1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 【肌の老化を食い止める!】見た目年齢を1歳も老けさせないための対処法

【肌の老化を食い止める!】見た目年齢を1歳も老けさせないための対処法

この記事のタイトルとURLをコピーする

女性にとってなんとか回避したいのが「老化」ではないでしょうか。いつまでも若々しくいたい女性にとって、見た目が老け込んでしまうのは絶対に避けたいポイントです。そこで、今回は見た目年齢を上げないための対処法にういて解説していきます。

 

 

肌を老化させない!1歳も見た目年齢を上げないための対処法とは

さっそく、肌の老化を食い止めるための、対処法について解説していきます。「いつまでも綺麗でいたい!」という女性であれば、今すぐにでも始めるべき対処法がたくさん存在します。今日から実践できるものも多いので参考にしてみましょう。

 

抗酸化物質の摂取

まず挙げられるのが「抗酸化物質の摂取」です。

私たちの体内には「活性酸素」と呼ばれる物質が存在しています。外部からの細菌やウイルスを除去する働きがあるため、健康には欠かせない物質です。しかし、この活性酸素は生活習慣の乱れによって大量に発生してしまうといわれています。

その結果、細胞や血管を傷つけ、老化を促してしまうことにつながるのです。こうした太陽発生した活性酸素を抑制させるために必要なのが「抗酸化物質」です。

活性酸素の働きを抑え、増えすぎた活性酸素の量を正常な量に減らす効果を期待できます。抗酸化物質を豊富に含んだ食品については以下を参考にしてみましょう。

【抗酸化物質の多い食品】

・高カカオチョコレート

・ベリー系のフルーツ

・トマト

・赤ワイン

・アボカド

生活習慣の中に上記の食品をうまく取り入れ、活性酸素対策を行ってくださいね。

 

過度なマッサージをやめる

「アンチエイジングのために!」とマッサージをしている女性は多いもの。しかし、マッサージはやり方を間違えると、アンチエイジングどころか見た目年齢を一気に引き上げる原因にもなってしまいます。

特に「マッサージのやりすぎ」には注意が必要です。マッサージをやりすぎるのは、意外にも肌に負担をかける行為。肌のたるみを引き起こしたり、肌の菲薄化に陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

「毎日朝と入浴時と寝る前にマッサージをしている」なんていう女性は今日からやめた方が良い習慣です。顔のマッサージは多くても「1日に1回」が限度。さらに、摩擦を軽減するためにマッサージクリームやオイルを使用し、滑りの良い状態でマッサージを行うように心がけましょう。

 

間違ったスキンケアを見直す

アンチエイジングには欠かせないスキンケア。しかし、自己流で間違ったスキンケアをしている女性も多く存在します。

間違ったスキンケアによって引き起こされる老化は実は非常に怖いもの。以下に間違ったスキンケアを一覧で記載していくので、よくチェックしておきましょう。

【間違ったスキンケア】

・1日2回以上の洗顔

・脂取り紙の使用

・ふき取りシート、クレンジングオイルでのメイク落とし

・大量の化粧水

・週に2回以上のフェイスパック

上記に心当たりのある項目はあったでしょうか。間違ったスキンケアは乾燥や小じわ、たるみ、肌荒れなどを引き起こす大きな原因です。スキンケアはあくまでも「肌に優しく」が基本中の基本。

そのため、過度なスキンケアは肌に刺激が強いですし、負担をかけるスキンケアは肌トラブルを引き起こします。どのようなスキンケアが理想なのか、以下を参考にしてみましょう。

【理想のスキンケア】

・洗顔は1日1~2回

・皮脂はティッシュで軽く抑えるか、化粧直しでカバー

・メイク落としは「ミルクタイプ」か「クリームタイプ」

・化粧水の量は肌になじませる程度

・フェイスパックは使用しない、もしくは多くても週に2回まで

・1年以上前の化粧品は使用しない

上記を参考にしながら、正しいスキンケアでアンチエイジングを行いましょう。基本的には「やりすぎない」「負担をかけない」を意識すればOKです。

 

徹底的な紫外線対策

紫外線といえば「肌が焼ける」「シミが増える」程度にしか認識していない人が少なくありません。しかし、紫外線は美容健康ともに様々な影響を及ぼす存在です。

たとえば、「肌細胞の攻撃」「肌の乾燥」「日焼け」など、美肌を妨げることになってしまいます。また、真夏の強い紫外線に直接あたると、皮膚が炎症を起こしたり、皮剥けの原因にもなってしまうのです。

紫外線対策は徹底的に行うことが大切。日焼け止めはもちろんのこと、アームカバーを使用したり、夏でも長そでを着用したり。細菌は紫外線をカットする素材で作られた羽織りものも多いので、自分のライフスタイルに合わせて、紫外線グッズを取り入れていきましょう。

 

砂糖を控える

みなさんは「糖化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?実はこれ、アンチエイジングでは非常に注意しなければいけない現象です。

糖化とは、体内でたんぱく質と糖が結びつき、肌のトーンを一気に落としてしまうものです。イメージとしては、煮詰めた砂糖の「カラメル状」がぴったりで、頑固に体内に蓄積され続けるという特徴があります。

一度糖化してしまったたんぱく質は分解されにくいので、そのまま体に存在し続け、糖化が繰り返されていくと、どんどん肌の色がくすんでいきます。

肌の色は見た目年齢を大きく左右するものでもあるので、アンチエイジングを意識しているのであれば美白には気を使ってほしいもの。

糖化を防ぐには、糖の摂取を控えるのが手っ取り早いので、頻繁に甘いものを食べている女性は、これを機に量を減らしてみてくださいね。

 

大豆製品を摂取する

女性は加齢とともに女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の量が減少していくといわれています。エストロゲンは、美肌には欠かせない「コラーゲン」の生成を促す物質なので、いつまでも若々しくいたいのであれば、エストロゲンの存在は欠かせません。

とはいっても、エストロゲンを実際に摂取するのはとても難しいものです。そこでお勧めなのが「大豆製品を摂取する」というもの。大豆製品に含まれる「イソフラボン」は、エストロゲンと同じような働きをすることが分かっています。

そのため、減少してしまったエストロゲンに変わって、イソフラボンがコラーゲンの生成を促してくれることになるのです。加齢による肌の衰えを感じたら大豆製品の摂取を心掛けることが大切。

毎日適量を食生活の中に盛り込むようにしましょう。

 

揚げ物を控える

から揚げやてんぷら、フライ料理など、揚げ物には美味しいものがたくさんありますよね。しかし、この揚げ物はカロリーが高いだけでなく、実はアンチエイジングの妨げとなってしまうことがあるのです。

揚げ物に含まれる油の質が良くないものである場合、肌の奥に存在するコラーゲンを破壊してしまうことにつながります。特に古い油は酸化しているので、これを体内に取り入れてしまうと、コラーゲンだけではなく、真皮層の様々な成分を破壊してしまうことにつながるのです。

どうしても揚げ物が食べたい場合には「ノンフライヤー」を使用して、揚げない料理を工夫してみたり、「週に〇回まで」と頻度を決めて食べ過ぎないようにすると、ストレスなくコントロールすることができますよ。

 

 

まとめ

女性の多くが実践しているアンチエイジング。高価な化粧品を購入しなくても、実は身近なことをちょっと意識するだけで高いアンチエイジング効果を得ることが出来るのです。今回の記事ではそんな「手軽なアンチエイジング対策」について解説しました。

いつまでも若々しい見ためをキープしたい、という女性はさっそく今日から意識してみてくださいね。

 



広告

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kasuya2843

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【在宅ホワイトニング!】自分専用のホワイトニングマウスピースの作成方法を紹介!

  • 【歯の美白をたった2週間で!?】自宅で簡単「クレスト3D」の効果を徹底検証!

  • 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】絶対に白くなる究極の商品ランキング

  • 【本当に手軽に歯を白くする方法はコレ】自宅で簡単「ココナッツオイル歯磨き」に迫る