧められることが少なくありません。

更年期障害は他の重篤な病気を考慮・除外した上で診断されるため、症状の種類や程度によっては、他科での検査や治療が必要になるケースがあるのです。

medical-563427_960_720

更年期障害の検査とは?

更年期障害の検査を受ける上でなにより重要な点は、前述のとおりそれが本当に更年期障害によるものかどうかをはっきりさせることです。

まず最初に、身体的・精神的にどのような症状がみられるか、問診で詳しい聞き取りを行ないます。その際、問診票としてクッパーマンの更年期指数をはじめとする、心理テストによく似たアンケート調査がある場合があります。

そして、それらの症状が器質的な病変によるものかどうかを確認する目的で、一般的な血液検査や心電図検査などを行ないます。また更年期であることをチェックするため、血中のエストロゲンやFSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)といったホルモン検査、甲状腺疾患をスクリーニングするためTSH(甲状腺刺激ホルモン)を測定したりします。

そのほか、病院によっては自律神経機能検査を行なうところもあります。

更年期障害の治療について

検査を受け、正式に更年期障害と診断された場合は、状況に応じて治療を受けることになります。とはいえ、更年期障害であればすべて治療しなければならない、というものでもありません。症状が軽い場合や、患者本人が治療に消極的な場合は、無理に治療する必要はないのです。

治療を要するケースとは、症状が強くて日常生活がスムーズに行なえないような方の場合です。ここでは、症状が強い更年期障害の治療についてご紹介します。

女性ホルモンで症状をやわらげる

更年期障害のうち、ほてり、多汗などエストロゲンの欠乏による症状に対しては、ホルモン補充療法を行ないます。ホルモン補充療法とは女性ホルモン、つまりエストロゲンとプロゲストーゲンを薬として補う治療法です。

女性ホルモンが少なくなると、初期にはほてり、発汗、不眠などがあらわれます。ホルモン補充療法を行なうと、ほてり、発汗はほとんどの症例で劇的に改善し、女性ホルモンの欠乏によって発症している不眠、冷え、頭痛などの症状も軽快します。

慢性的な女性ホルモン欠乏状態によって起こりうる骨粗しょう症や、動脈硬化を予防するとともに、肌つやが良くなるなど、女性には魅力的なおまけがあることもわかっています。

ただし、ホルモン補充療法は更年期である一定期間、もしくはそれ以上の年月、定期的に薬を飲む必要があります。通院の負担を減らすためにも、この治療法を望む場合は、できるだけ近くの病院を選びましょう。

thermometer-1539191_960_720

漢方薬

持病や体調によって、ホルモン補充療法が行なえない方もいます。また、西洋医学的治療を受けたものの、それが合わずに副作用が出てしまった方などの場合は、漢方薬を使うケースがあります。東洋医学では、どのような症状があるかを把握し、その患者の体質を見極めることに重点が置かれています。つまり、同じ症状であっても患者の体質によって用いる薬は異なるのです。更年期の不定愁訴のように原因がはっきりしない症状には、漢方薬は使いやすいといえるでしょう。

漢方薬の長所は、天然の生薬であるため患者側の安心感が高いこと、副作用が西洋医学の薬に比べて少ないこと、さらに健康維持的な効果も持ち合わせているため、長期の連用ができることが挙げられます。

漢方薬の保険適用エキス製剤の種類はたくさんあります。そのうち更年期障害の治療によく使われるのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、女神散(にょしんさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)の五つです。

精神安定剤・抗うつ薬・睡眠薬

更年期の症状として、身体的なエストロゲン欠乏症状がほぼなく、不安感やイライラ感に加えて「気分が落ち込む」「何もする気にならないし、意欲もわかない」「考えがまとまらない」などの精神症状が強く出るケースがあります。

その場合は、精神科専門医の診断のもとに、精神安定剤や抗うつ薬による治療が必要です。また、いわゆる不快症状が日によって変動する不定愁訴にも精神安定剤は有効です。

更年期症状としてあらわれやすい不眠には、睡眠薬を処方されることがあります。眠れないということはかなりのストレスになりますし、日中の活動にも支障をきたします。まずは睡眠をとることが第一です。精神安定剤や抗うつ薬、睡眠薬は依存性がある場合は少なくありませんが、医師と相談しながらかしこく使うことで、有意義な生活を送れるようにしましょう。

更年期障害に負けない心と体づくり

更年期は環境的にも肉体的にも変化がはげしい時期であり、ちょっとした異変に対しても精神的に過敏になり時期かと思います。ですが、更年期をマイナスなイメージでとらえ過ぎないことはとても重要なのです。

更年期は人生の節目であり、この後やってくる老年期への準備期間でもあります。日本女性の寿命は今や八十余年。これまでは自由にできなかった趣味や新しい仕事、勉強やボランティアなど、更年期を境に「もう一度やってみよう」という前向きな心がまえが必要です。

また、健康の基本である食事と運動について見直してみましょう。食事の内容を吟味し(特にカルシウムの摂取量を増やす、ビタミンDの摂取を積極的に、コレステロールを正常に保つ献立を考えるなど)、軽い運動の習慣をつけるなど、更年期の時期から少しずつ生活習慣を慣らしていくことが理想的ですね。

身体的・精神的な不調が続くとどうしても家に引きこもりがちになりますが、友人や知人と語り合うことで良い気分転換ができます。人とのコミュニケーションを大切にしましょう。

road-749528_960_720

まとめ

いかがでしたか?

他の病気の疑いもありますので、「この体調不良は更年期だから」と決めつけず、つらい症状が続く場合は、一度検査を受けることをオススメします。そして更年期障害と診断されたときには、ご自分に合った治療法を選びましょう。人によって適した治療法が違いますし、病院によっても受けられる治療が異なります。

ご自分の心と身体に正直に、医師に率直な意見を伝えましょう。ベストな治療を受けながら食事と運動の習慣を見直すことで、更年期障害をより乗り越えやすくなるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yumo

yumo

この人が書いた記事  記事一覧

  • キーンとしみる痛みに!知覚過敏の方に適した歯磨き粉の選び方

  • 通うなら絶対ココ!良い歯医者の選び方12のポイント☆

  • 「すきっ歯を治したい!」すきっ歯を矯正するためのオススメ最新治療法とは!?

  • 「歯を白くしたい!」歯のホワイトニングについての基礎知識