1. TOP
  2. 毎日続けて美味しくキレイ♪グリーンスムージーのレシピまとめ

毎日続けて美味しくキレイ♪グリーンスムージーのレシピまとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする

美と健康に関心の高い女性たちの間では、すっかり定着しているグリーンスムージー。美肌、便秘解消、体質改善、ダイエット、アンチエイジングと嬉しい効果がたくさんあります。とはいえ、どんな美容法も長く続けてこそ効果が感じられるものですよね。

グリーンスムージーの作り方は簡単ですが、シンプルなレシピだからこそ長期間飲んでいると飽きが出てくるのもまた事実。さまざまなレシピを工夫することで、無理せず毎日続けることが出来るのです。そこで、ここではグリーンスムージーのオススメレシピをご紹介します。

グリーンスムージーとは?

緑の生野菜(グリーン)とフルーツと水をミキサー(ブレンダ―)で混ぜ合わせたもの、それがグリーンスムージーです。とても簡単なので、気軽に始められるのが魅力のひとつ。グリーンスムージーに使われる生の野菜や果物には、ビタミンや酵素がたっぷり含まれています。火を通さないことによって、それらの栄養成分を損なわず丸ごと摂取できるのです。

野菜不足の現代人には強い味方です!グリーンスムージーは飲み続けることで、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

グリーンスムージーの効果

グリーンスムージーでビタミンを摂ることによって、肌は美しくなめらかになります。また、野菜や果物を丸ごと使うため、通常の野菜ジュースよりも食物繊維が豊富。食物繊維は老廃物を排出してくれるので、便秘解消によく効きます。また、生の酵素を摂取することで新陳代謝が上がります。細胞を活性化させ、抗酸化作用があるためダイエットやアンチエイジングにも効果があるということですね。

さらにグリーンに含まれる葉緑素(クロロフィル)はコレステロール値を下げ、血管に血栓が出来るのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれます。血流が良くなることで酸素が細胞の隅々まで行き渡るので、冷え症やむくみ、アレルギー体質の改善や生活習慣病の予防の効果が期待できます。

美容だけでなく、健康効果も高いグリーンスムージー。ぜひ日々の習慣にしたいですよね。

7aabda5ca336036788a939bbc9b47892_s

グリーンスムージーの材料

作り方が簡単なグリーンスムージーに、堅苦しいルールはありません。しかし、基本的なポイントを押さえることで、より効率よく効果を実感できるようになります。

スムージーに使える野菜

・レタス ・サニーレタス ・ほうれん草 ・セロリ ・クレソン ・ケール ・空芯菜 ・タアサイ ・ちんげん菜 ・三つ葉 ・春菊 ・せり ・大葉 ・かぶの葉 ・明日葉 ・ニンジンの葉 ・おかひじき ・パクチー ・モロヘイヤ ・ルッコラ ・水菜 ・菜の花 ・万能ねぎ ・小松菜 ・パプリカ ・トマト ・キュウリ ・バジル ・パセリ ・ミント

新鮮な緑の葉野菜を選ぶのが基本です。グリーンにはアルカロイドという微量の毒素が含まれるため、毎日同じ種類の野菜ばかり使うのは良くありません。日替わりで色々な野菜を使うことで、バランスよく栄養を摂ることが出来ます。

スムージーに使える果物

・バナナ ・オレンジ ・ネーブル ・柿 ・ぶどう ・キウイ ・いちじく ・メロン ・スイカ ・いちご ・パイナップル ・りんご ・梨 ・桃 ・枇杷 ・ネフタリン ・みかん ・柚子 ・ライム ・すだち ・グレープフルーツ ・レモン ・デコポン ・すもも ・ざくろ ・ブラックベリー ・ラズベリー ・マルベリー ・ブルーベリー ・パパイヤ ・マンゴー ・アボカド ・パッションフルーツ ・デーツ ・プルーン

フルーツを入れることで、グリーンスムージーの青臭さを抑えて飲みやすくしてくれます。ビタミンなどの栄養素が増すうえ、味も甘く美味しくなるので、季節の果物を使うなどして自分好みのブレンドを探してみましょう。ドライフルーツを入れるのもオススメです。

使わない方がいい材料

牛乳やヨーグルト、豆乳など

グリーンスムージーの基本は生の葉野菜(グリーン)とフルーツとです。飲みやすさや美味しさを求めて、水の代わりに牛乳や豆乳を入れる方がいますが、それはグリーンスムージーの効果を減らしてしまいます。牛乳などの乳製品は動物性たんぱく質を含んでいるため、グリーンスムージーには適さないのです。同様に砂糖やハチミツ、市販のジュースを入れるのも糖分過多になってしまうためオススメしません。

でんぷん質の野菜

ニンジンやじゃがいもにサツマイモ、かぼちゃ、茄子、トウモロコシ、豆類などでんぷんを多く含む野菜は入れないでください。でんぷん質の野菜はフルーツとの食べ合わせが悪く、腸内にガスがたまってしまうためグリーンスムージーには適しません。

また一見グリーンスムージーに使えると思いやすいキャベツや白菜、ブロッコリー、カリフラワー、ケールの茎は緑色ですが、でんぷんを含むので避けてください。

フルーツの皮と種

リンゴや桃、梨やキウイなどの皮の薄いフルーツの場合は、皮ごと入れたほうが栄養価が高くなるためオススメです。バナナやアボカド、柑橘系の果物など皮が厚いものは剥きましょう。柑橘類以外の果物は種ごと使って構いませんが、桃や柿など種が大きいものはミキサーの刃を傷めるので避けてください。

woman-hands-1207952_960_720

グリーンスムージーの作り方

生野菜(グリーン)とフルーツ、水をミキサーにかける簡単なものですが、ビギナー向けのレシピと基本的な手順をわかりやすくご紹介します。

:材料:1L

ほうれん草 1/4パック

オレンジ  2個

バナナ   1本

キウイ   1個

水     1カップ(200cc)

  1. フルーツをミキサーが回りやすい大きさに切る。オレンジは皮を剥き、種を取る。キウイはヘタを取り除き、皮ごと切り分ける。
  2. オレンジとキウイをミキサーに投入。刃が回りやすくなるので、水分が多いものから入れる。バナナの皮を剥き、適当な大きさにちぎって入れる。
  3. ほうれん草を約5センチの長さに切り、フルーツの上に加える。グリーンは最後に入れるとミキサーが回りやすい。
  4. 最後に水を1カップ(200cc)加える。好みによって水の量は調整してOK。

水分の多いフルーツそれ以外のフルーツグリーンの順番でミキサーに放り込むだけで完成!準備から片付けまで五分くらいで済みます。忙しい朝には最適ですね。

e86911789ca86a311e59933c5ea384ee_s

グリーンスムージーオススメレシピ

グリーンスムージーの野菜と果物の割合は、基本的にグリーン:フルーツが4:6が飲みやすいといわれています。しかし、食材の組み合わせは無限大。最初はフルーツ多めの甘いものから、慣れてきたらグリーンを多く使ったスープのようなグリーンスムージーを楽しむのもいいですね。どのような食材を選べばよいか迷ってしまう方のために、グリーンスムージー作りに役立つオススメレシピをご紹介します。

お手軽第一ベーシックスムージー

:材料:

りんご    1個

バナナ    2本

ほうれん草  1/4パック

水      2カップ

ほうれん草はグリーンスムージービギナーに一番オススメのグリーンです。苦みが少なく、口当たりのよさが魅力です。バナナはスイートスポットと呼ばれる黒い斑点が出た、熟したものを使うことでクリーミーなスムージーが出来ます。

春のベジミックススムージー

:材料:

苺      5個

ニンジンの葉 1本分

デコポン   2個

パプリカ   1/2個

ミニトマト  10個

水      2カップ

春にオススメのレシピです。旬のフルーツを使うことでビタミンアップ。苺の香りで季節を感じられる、甘い飲み口のスムージーです。飲みやすいので、グリーンスムージービギナーの方はぜひ試してみてください。

初夏のデトックススムージー

:材料:

モロヘイヤ  1/2パック

夏みかん   2個

パイナップル 1/4個

バナナ    1本

水      1カップ

夏にオススメのレシピです。南国のフルーツはグリーンスムージーの強い味方。トロピカルな味わいで暑い季節にはピッタリです。夏の日差しをたっぷり浴びた濃いグリーンで、身体の中からデトックスしましょう。

秋のスーパーグリーンスムージー

:材料:

柿     1個

すだち   2個

みかん   4個

春菊    1パック

水     2カップ

秋にオススメのレシピです。濃いグリーンの春菊ですが、多少のえぐみがあります。でも、柿やみかんの甘さとすだちの酸味がカバーしてくれます。クロロフィルが豊富に含まれ、抗酸化作用が強い春菊は風邪予防にも最適。冬を控えた季節にピッタリのスムージーです。

冬の体ぽかぽかスムージー

:材料:

みかん   3個

りんご   1個

キウイ   1個

しょうが  1片

ターサイ  1/3パック

水     1カップ

冬にオススメのレシピです。葉野菜が旬を迎える冬は、グリーンスムージーに優しい季節です。しょうがを加えることでスパイシーな味わいになり、身体の中からほかほかあったまってきます。しょうがは皮ごと入れましょう。寒さに負けない身体を作れます。

ae24ec8394aed3c13b2101e7ddf544a7_s

まとめ

いかがでしたか?

グリーンスムージーは手軽に作れるにも関わらず、高い美容効果と健康効果が期待できる飲み物です。レシピがシンプルなだけに、慣れてくるに従って自由自在に食材を組み合わせ、何通りもの味を作り出せる魅力もあります。

ご紹介したレシピをアレンジするなどして、ご自分だけのゴールデンブレンドを見つけてください。きっともっと楽しくグリーンスムージー生活を習慣に出来るはずです。


コスメコンシェルジュ兼、 美容ライターのKanoa(かのあ)34歳です。 あなたは自分にあったケアが分からないと悩んでませんか? プロの視点からあなたの肌にあったケアを[email protected]で提案してます♪ 詳しくはこちら↓↓↓ 友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yumo

yumo

この人が書いた記事  記事一覧

  • キーンとしみる痛みに!知覚過敏の方に適した歯磨き粉の選び方

  • 通うなら絶対ココ!良い歯医者の選び方12のポイント☆

  • 「すきっ歯を治したい!」すきっ歯を矯正するためのオススメ最新治療法とは!?

  • 「歯を白くしたい!」歯のホワイトニングについての基礎知識