1. TOP
  2. 肌への作用は様々!ホワイトニング化粧品は成分や使い方で選ぼう!

肌への作用は様々!ホワイトニング化粧品は成分や使い方で選ぼう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

肌を白くしたい!

女性にとって肌の悩みは大きなコンプレックスになりますよね。

肌がくすんだり、シミがあったりすると、目立ちますし、あまり人に会いたくなくなってしまうこともあるでしょう。肌を明るく綺麗にして、美肌を目指したいと思うのは全ての女性に共通する願いでもあると思います。

しかし、肌を白くしたいと思っても、どうしたらいいのかわからないと思う人もいるでしょう。そこで今回は、肌の美白の方法について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

肌を白くするためには?

シミを防ぐ

現在、肌にシミがあって悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。シミができると素肌も暗く見えてしまいますし、厄介ですよね。シミを改善することができれば、色素沈着がなくなり、肌が明るく綺麗になります。

シミは、紫外線を受けてメラニンが生成されることで、メラニンが表皮に送られて沈着してできるものです。そのため、まずはメラニンを作らせないことが大切ですが、すでにできてしまったシミを改善する方法もあります。

日焼け止めを塗る

シミを防ぐためには、とにかく日焼けをしないことが大切です。そのために最も大切なのが、紫外線のダメージを防ぐことで、日焼け止めを塗っておくことがとにかく重要です。

夏場はもちろん、春先から紫外線は強くなってくるので、少しフライングするくらいの気持ちで早めに紫外線対策を進めておくようにしましょう。

仕事やレジャーなどで屋外にいる時間が長いと予想されるなら、SPFやPAの値が高い日焼け止めを選ぶのがポイントです。

美白化粧品を使う

日焼け止めを塗っても、100%紫外線を防ぐことは難しいと言わざるをえません。シミを作らないためには、1日の終わりにしっかりシミ対策をしておくことも非常に重要です。

美白化粧品には、メラニンの生成を抑える働きがある美白成分が配合されているので、紫外線を浴びてしまった後にアフターケアとして使用するようにしましょう。

美白成分が1つのものよりは、2種類ほど含まれているものを選ぶようにすれば、より高い効果を期待できるでしょう。

保湿もしっかり行う

美白化粧品に含まれている美白成分というのは、基本的にメラニンの生成を抑える作用はありますが、できてしまったシミには効果的には働きません。

では、できてしまったシミはどうすれば改善できるのかというと、肌のターンオーバーを促してなるべく早く表皮のシミを排出してあげることが大切です。

肌のターンオーバーを促進させるには、肌を健康的な状態にしておくことが重要なので、しっかり保湿をして肌に潤いを保っておくようにしましょう。

角質を除去する

シミにはメラニンの生成を抑える美白化粧品などが効果的ですが、くすみで悩んでいる場合には角質を除去するのが効果的です。

肌に角質がたまったまま時間が経つと、参加して黒く見えてしまうようになり、結果的に肌が黒ずんで見えてしまいます。

そのため、古い角質をしっかり除去することができれば、肌も明るくなって美肌へとつながるのです。肌の角質を除去するための方法もいくつかあるので、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

ピーリングジェル・クリームを使う

角質を除去するためには、ピーリング作用のあるジェルやクリームを使うのが効果的です。

ピーリングジェルやピーリングクリームは、肌を柔らかくして、角質を取り除きやすくしてくれる働きがあります。そのため、定期的に使用することで効率的に美肌に導いてくれるのです。

ただし、ピーリングジェルは少なからず肌に負担がかかるものでもあるので、使いすぎは良くありません。2週間に1回程度の頻度で行うのがベストだとされているので、守るようにしてください。

酵素洗顔をする

肌の角質を除去する方法としては、酵素洗顔も効果的です。肌にはもともとプロテーゼという酵素があり、この酵素によって古い角質が分解され、除去されます。

しかし、プロテーゼは加齢とともにどんどん減少してしまうので、だんだん角質が除去されずにたまりやすくなってしまいます。

酵素洗顔をすることによって、古い角質を除去するプロテーゼと同様の働きが得られるので、角質除去をしてきれいな素肌を手に入れるために効果的とされているのです。

蒸しタオルを使う

酵素洗顔やピーリングのためのアイテムがない場合には、自宅にあるもので手軽に角質除去をするといいでしょう。

おすすめなのは蒸しタオルで、自宅にあるタオルを電子レンジやお湯に浸して温めることでできるので、簡単にスキンケアをすることができます。

蒸しタオルの蒸気は肌の細部に入り込んで、角質を柔らかくする働きがあります。また、蒸しタオルを当てることで肌の毛穴が開くので、より角質を除去しやすくなるのです。

美白ケアの注意点

乾燥肌の人は、ピーリングは避ける

乾燥肌の人は皮脂や角質が不足することで、肌がカサカサになってしまうというのが悩みですよね。デリケートな肌なので、あまり刺激を与えない方がいい肌であるとも言えます。

ピーリングをすると、肌に必要な角質までも除去してしまうことがあるので、乾燥肌の人にとっては逆に乾燥が進行してしまい、逆効果になりかねません。

そのため、ピーリングをするよりは、保湿を徹底して肌のターンオーバーを促し、黒ずみやシミを排出するなどの方法をとった方がいいでしょう。

オイリー肌の人はさっぱりタイプの化粧品を使う

皮脂が多く、べたつくのが悩みというのが、オイリー肌の人の特徴です。

オイリー肌の人は、ただでさえベタベタしている肌が悩みでもあるので、美白化粧品も油分の多いものは避けた方がいいでしょう。

なるべくさっぱりとしたテクスチャーのものを選ぶと、肌のベタベタも増えすぎることもなく、肌の状態も綺麗に整うかもしれません。

また、オイリー肌の人は皮脂を落としすぎると、さらに皮脂分泌が進んでベタつきがアップしてしまうこともあるので、注意が必要です。

敏感肌の人は、美白化粧品の成分に注意

敏感肌の人は、すべての肌質の人の中で最も繊細でデリケートな肌です。

美白化粧品の中には、メラニンの生成を防ぐための働きがある成分が含まれているわけですが、中には強力な作用がある分、肌への刺激が強いものもあります。

ハイドロキノンと呼ばれる成分は、美白作用が高いと言われ、皮膚科でも処方されることが多い成分ですが、肌への負担も大きく、敏感肌の人は肌に合わずに肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

ニキビ肌の人はニキビケアもできるものを選ぶ

ニキビができやすくて、困っているという人も多いでしょう。

ニキビケアのスキンケアアイテムもたくさんありますが、普段のスキンケアアイテムにプラスして使うのはなかなか面倒ですし、なかなか続けられずに辞めてしまうこともあるのではないでしょうか。

そのようにニキビが気になっている人は、ターンオーバーを促すための成分が配合された成分などの、ニキビ肌の改善も図れる成分が配合されている美白化粧品を選ぶようにしましょう。

また、ニキビ肌の人は敏感肌の人同様、肌がデリケートになっているので、刺激の強い成分が配合された商品は選ばない方がいいでしょう。

まとめ

いかがですか?ホワイトニングアイテムというのは、様々なものが出ていますが、配合されている成分などは様々で、使い方も異なっています。

自分にあった商品を選ぶことが肌悩み改善の一番のポイントなので、成分や肌への働きに注目して選ぶようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットやバストアップ・美容情報ならViVi Newsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

archam

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運動前が効果的!?ダイエットに効果的なお茶とその飲み方とは

  • 動けばいいってものじゃない!ジムでダイエットする際のポイントとは?

  • 「痩せなきゃ」と思うと失敗する!?ダイエット成功の秘訣はとにかく楽しむこと!

  • ガマンをしなくても痩せられる?ダイエットサプリはこれがおすすめ!